投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


RE REそういえば

 投稿者:根岸  投稿日:2018年12月22日(土)22時20分26秒
返信・引用
  佐藤哲司さんへのお返事です。

お返事というより質問なんですが、アルミの鋳造温度は型の温度ですか溶かした合金の温度なんですか。
自分ちでロストワックス、クリストバライト型でサブマフラーを試作しているのですがひけができることが多いんです。押し湯が足りないのか、スプルーの設置が悪いのか条件を探している途中です。
型の温度が一番重要の様なのでどんなものか教えてください。COXの051の様に小さいものは簡単にできるのですが09サイズだとおしゃかばかりです。
 

Re: そういえば・・

 投稿者:高取  投稿日:2018年12月22日(土)20時57分8秒
返信・引用
  > No.1613[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です。

>
> なっとくです。ものつくりの世界ではデザインをはじめ、まねることから始まりますね。さらに高度な加工技術改良を加えてオリジナル商品になると思います。性能など無視しデザインをまねただけではただのコピー品とゆうことでしょうか。
 

Re: そういえば・・

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年12月22日(土)19時57分28秒
返信・引用
  > No.1612[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> 低い回転でピークになってしまっていたのかな?

 粗悪なコピーエンジンでは、材質や製造過程も粗悪なので、根本的に性能は低い物が多いです。クランクケースで言えば、鋳造しやすいアルミ合金を使うと機械加工がしにくくなります。また、経年によって内部ひずみが表面化しますね。これらは寸法精度、表面仕上げの粗さ、真円度、平行度、垂直度に影響します。寸法だけまねれば良いと言うものでもありません。ましてや、シリンダーのテーパーなどは、正確に測定するためには、それなりの測定器械が必要です。そんなコストをかけるなら、コピー元のメーカーでOEM生産してもらった方が安価です。こんな理由で、昔のコピーエンジンで、高性能はありえません。

> しかし、本当の「オリジナルエンジン」って少ないように思います。

 例えば、廃業した秀和工業のエンジンは、基本設計を三原さんが行っています。従って、OSのコピー品・・・って言うよりも、こちらがオリジナルかな。製造コストの関係で「インチキABC」だったOS製に対し、「本物のABC」とした秀和エンジンは、当然の高性能。
 だいたい、多かれ少なかれ、発案者以外はそれの模倣から始まっています。どんな分野の製品でもね。例えば「洋服」は、身体の寸法や形状にフィットする事を基本に作られています。対して「日本の着物」は、身長や体格に左右されず、調整しながら着る事が出来ます。この二つは「全く違う衣装」と言えますが、防寒具とか日よけとかの意味合いでは、全く同じですね。どれがオリジナルぢゃい?!

 ちなみに鋳造って、砂型でさえ写真くらいの細かさが得られます。ヒゲの部分の幅は1mmもありません。私がやっているアルミ合金による鋳造では、鋳込み温度を710度に設定していまして、750度で鋳込むと、引けや肌荒れが発生します。結構微妙ですね。そんな技術が無ければ、たしかにコピーエンジンなんか、ろくな性能は出ないでしょうね。
 

Re: そういえば・・

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月22日(土)12時48分13秒
返信・引用
  > No.1611[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です。

 個人的には、気に入っているエンジンの一つです。

・・・結構コピーされているのですね。いつかお題でコピーエンジン特集でもやりたいですね。
そういえば以前友人がエンジン付き完成機(ラジコン)を買ったのですが、これについていたOSのコピーエンジン(確か15クラス)は非力で手投げしても発進できませんでした。本家のOSに換えたらすんなり飛びました。回転数を測り損ねましたが常識的なプロペラでピークは出ていたのに今でも不思議に思います。低い回転でピークになってしまっていたのかな?

