<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    


Re: シングルスタント

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 6月18日(木)23時12分4秒
返信・引用
  > No.2103[元記事へ]

宮田@所沢さんへのお返事です。

 こんばんは。何とも雰囲気あるシックなカラーリングですね。スカイビームはまったく作ったことがないのですが、何か複雑なシリーズ化になっていませんか?
 

Re: お勧めの機体

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 6月18日(木)23時03分36秒
返信・引用
  > No.2102[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

確かにエンスト時にスピンに入ってそのまま叢にってことがありました、エンジン命の機体なんですね。参考になります。

・・・たぶん「模型人」か元の「ラジコン技術」の図面から作られたものだと思いますがエンヤ29を載せていたのですね。私のは縮小版の「A」なのでなんとも言えませんが、もう少しパワーアップしたほうが機体の持ち味が出るようにおもいます。勝ちにいくならおっしゃる通り信頼できるパワフルなエンジンが良いですね。同じぐらいの重さで何か良いエンジンはないでしょうかね。このへんのクラスは私はよくわかりません。

離着陸は私もいやでもっぱら手投げ発進しています。だいたい昔のシングル機は離陸することを考慮してない脚配置が目立ちます。そもそも競技でも手投げで可ではなかったかな?
あの翼断面は本当に滑空には向きませんね。少し遠くでエンストするとまずは戻せません。エンストしなくてパワーがあって、スロットルレスポンスが良く、できれば軽量なエンジンないかな?
 

Re: シングルスタント

 投稿者:宮田@所沢  投稿日:2020年 6月18日(木)22時09分24秒
返信・引用
  のりちゃん様
はじめまして、所沢の宮田と申します。
昔のラジ技に館林さんの宙返りができやすい飛行機の特徴(表1)が出ています。ここでは半対称はできにくい機体となっています(図2)。ただKAMITOさんが言われるとおり迎角次第で速度と共に揚力も増すので半対称でも問題無いと思います。また1030gで15CXならパワー的にも問題無いと思います。私のジュニアスカイビーム(SB110)はFUJI-099Sで宙返り可能です(クラークYですが)。
機体の調整としては迎角が大きくても重心が前だと抵抗が増えるだけなので重心を後ろ寄りにしてピッチング気味にします。また舵角を増して運動性を高めます。
開始高度は出来るだけ高くして十分機速を付ければ宙返り出来ると思います。
 

Re: お勧めの機体

 投稿者:高取  投稿日:2020年 6月18日(木)21時21分44秒
返信・引用
  > No.2100[元記事へ]

KAMITOさんへのお返事です
> パワーもあり腕さえよければ何でもできそう。スパイラルしないでスプリットSから好きなだけ連続宙返りができるし、ラダー機なのにロールは素早い。風にも強い。ただし、エンジンで引っ張る機体なのでグライドはだめ。杉浦秀製作所

>>確かにエンスト時にスピンに入ってそのまま叢にってことがありました、エンジン命の機体なんですね。参考になります。
 

Re: シングルスタント

 投稿者:高取  投稿日:2020年 6月18日(木)21時03分4秒
返信・引用
  > No.2099[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です。

> のりちゃんさんへのお返事です。
>
>こんばんは。シングルスタントで盛り上がっていますね。S67Xが話題に出ていましたが、宙返りや横転はやりやすいように思えます。ただ、地上からの離陸は尾輪式も影響するのかむつかしいです。ダウンスラストも影響しているかもですが?あとシングル機全般に言えるかもですがとにかく風の影響で癖が極端に出ます。着陸も含めスローが超安定かつスムーズなコントロールができるエンジンが必要にも思えます。私の場合、当時の雰囲気でエンヤの29を載せていましたが、競技に振るなら新しめのエンジンも必要に感じます。操縦が限られている分むつかしさを非常に感じます…離陸、スタント性能、着陸が容易でなおかつ安定よく飛ぶ機体がありますでしょうか?
 

