投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: ここまでできました

 投稿者:kto  投稿日:2018年 6月27日(水)19時16分56秒
返信・引用
  > No.1280[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> 覚えていますか?
覚えていますよ!

> エンジンでもなく、飛行機ではなくて申し訳ありませんが・・
私は好きですので、ぜひ、進捗過程をUPして頂きたいです。

> ここまでできました。色を塗っただけであまり進展していませんが、
何時もながら、見事な出来栄えですね!再現性やその技術には、敬服します。
飛行機は作れても、バスを作れる人は少ないでしょう。
ボール紙の塗装の下地は何でしょうか?
タイヤは、どんなのにするのですか?ここ?肝心だと思うのですが。

> ライトやバンパー、エンブレムなど、まだだいぶかかります。いつになったら完成するのかなあ?
完成したら、古い街並みを背景にジオラマチックな写真もよさそうですが・・・

> *最近あちこちで地震が起きるので不安です。
地震情報を見ると、日本はいつも揺れているようです。
 

ここまでできました

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 6月26日(火)23時34分1秒
返信・引用 編集済
  覚えていますか?エンジンでもなく、飛行機ではなくて申し訳ありませんが・・ここまでできました。色を塗っただけであまり進展していませんが、ルーティンではないので進みが遅いです。ラジコン機ではあまり役には立たなかったエアゾル式スプレー(プロスプレーって奴です)が今回はとても活躍しました。ライトやバンパー、エンブレムなど、まだだいぶかかります。いつになったら完成するのかなあ?
ちなみに3枚目の写真はこのモデルに使おうと思っているデファレンシャルギヤが含まれるタミヤの工作セットです。

*最近あちこちで地震が起きるので不安です。
 

地震

 投稿者:高取  投稿日:2018年 6月26日(火)22時53分10秒
返信・引用
  今日の夕方、私の地域で地震がありました。ほかの地方でも地震がありました。皆さん方は、大丈夫でしたでしょうか?最近ちょっと多いなって感じているのは私だけでしょうか。  

Re: 秋の尾島に向けて !

 投稿者:kto  投稿日:2018年 6月26日(火)19時32分2秒
返信・引用
  > No.1268[元記事へ]

らんぱぱさんへのお返事です。

> ktoさんへのお返事です。
>
> > 勝手に良さそうな場所が有ったからと、ジプシーな行為はやめて下さい。
>
> いえいえ、勝手に適当な場所で飛ばすわけではありません。
> このところ荒川河川敷にあるグライダークラブの飛行場にビジターとしてお邪魔させていただいているのですが、ここは車輪付きの飛行機が離着陸できる状態ではないのでこんな仕様の機体にしてみたわけです。
> あと、自転車で運べるようにしたのは私の車(ロードスター)の車高が低いせいもあって先日飛行場にお邪魔したときに底を擦ってしまったので次回から自転車で行こうと思ったわけです。
> 投稿の文章が誤解を受けるような表現で大変失礼致しました。m(_ _)m

それは、大変失礼しました。

ブログに、
ハンドランチ・グライダー Snappyを2分割の主翼にして、デイバッグ に ばっちり収まります !
これなら、ウォーキング の 際に持ち歩いたり ・・・
ロードで荒サイを走るときにも持ち運べそうです !!!
近所の小さな川の河川敷でも飛行可能 !
近くの河川敷でテスト飛行 ~~~ !

と、有りましたので、この延長かと誤解しました。

ハンドランチならまだしも、電動とは言え、動力が有るものは、如何かなと思った次第です。

荒川河川敷にあるグライダークラブの飛行場は、グライダー仲間で、良く知っています。
楽しんで下さい。
 

上反角と後退角

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 6月26日(火)10時30分43秒
返信・引用
  ついでですが、機体の設計の話が出ましたので書き込みです。
寝ぐせや起き癖が出ない上反角は機体の中心線から翼の中心線の距離の3分の1と言われています。翼端に糸を貼って、中央で測ります。これくらいが目安になります。あとはミキシングで何とかなります。
後退角の上反角効果は上反角の10分の1と言われています。
と、ここまでは皆さんご存知でしょう。後退角は迎角が大きくなるとともに、上反角効果が大きくなっていきます。
自分の試作したデルタ翼のアクロ機ではコブラに入れるとラダーだけでバンクに入り当て舵もラダーだけで水平に戻ります。
デルタでは翼端にカルマン渦が出来ずに定常渦ができるので翼端を振りません。
アクロ機ではプロペラ後流があるので翼端だけが失速するので後退翼の場合、風圧中心の移動が起こり頭上げ姿勢を維持します。このためエレベーターアップはほとんど必要ありませんでした。
何かの参考になればと思います。
 

Re: 秋の尾島に向けて !