しかし、本当の「オリジナルエンジン」って少ないように思います。
 

Re: そういえば・・

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年12月22日(土)03時48分50秒
返信・引用
  > No.1610[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> それで彼曰くエンヤのパーツがそのまま使えたらしいです。

 私が保有しているのは、こいつ。「SLH 15-A」ですか。STAR LIGHT HOU INDUSTRIES って会社らしいです。製造国は、もちろん台湾。明らかにENYA15-3型のコピーですが、ENYAエンジンとの互換性は、ほとんどありません。コピーしたは良いけれど、細かい寸法は自分の基準でつくったのでしょうか。

 個人的には、気に入っているエンジンの一つです。
 

そういえば・・

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月21日(金)21時32分48秒
返信・引用
  私がまだUコンしかやっていなかった頃(10代の頃ですから太古の昔ですね)友人が行きつけのN模型で買ったエンヤ15(たぶんⅢ型)のコピーエンジンを見せてくれました。「雷虎」とありサンダータイガーと小さく英語で書いてありました。それで彼曰くエンヤのパーツがそのまま使えたらしいです。回してみたところ本家に迫る性能であったと言うことでした。その後サンダータイガーエンジンはOS風のスタイルになったようですね。  

REサンダータイガー07

 投稿者:根岸  投稿日:2018年12月20日(木)08時57分12秒
返信・引用
  Kamitoさんへのお返事です。

訂正させてください。ネットで出力を見ると0,19馬力になっています。自分の07は初期型なので出力に変更があったのかもしれません。三原さんに教えてもらったところでは初期型ではコンロッドにブッシュが入っていなくてすり減りやすいそうです。今度のオーバーホールで交換になりました。
コンロッドやクランクピンなどはきゃしゃな作りなので大きな負荷は避けたほうが良いかもしれません。ディーゼルに改造なども耐久性に問題がありそうです。
エンヤの06,08が丈夫すぎるということかもしれません。
写真は15CXや09-4とのおおきさの比較です。15CXと09-4にはサンダータイガーのマフラーを付けました。無改造で付きます。
 

Re: Re サンダータイガー07

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月19日(水)20時28分55秒
返信・引用
  > No.1607[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

> kamitoさんへのお返事です。
>
> サンダータイガー07のスペックですが公称出力0,18馬力と09エンジン並みです。ご機嫌に回せるプロペラは7X3ぐらいで7x4ではやや荷が重いです。お勧めはAPC6,5x2,9ですがレア物です。400gまでならトルクロールが可能です。軽快に飛ぶのは650gまででしょうか。
> 重量はマフラー込みで約100gで軽量です。音も電動並みに静かです。スロットル性能も優秀でスロー安定も良いです。15%ニトロ以上を使いたいときは圧縮比の調整が必要です。
> 構造上も使い勝手も10FSRの小型版といったところでしょうか。
> まだオークションなら入手できるみたいですよ。

ありがとうございます。エンヤ08がマフラー無しで88グラムですから、軽量と言えますね。出力とプロペラの負荷を考えるとかなり高回転を要求するエンジンなのでしょうか。でも静かならいいかな?今度使ってみたいと思います。
 

Re サンダータイガー07

 投稿者:根岸  投稿日:2018年12月18日(火)09時11分26秒
返信・引用
  kamitoさんへのお返事です。

サンダータイガー07のスペックですが公称出力0,18馬力と09エンジン並みです。ご機嫌に回せるプロペラは7X3ぐらいで7x4ではやや荷が重いです。お勧めはAPC6,5x2,9ですがレア物です。400gまでならトルクロールが可能です。軽快に飛ぶのは650gまででしょうか。
重量はマフラー込みで約100gで軽量です。音も電動並みに静かです。スロットル性能も優秀でスロー安定も良いです。15%ニトロ以上を使いたいときは圧縮比の調整が必要です。
構造上も使い勝手も10FSRの小型版といったところでしょうか。
まだオークションなら入手できるみたいですよ。
 

Re: 最後のサンダータイガー

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月17日(月)20時14分52秒
返信・引用
  > No.1605[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

> オーバーホールに出していたサンダータイガー07が返ってきました。新品同様です。これでしばらく小さい飛行機が飛ばせます。

・・099未満の旧い機体のレプリカを作った場合、エンジンの選定に迷うことが多いです。COXは別として国産品ではエンヤ049~08(10)、フジ049、06あたりがほとんどだと思います。フジの2機種は超レアであり、スロットルもないため、いきおいエンヤにしたくなりますが、問題はマフラーです。スイート号と言うエンヤ08標準装備の飛行機のレプリカを作ったとき、大変困りました。当時はノーマフラーが当たり前だったので、機体設計にもその配慮がありません。ですからエンヤ純正(スロットル用)マフラーはどうしても付きません。エンヤ08を使いたかったですが、あきらめOS10を倒立搭載することでキャビン胴体との干渉を避けました。でも重いし、雰囲気がねえ・・・。
 サンダータイガーの08を使ったらもう少しは良かったかな?それでもマフラー用のエクステンションアダダプターは作らなくてはなりませんが。

・・・サンダータイガーGP07はどのくらいのプロペラが回せるのでしょうか?7×4ぐらいは回せますか?
 