お勧めの機体

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 6月18日(木)20時52分43秒
返信・引用 編集済
  今まで作り飛ばした中でシングルスタントができたものを紹介します。

・ジュニアサンダー 本来は06エンジン付きですが私はOSPET099Ⅱを載せています。スパンが短く軽く、その割にパワーもある(不安定ですけど)のでスパイラルから連続宙返り、インメルマンターン、ロールなどは割と楽にできます。風が良いとキューバンエイトもなんとかできます。

・フレンドサンダー これも館林氏設計の09クラス肩翼機でエンヤ09TV。製作ミスで少し胴体がゆがみ、そのためか宙返りでラダー補正が必要になってしまいましたが(後で直しました)普通にスタントできます。オーバーパワー気味のジュニアサンダーの方が軽快ですが・・。

・S67X-A曲技練習機 15~19クラスで私はエンヤ19ⅤTV 短くて厚い主翼、主翼断面は中央がフラットボトム、翼端に向けて半対称に変形した独特のもの。無骨だけど軽量。
パワーもあり腕さえよければ何でもできそう。スパイラルしないでスプリットSから好きなだけ連続宙返りができるし、ラダー機なのにロールは素早い。風にも強い。ただし、エンジンで引っ張る機体なのでグライドはだめ。杉浦秀製作所

両機とも設計者はシングルスタント大会優勝機です。

まだありますが、このへんがお勧めです。

*軽いほうが絶対に良い。上反角は少ないよりは多いほうが機動性が良い。スパンは短いほうがロールが楽。エンジンも大きいほうが余裕があって楽(程度問題ですが)

宙返り頂点で方向が定まらなくなる原因で考えられるのは、スピードが落ちることによって機体固有のクセが出てしまう。たとえばわずかな主翼のねじれ、胴体の非対称性、エンジンサイドスラストの不適などをラダーで修正して飛ばしている場合、スピードが変化するとまっすぐ飛ばなくなります。
あとは、宙返りが大きすぎてパワー不足で引っ張り切れないこともあるかもしれません。もっと小半径で回るように調整(主翼取り付け角、エンジンダウンスラストなど)するか、パワーアップでしょう。
 昔の記事を調べると、まず09クラスが全盛で館林氏のリトルサンダーなんかが優勝していましたが、だんだんとオーバーパワーで「あばれる」機体が良しとされるようになったようです。12クラスのエンジンはこのようなときに便利だったようです。その後、19クラス(ヤングサンダー・・こいつも良いらしい)29クラス(ジェントルサンダー)とか45クラス(S67X45)など、ますますパワーアップしていったようですがこのへんで「プロポが普及」してきたようです。60クラスのシングル機もあったようです。機体が大きくなるほど重量に占めるメカの重さが少なくなるので有利ですね。


 

Re: シングルスタント

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2020年 6月18日(木)18時19分37秒
返信・引用 編集済
  > No.2096[元記事へ]

のりちゃんさんへのお返事です。

> まずは思い切った迎角増加(3mm位のかいもの?)ですかね?
> 他のラダーオンリー機2機も同じく宙返り出来ていないです。

 写真の機体は、運が良いとキューバンエイトまで可能です。なので、離陸距離が若干長い様な気もしますが、シングル飛行が可能です。のりちゃんのスカイビームは、100か120でしょう。そうなると、主翼の翼型は半対象で、多めの取り付け角付きではないでしょうか。半対象翼型で、シングル宙返りをするためには、「S-67X」を見本にすると良いかもしれません。言うまでもなく「パワーアップ」なのですが、やはりフラットボトム翼型の方が、きれいに宙返りしてくれますね。

 昔と同じです。我々「シングル飛行の初心者」は、シングルスタントをしやすい機体で練習すべきなんです。ビンテージ機は全て、シングルスタントが可能と言う訳ではありません。ちなみに、アトラスJr.は「運が良ければ、シングル宙返りが可能」でした。私の初飛行機であるアトラス1型は、「勝手に宙返りする機体」です。対してアトラスⅡ型は、今の所シングル宙返りが出来ません。
 

そうなんです!!

 投稿者:BSA500  投稿日:2020年 6月18日(木)17時59分47秒
返信・引用
  私も2CHの宙返りに苦労してます、どうしても´_`途中で 『なし崩し』 になり、あらぬ方向に行ってしまいす、KMAのクラス1で上位を狙うなら絶対宙返りが出来る事が必要です100点  

Re: シングルスタント

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 6月18日(木)17時58分35秒
返信・引用
  > No.2096[元記事へ]

のりちゃんさんへのお返事です。

・・・レスポンスが早いなあ!!

  昨年オークションでキットを入手しました。

・・・高かったでしょう?