 投稿者:らんぱぱ  投稿日:2018年 6月25日(月)23時38分15秒
返信・引用
  > No.1275[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> ・・・横方向にずれるときの重心調整(エレベータートリム調整ですね)は実感できます。下反角については「いやー、シビアだなあ・・」と言う感じです。

今回もそうですが、機体を設計するとき一番悩むのが上反角の設定ですね。経験値から概ねの角度は推測できるのですが、結局はテストフライトを繰り返しして導き出すしかない感じです。
スタントをやる以前は上反角というのは、多ければ安定して、少なければ運動性が増す・・・というような単純な感覚しかなかったのですか、そのスタント機に最適な上反角は1つしかない・・・ということを学びました。
もともとスタント屋なのでV尾翼の知識はほとんど無く、未知の世界・・・これから勉強してみます・・・遅いかな・・・ (^_^;)ゞ
 

Re: 秋の尾島に向けて !

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 6月25日(月)23時21分18秒
返信・引用
  > No.1273[元記事へ]

らんぱぱさんへのお返事です。

スタント機においてロール軸を通すというのは、特にナイフエッジ性能を確かなものにするためということがあると思います。

・・・横方向にずれるときの重心調整(エレベータートリム調整ですね)は実感できます。下反角については「いやー、シビアだなあ・・」と言う感じです。

余談ですが、昔スロープグライダーでロールしたときに面白いことがありました。機体はサルト(半対称翼断面、V尾翼です)加速させてロールすると背面になったとき下を向こうとします(半対称ですから)ここでダウンを打って水平を維持するわけですが、ここでロールレートが上がるのです。普通形式の尾翼だと逆になっていたのに不思議でした。

蛇足 この機体の速度性能はきわめて優秀でしたが、いい気になってタイトターンするといきなりスピンに入ることがありました。尾翼失速が原因で失速していないほうのエレベーターのアップのみが効くのでそうなるのだろうと思います。そういってもタイトに回らないとタイムは削れないし、失速はいきなり来て建て直しは効かないし、もうスリル満点でした。普通形式の尾翼なら失速しても対処の方法はあるのですが。
 

Re: 秋の尾島に向けて !

 投稿者:らんぱぱ  投稿日:2018年 6月25日(月)22時36分31秒
返信・引用
  > No.1271[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

> > ここの掲示板の方がたは、技術もさることながら、指導的モラルをお持ちの紳士と私は思っています。

私の修正前の投稿で「飛ばせる場所を見つけた・・・」という表現がありましたため、誤解が生じたのかと思います。最初から「グライダークラブのビジターとして飛ばす・・・」と記せば良かったのですが、平日にロードバイクでサイクリングロードを走っていたらグライダーを飛ばしているのが見えたのでお話しをしたところ「とりあえずビジターとして飛ばしに来てください」と言っていただいたので、まさに飛ばす場所を見つけた・・・という感じだったんです。
 

Re: 秋の尾島に向けて !

 投稿者:らんぱぱ  投稿日:2018年 6月25日(月)22時25分19秒
返信・引用
  > No.1270[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> ・・・なんとなく、ポンコツ号ター坊を思い出しました。私はまじめにスタントに取り組んだことがないのでわかりませんが、ロール軸を通すのは難しいのですね。飛んだら様子を教えてください。

スタント機においてロール軸を通すというのは、特にナイフエッジ性能を確かなものにするためということがあると思います。ナイフエジ時に機体がロール軸方向に起きてくる(正立に戻ろうとする)のは上反角が過大、寝てくる(背面飛行側にロールする)のは過少です。基本的には完全中翼機の場合は上反角0度、低翼機の場合はプラスの上反角、片翼機の場合マイナスの上反角(下半角)設定となります。あと、ナイフエッジの調整としてエレベーターアップ側に逃げる場合は重心位置をやや後方に、ダウン側に逃げる場合は前方に調整すると修正できます。
 

Re: 秋の尾島に向けて !

 投稿者:らんぱぱ  投稿日:2018年 6月25日(月)22時10分54秒
返信・引用
  > No.1269[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

> >ポンコツ号ターボーに見えるのは私だけでしょうか。片翼ながら、低翼の感じの機体でしたね。

はい ! 昔飛ばした ポンコツ号ターボーから得た知識ですね。当時とても斬新なデザインでしたが、飛びは非常に良かったと思います !  ポンコツ号のパイロンレースも開催されてましたが、ターン性能はピカイチだった記憶があります。d(^-^*)
 

Re: 秋の尾島に向けて !

 投稿者:高取  投稿日:2018年 6月25日(月)21時59分30秒
返信・引用
  > No.1267[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

>
> ここの掲示板の方がたは、技術もさることながら、指導的モラルをお持ちの紳士と私は思っています。私も目指しておりますが、まだまだです。
 

Re: 秋の尾島に向けて !

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 6月25日(月)21時54分36秒
返信・引用
  > No.1266[元記事へ]

らんぱぱさんへのお返事です。

肩翼でロール軸を通すためには下半角にしなければなりません。この場合横安定性が犠牲になりますので、それを補うために若干の後退角をつけました。

・・・なんとなく、ポンコツ号ター坊を思い出しました。私はまじめにスタントに取り組んだことがないのでわかりませんが、ロール軸を通すのは難しいのですね。飛んだら様子を教えてください。
 

Re: 秋の尾島に向けて !