最後のサンダータイガー

 投稿者:根岸  投稿日:2018年12月17日(月)15時36分50秒
返信・引用
  オーバーホールに出していたサンダータイガー07が返ってきました。新品同様です。これでしばらく小さい飛行機が飛ばせます。
ついでにマフラーを取り寄せてみました。サンダータイガー10用はエンヤの09=15にぴったりです。かなり静かになります。28用は19に使えます。これもかなり静かです。
エンヤサウンドではなくなってしまいますが、騒音対策にはかなり有効です。
まだ在庫があるかもしれません。気になる方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。
 

Re: なるほどね

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年12月12日(水)20時42分8秒
返信・引用 編集済
  > No.1603[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

 2つの種目がごっちゃになっております。「中部CL大会」の実施要項は、以下の通りとなっております。

 ①曲技第2種
   エンジン:40クラス以下
   ローカルルール(定点着陸)加点をおこないます。

 ④曲技第1種(F2B)
    成績はエキスパートとアドバンスドで区分けします。

 てな訳ですな。

 Uコン大会でも、勝手にファンミーティング!!
 

なるほどね

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月12日(水)20時33分1秒
返信・引用
   つまり2種のボーナス点は指定点着陸。日本選手権で決勝に残らなかった方以外は全部「アドバンス」なんですね。それでエキスパートが2種に出てもいいのかにゃ?結構出ているエキスパートは多かったのでしょうか?
 この競技会の位置づけが良くわからないのですが、皆さん「決戦機」はこのような大会では飛ばさないものなのでしょうか?大事にとっておくと言うことでしょうか。 
 

Re: 質問です

 投稿者:佐藤哲司  投稿日:2018年12月12日(水)12時35分48秒
返信・引用 編集済
  kamitoさんへのお返事です。

>優勝した2種スタントですが、ボーナス点とはどのようなものですか?

指定された範囲内に着陸停止したら100点。機体が範囲内に、少しでも入っていたら50点もらえます。

>F2Bのクラス分けでアドバンスとエキスパートはどう違うのですか?

F2Bの日本選手権で、決勝に残った方はエキスパート。それ以外はアドバンスドクラスです。
と言うクラス分けになっていますので、エキスパートクラスの方々は、そこそこの飛びが出来れば良いみたい。中には日本選手権用の本命機を持ってくる選手もいますけどね。まあ、ほとんどの機体は「日本選手権にも使えそうな」程度のものばかりですね。
ちなみに、ビンテージ機にビンテージエンジンのせて、ビンテージプロップで参加するようなやつ、私くらいです。「機体だけは古い」ってえのは、何人かいますけど。
 

質問です

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月11日(火)21時14分23秒
返信・引用
  佐藤さんに質問です。
・優勝した2種スタントですが、ボーナス点とはどのようなものですか?

・F2Bのクラス分けでアドバンスとエキスパートはどう違うのですか?

・佐藤さんはエキスパートクラスで9/10位ですが、2005点。アドバンスクラスでは優勝者でも1945点ですね。と言うことはもしアドバンス出場であれば、優勝と言うことですか?ちなみに皆さんの機体がどのようなものかわかりませんけどやはり性能を追求した大型機なのでしょうね。
 

ビンテージスタント

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年12月 3日(月)06時57分2秒
返信・引用
  クラス分けはありますが、ビリではなくて良かった。ビンテージスタント機+ビンテージエンジン+ビンテージプロップ
に負けたやつ、結構な数にのぼりました。
 

Re: トヨタ CL大会オフ会

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月 2日(日)03時25分32秒
返信・引用
  > No.1598[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です。