> 7月のラダーオンリー競技会に出場予定です。

・・・それは楽しみですね。

> 指定重量1000gですが最初は1100gオーバーで今は軽量化して現状1030g位です。

・・・ええ、当時の指定重量はそのくらいだと思います。友人の記憶によると、当時09(エンヤ)で飛べる限界がそのあたりで1100グラムだと投げても上がらかったらしいです。もちろん当時の燃料なので今とは違うでしょうけど。


まずは思い切った迎角増加(3mm位のかいもの?)ですかね?
・・・そういうことになるでしょうね。少しずつ慎重にやってみてください。

> 他のラダーオンリー機2機も同じく宙返り出来ていないです。

・・・私も何機か作って試していますが、半対称断面の主翼は速度変化に対するピッチングが鈍く、旋回中頭を上げたくてエンジンハイにしても頭がなかなか上がらず、「思わずエレベーター・・」という場面があります。フラットボトムではすぐ反応するのでそれはあまりありません。ペガサス15はラダー(クラークY)とエルロン(NACA2413半対称)のバージョンがあって、スタント競技用はラダー(クラークY)の方だったと思います。
 半面、向かい風ではフラットボトムではエンジンハイでも上昇はしても前進せず、風下に逃がすと戻れなくなったりということが多かったようです。腕の立つ方は連続ロールさせながら戻したそうです。

>
>
 

Re: シングルスタント

 投稿者:のりちゃん  投稿日:2020年 6月18日(木)16時59分8秒
返信・引用 編集済
  > No.2095[元記事へ]

KAMITOさんへのお返事です。

>  とてもきれいにできていますね。キットからというのが凄いです。
> ところで、スパイラルからの宙返りですが調整としては
> ・エンジン中スローで水平飛行
> ・エンジンハイで頭上げか上昇
> ・スローで下降
>
> スパイラルで降下することでスピードを上げ主翼の揚力を増大させ、風上に向かってスパイラルをやめたところで、その余剰揚力とエンジン推力+慣性力で宙返りとなるわけです。
>
> 機体諸元で感ずるのは
> ・小型のわりに少し重いか?
> ・主翼の取り付け角が半対称のわりに少ないかな?
> などです。
>
> 棒立ちで終わるのは、ここでスピードが落ちるためで、揚力の余剰がなくなりUPがわに回らなくなります。そこで対策としては
>
> ・プロペラ、エンジンなどでパワーアップする。
> ・主翼取り付け角を増す。
> ・メカなどで軽量化する。
>
> など考えられますが、その前にエレベータートリムダウンで飛行してないですよね。
>
> それと、当時の記事にありましたし、私の機体もそうですが、シングルでスタントするなら「フラットボトム系の翼断面」の方がやりやすいようです。有名な「東京エコー」などはそのままでは宙返りできなかったということです。有ケ谷氏の対称系シングルスタント機などは「どうしちゃったの?」と思われるほどに取り付け角がついていました。
>
>
昨年オークションでキットを入手しました。
(写真映りが良すぎ)
7月のラダーオンリー競技会に出場予定です。
指定重量1000gですが最初は1100gオーバーで今は軽量化して現状1030g位です。
キット指定の09エンジンに換装なら100gは簡単に軽量化可能でしょうね?
FUJI15-ⅣSBBをのせていたのですがこれがまた重い(196g)。ENYA15CXは155gです。
スローで下降、中速で水平、ハイでかなりの頭上げ  は出来て居ます。
まずは思い切った迎角増加(3mm位のかいもの?)ですかね?
他のラダーオンリー機2機も同じく宙返り出来ていないです。

 

シングルスタント

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 6月18日(木)16時01分16秒
返信・引用
   とてもきれいにできていますね。キットからというのが凄いです。
ところで、スパイラルからの宙返りですが調整としては
・エンジン中スローで水平飛行
・エンジンハイで頭上げか上昇
・スローで下降

スパイラルで降下することでスピードを上げ主翼の揚力を増大させ、風上に向かってスパイラルをやめたところで、その余剰揚力とエンジン推力+慣性力で宙返りとなるわけです。

機体諸元で感ずるのは
・小型のわりに少し重いか?
・主翼の取り付け角が半対称のわりに少ないかな?
などです。

棒立ちで終わるのは、ここでスピードが落ちるためで、揚力の余剰がなくなりUPがわに回らなくなります。そこで対策としては

・プロペラ、エンジンなどでパワーアップする。
・主翼取り付け角を増す。
・メカなどで軽量化する。

など考えられますが、その前にエレベータートリムダウンで飛行してないですよね。

それと、当時の記事にありましたし、私の機体もそうですが、シングルでスタントするなら「フラットボトム系の翼断面」の方がやりやすいようです。有名な「東京エコー」などはそのままでは宙返りできなかったということです。有ケ谷氏の対称系シングルスタント機などは「どうしちゃったの?」と思われるほどに取り付け角がついていました。