 投稿者:高取  投稿日:2018年 6月25日(月)21時45分17秒
返信・引用
  > No.1266[元記事へ]

らんぱぱさんへのお返事です。

>
>ポンコツ号ターボーに見えるのは私だけでしょうか。片翼ながら、低翼の感じの機体でしたね。
 

Re: 秋の尾島に向けて !

 投稿者:らんぱぱ  投稿日:2018年 6月25日(月)20時55分53秒
返信・引用 編集済
  > No.1267[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

> 勝手に良さそうな場所が有ったからと、ジプシーな行為はやめて下さい。

いえいえ、勝手に適当な場所で飛ばすわけではありません。
このところ荒川河川敷にあるグライダークラブの飛行場にビジターとしてお邪魔させていただいているのですが、ここは車輪付きの飛行機が離着陸できる状態ではないのでこんな仕様の機体にしてみたわけです。
あと、自転車で運べるようにしたのは私の車(ロードスター)の車高が低いせいもあって先日飛行場にお邪魔したときに底を擦ってしまったので次回から自転車で行こうと思ったわけです。
投稿の文章が誤解を受けるような表現で大変失礼致しました。m(_ _)m
 

Re: 秋の尾島に向けて !

 投稿者:kto  投稿日:2018年 6月25日(月)20時33分44秒
返信・引用
  > No.1266[元記事へ]

らんぱぱさんへのお返事です。

> 近場に電動ならば飛ばせる場所を見つけたのですが、

元QRPの方なら、どうぞ、そんな事はやめて下さい。
勝手に良さそうな場所が有ったからと、ジプシーな行為はやめて下さい。
その近所で、一生懸命にクラブ活動をして飛行エリアを守っている、純粋なマニアがいます。
飛ばしたいのなら、飛行クラブに身を寄せるべきです。
どうぞ、お願いします。

 

秋の尾島に向けて !

 投稿者:らんぱぱ  投稿日:2018年 6月25日(月)20時20分52秒
返信・引用 編集済
  秋の尾島に向けて、飛行練習用の電動機作ってみました。
なにせ、20年ぶりに4ch装備の低翼機を飛ばすわけですから、安全面を考えても少し練習しなければ・・・
このところ、荒川河川敷にあるグライダークラブの飛行場にビジターとしてお邪魔させていただいているのですが、車輪付きの飛行機が離着陸できる環境ではないので、手投げ発進・草地着陸必須のこんな仕様の機体になりました。
4ch低翼機ならロールやループは必須ですので、ある程度のスタント性能を確保する必要があります。
しかし、低翼機ですと手投げもやりづらいですし、草地の着陸も不利です。で・・・手投げ発進の容易な肩翼で草地着陸に支障が出にくい車輪なし仕様にしました。
肩翼でロール軸を通すためには下半角にしなければなりません。この場合横安定性が犠牲になりますので、それを補うために若干の後退角をつけました。
折りペラ装備でモーターグライダー的な形状なので、名前は「STUNT MOGRA」にしてみました f(^^;
あと、荒川サイクリングロード沿いの飛行場なのでデイバッグに入れて自転車でも運べるように主翼は2分割仕様にしました。
これからメカ積みして、来週あたりに初飛行かな・・・ (^^♪
 

ポンコツジローでラダーオンリー

 投稿者:山宮  投稿日:2018年 6月24日(日)11時35分55秒
返信・引用
  ヒロボーのポンコツジローにEnya09BBを載せてラダーオンリーで飛行させました。(o^^o)
宙返り、バレルロールはクリア、着陸でエンジン止めないのが一番難しいですね。
 

Re: 戦わない競技

 投稿者:高取  投稿日:2018年 6月22日(金)00時20分33秒
返信・引用
  > No.1261[元記事へ]

中山@群馬さんへのお返事です。

>
>エレベータがない分、機体の調整が肝になると思います。模型飛行機の原点を見直し、風を読みながらの飛行と競技抜きでも十分楽しめると思います。さらに同じエンジンクラスでもより非力なエンジンにはボーナス点があると面白いと思いますよ。
 

Re: 戦わない競技

 投稿者:らんぱぱ  投稿日:2018年 6月21日(木)22時15分11秒
返信・引用
  > No.1260[元記事へ]

ウエダクラブさんへのお返事です。

> らんぱぱさま、エンジンはキャノピーと歌舞伎揚とともに、近々持っていきます。

ヽ(^◇^*)/
 

Re: 戦わない競技

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 6月21日(木)22時06分3秒
返信・引用
  > No.1261[元記事へ]

中山@群馬さんへのお返事です。

> 依然考えていたものを焼き直しました。

・・・無線機が2.4ギガオンリーではなく、40、72メガでも参加させてください。
 

/69