 フラップ付きは良いのですが、大きく動き過ぎですね。本来、エレベーターの補助であるはずが、ちょっと逆効果になっています。これは基本設計の問題ではなく、リンケージにゆとりが無い事によると考えられます。この機体はフラップの影響か、舵のエクスポネンシャルが強すぎですね。ニュートラル付近では効きが悪く、ハンドルをいっぱい切らないと、小半径で旋回しません。

・・・短モーメントアームの為、舵が効きすぎて、落ち着きのない飛び方をするのかと思ったら違うのでな。

 側面積が影響しているのか、上空でのハンドルの引きが弱いです。

・・・スピードを出して引きを確保する機体ではないかと思います。

 問題は、明日のF2B。角もの演技の攻略でしょうね。世の中、そううまくばかりいかない。

・・・欲張りすぎてはいけませんよ。

前にも書き込みましたが、私が飛ばした唯一の「大型」Uコン機でした。小型機とは別世界の性能だったように感じました。ちなみに私のはエンヤ35Ⅲをのせていました。
 

Re: トヨタ CL大会オフ会

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年12月 1日(土)22時13分13秒
返信・引用
  > No.1595[元記事へ]

各位へのお返事です。

> 残念ながらエンヤエンジンオフ会は2人のみ

 尾島以外では、そんな人種は異端ですからね。

 フラップ付きは良いのですが、大きく動き過ぎですね。本来、エレベーターの補助であるはずが、ちょっと逆効果になっています。これは基本設計の問題ではなく、リンケージにゆとりが無い事によると考えられますが、載っているのは古いエンジンなので、そちらの対処で手一杯。燃料タンク直してヘッドガスケット作って。なんとか水曜に半日休暇を取れたのでテスト飛行して。で、やっとエンジンは我慢できるくらいの作動になりました。つまり、機体の調整は、翼端おもりとハンドルの微調整しかしていません。演技練習なんか・・・・・まあ、いいか。

 今回は結果が出ましたので、飛行性能はまあまあなのでしょうが、この機体はフラップの影響か、舵のエクスポネンシャルが強すぎですね。ニュートラル付近では効きが悪く、ハンドルをいっぱい切らないと、小半径で旋回しません。だから今日の様な、角もの演技の無い第2種スタントなら、大きな問題は露見しません。
 また、側面積が影響しているのか、上空でのハンドルの引きが弱いです。今回の会場は、地形の関係で、片方のサークルに乱流が発生しているのですが、この影響も大きいですね。反対側のサークルでなんか、弱風でしたが逆風になった時あったし。1ラウンドめは縦8字で、2ラウンドめは縦8と頭上8字で機体は吹っ飛ばされました。昔のイメージでは、とっても良く飛ぶ機体のはずなのですが。

 問題は、明日のF2B。角もの演技の攻略でしょうね。世の中、そううまくばかりいかない。
 

Re: トヨタ CL大会オフ会

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年12月 1日(土)20時03分23秒
返信・引用 編集済
  kamitoさんへのお返事です。

> でも小型機よりは飛ばしやすかったかな?実際のところをレポート願います。

赤い服着たお方の飛行は、毎回演技終了からの水平飛行に入る際のフラつきが無く、水平飛行がどの方(すべて見てないけど)より安定し高度も一定した飛行で、たぶん低出力のエンジンとつり合いが摂れた飛行機が良かったと思います。
 

Re: トヨタ CL大会オフ会

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月 1日(土)19時16分41秒
返信・引用
  > No.1595[元記事へ]

古いFOXエンジン搭載で、これまた古い設計の赤白色の旧型機で優勝してました、マジか!!

さすが、名機「オールアメリカンセニヤMK2」!!
さすが、名エンジン「FOX35」!!
さすが、名プロペラ「トップフライト」!!

そしてさすがUコン虎の穴「佐藤さん」でも他の方の立場はどうなるんだろう?

まじめな話「オールアメリカンセニヤMK2」はたぶん縦安定に難がありそうで、「FOX35」はMAXS35よりパワーはなく、「トップフライト」のナイロンペラは推力変換効率がいまひとつ・・・。でもそれでも小型機よりは飛ばしやすかったかな?実際のところをレポート願います。
 

/86