 

Re: フェリアスエンジン

 投稿者:のりちゃん  投稿日:2020年 6月18日(木)13時57分13秒
返信・引用 編集済
  > No.2086[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です。


>
>  フェリアス号の寸法は、全長:760mm、翼長:1010mm、主翼面積:19平方dmです。これは、ほぼスカイビーム09の寸法になります。なので、たとえ軽量機であろうとも、寸法的には09クラスです。まあ、電動機なので、翼厚は薄く設定しておりますし、軽量小型のメカを搭載しますから06でも問題は少ないと踏んでおります。
>  オーバーパワーについては、そうなったらアクセルを絞ればよろしい事ですね。

最近スカイビーム09(日ノ出SB100)のKITから機体を完成させました。
エレベーターを操作した宙返りは勿論問題なく可能ですが、ラダーオンリー時代のスパイラルからの
エレベーター操作無しの宙返りは未だできません。
ほとんど垂直で上向きのままで終わりです。
機体重量約1050gで約50gのおデブです。ENYA15CX、APC9X4搭載です。(重心位置は約30%)
ダウンスラスト(3°)と主翼(半対称)迎角(3°)の調整箇所しかないと思うのですが、調整の考え方をご教示頂きたく思います。
 

フェリアスエンジン

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 6月11日(木)21時14分15秒
返信・引用
   パワー方向に振るしかなかったですね。このユニットは、設計も試作も私。

・・・カタチ的にはルマン360用のギヤダウンと似ていますね。


 ところでこの掲示板は、エンジンの為のものです。秋に開催できると予定して、皆さんお話を進めましょうね。


・・・佐藤さんが「褒めてほしい」いうから書いたんだにゃ。しかし、エンジン載せてもこのクラスだと受信機用電源を軽量化しないと電動機と重量が大差なくなってしまうね。あまり特別な電源にはしたくないけど(後々のメインテナンスが面倒)小容量のリポを使うのが軽くするにはいいですね。この機体ならそこまですることもないと思いますが。
 

Re: フェリアスエンジン

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2020年 6月11日(木)18時12分32秒
返信・引用
  > No.2089[元記事へ]

KAMITOさんへのお返事です。

> 京商のスピード400ギヤダウンユニットはどんな奴だっけなあ。やっぱりニッカド600でしたか?

 ギヤダウンユニットは、QRP製と大きくは変わらないはずです。ただ、超小型メカを指定できるQRPに対して、標準サーボ類を基準にしなければ行けない京商製だったので、パワー方向に振るしかなかったですね。このユニットは、設計も試作も私。のちに「どう見ても」IMさんにパクられましたね。外観がそっくりだもん。

 ところでこの掲示板は、エンジンの為のものです。秋に開催できると予定して、皆さんお話を進めましょうね。
 

Re: 昨日、飛行場へ

 投稿者:なりた  投稿日:2020年 6月11日(木)17時45分39秒
返信・引用 編集済
  KAMITOさんへのお返事です。
> ・・・ええ、十分な回転も出ているようなので、これで飛びが良くないならそれは機体がこのエンジンにあっていないということなのでしょう。少し大きいのかなあ?
> 昨日チャンプでAPC6×3を1本しかありませんでしたがそれと燃料、丁度2㍑が1缶だけOSナイトロックススカイマスター20が有り購入して来ました。受信機電池をリポ使用に軽量化と6×5で9000以下から6×3に12200rpmテスト結果に、まぁ前のでも飛びましたがエンジン回転調整次第でで次回はエンヤさんのエンジンパンフレット通りに6×3テストエンジン調整も良かったのでもう少し良い飛びが期待出来ます。又、ご報告しますね!
 

Re: 古い燃料て・・・どう?

 投稿者:なりた  投稿日:2020年 6月11日(木)16時42分2秒
返信・引用
  mamuさんへのお返事です。

> なりたさんへのお返事です。
>
> > クロッツエアースペシャル15㌫は飛行中最後エンジンがカリカリとそしてエンジン停止着陸。
>   燃費は同じ回転数8900設定、120㏄で6分30秒、クロッツですと同じ回転、㏄で7分20秒ちょっと伸びます。
>
> ニトロ5%違いで同回転数って事は、クロッツはニードル絞りすぎで止まったんですね。燃費にも明確に現れてます。成分でニードル位置は相当変わるので、慎重に機嫌を見ないと調子良く回りません。私の何十年かぶりに回したCox PeeWee02もなかなかニードルが敏感で、4フライト目にようやくイイところが見つかりました(^_^)v
> maruさんお返事ありがとうございます。LA46搭載Uコン機の場合でクロッツ15㌫は今まで毎回使用してての事でK&B20㌫での比較でした。スタント機で8900rpm回転数をニードルで合わせての飛行で燃料の量で飛行時間を燃料が無くなりエンジン停止着陸になります。燃料が無くなりエンジン停止前に最後エンジン回転がピークになります。その時のカリカリ音がK&Bですと消えましたが同じ120㏄の燃料の燃費が落ちたと言う結果でした。02ですか??ニードル調整中々難しいですね、049も難しいです。K&Bの燃料はLA46で使い切ります。
> 私は調子良く飛ばすのが楽しいので、古い燃料は使いたくありません。BSA500さんの楽しみ方がイイですね(笑)
 

Re: フェリアスエンジン

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 6月11日(木)11時57分5秒
返信・引用
  > No.2088[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です。

 それよりも、このサイズの機体が20年前に、400モーターギヤダウンで急上昇し、スピードコントローラーつけてていねいに飛行させれば、10分を越える飛行時間を記録したって言う事実を褒めてよ。

・・・市販キットで当時、その性能は立派だにゃ!!私はEPカブを飛ばしていたけど、その少し後の時期かな。EPカブもスピード400ギヤダウンで600ミリアンペアアワーのニッカド電池で15分ぐらいは飛んだと思います。ただ、急?上昇はしなかったな。

 フェリアスは急上昇が可能だったということは設定が少しパワー側だったということかな?
京商のスピード400ギヤダウンユニットはどんな奴だっけなあ。やっぱりニッカド600でしたか?
 

Re: フェリアスエンジン

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2020年 6月11日(木)04時29分15秒
返信・引用
  > No.2087[元記事へ]

KAMITOさんへのお返事です。

> ・・・そうか、思っていたより大きいですね。さすがに049はきついか?DⅡで7~8インチペラ付ければ確かによく飛ぶでしょうね。

 それよりも、このサイズの機体が20年前に、400モーターギヤダウンで急上昇し、スピードコントローラーつけてていねいに飛行させれば、10分を越える飛行時間を記録したって言う事実を褒めてよ。
 

Re: フェリアスエンジン

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 6月10日(水)22時43分46秒
返信・引用
  佐藤 哲司さんへのお返事です。

 フェリアス号の寸法は、全長:760mm、翼長:1010mm、主翼面積:19平方dmです。これは、ほぼスカイビーム09の寸法になります。なので、たとえ軽量機であろうとも、寸法的には09クラスです。まあ、電動機なので、翼厚は薄く設定しておりますし、軽量小型のメカを搭載しますから06でも問題は少ないと踏んでおります。
>  オーバーパワーについては、そうなったらアクセルを絞ればよろしい事ですね。

・・・そうか、思っていたより大きいですね。さすがに049はきついか?DⅡで7~8インチペラ付ければ確かによく飛ぶでしょうね。
 

Re: フェリアスエンジン

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2020年 6月10日(水)22時28分46秒
返信・引用
  > No.2085[元記事へ]

KAMITOさんへのお返事です。

>  それより佐藤様、06DⅡ載せれば飛ぶにきまってます。というか、絶対オーバーパワーですよ。館林氏設計のサンライズ号に載せたときはパワーが強すぎて頭上げがひどかったです。ここはディーゼルに逃げないでもっと難しい「いばらの道」でお願いします。

 フェリアス号の寸法は、全長:760mm、翼長:1010mm、主翼面積:19平方dmです。これは、ほぼスカイビーム09の寸法になります。なので、たとえ軽量機であろうとも、寸法的には09クラスです。まあ、電動機なので、翼厚は薄く設定しておりますし、軽量小型のメカを搭載しますから06でも問題は少ないと踏んでおります。
 オーバーパワーについては、そうなったらアクセルを絞ればよろしい事ですね。
 

/105