<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


無尾翼機

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年12月26日(土)15時33分9秒
返信・引用 編集済
  ktoさんへのお返事です。
 生地完成ですね。お疲れさまでした。私も何機か無尾翼機を作りましたが、後縁の跳ね上げ具合が微妙で難しいと思いました。フルエルロンで跳ね上げるタイプ(昔のアトラスコメットなど)はそこの調整でごまかしもききますが、このプランク機のようにがっちりリブで組んだものはそれもできず、きちんとした設計が必要だと思いました。重心位置もデリケートですし。でもそのへんが面白いですね。これだけスパンが長く、テールが短い機体をラダーで旋回させるのですからラダー面積が大きいのは納得ですが、舵の効きなどはどうなのでしょうか?大変興味があります。
 ちなみにガルモデルのホルテン1はスポイラーとエレベーターで操縦するのですが、このスポイラーは(不細工でしたが)良く効きました。
 

プランク機

 投稿者:kto  投稿日:2020年12月25日(金)18時38分45秒
返信・引用
  > No.2381[元記事へ]

今年は、これで終了。
 

Re: 楕円翼

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年12月23日(水)20時35分40秒
返信・引用
  > No.2407[元記事へ]

TSさんへのお返事です。

時間を掛け、正確・丁寧に作れば、誰でも出来ます。
> たとえば、縦通材一日一本!私は、2~3本程度ですね。

・・・これはさすがに皆さん返答に困りますよね。時間と丁寧は何とかするとして、問題は「正確」ですな。ストリンガー構造の丸胴、それも基準となる剛性高い太めのストリンガーがない構造では定盤上に胴枠をしっかり固定するか、それに代わる工夫(例えば縦割りで、左右別々に作る、胴枠中心部に塩ビパイプを入れて形状を保つなど)しないと、絶対狂います。私なんか「バイキング」の後半ストリンガーの胴体で狂いが生じ、修正に苦労しました。
 

Re: 楕円翼

 投稿者:TS  投稿日:2020年12月21日(月)16時46分23秒
返信・引用
  > No.2405[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。

昔からフリーやる方の機体は、工芸品並みの工作でマネ出来ません

時間を掛け、正確・丁寧に作れば、誰でも出来ます。
たとえば、縦通材一日一本!私は、2~3本程度ですね。
 

FS60について

 投稿者:中川  投稿日:2020年12月20日(日)21時10分55秒
返信・引用
  プッシュロッドの左右を入れ替えると逆回転すると、教えてもらったことがあります。わたしは、バルブタイミングの知識が乏しいのでホントかどうかわかりません。  

Re: 楕円翼

 投稿者:BSA500  投稿日:2020年12月19日(土)08時20分53秒
返信・引用
  > No.2403[元記事へ]

TSさんへのお返事です。
TSさんの機体の実物見たり、昔からフリーやる方の機体は、工芸品並みの工作でマネ出来ません
 

Re: 楕円翼

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年12月18日(金)23時28分4秒
返信・引用
  > No.2403[元記事へ]

TSさんへのお返事です。

「Valkyrie」は、アンダーキャンバーの楕円翼です。
> ①リブの型紙の段階で、基準となる縦通材の位置決めを行い、リブの切り出し、再度、縦通材の位置の微調整とリブ高の調整を行う。私は、下面を一直線で作製しています。
> ②前縁・後縁材の位置決めを行い、リブを所定の位置に取り付ける。
> ③基準となる縦通材を取り付ける。リブへの溝切は特製やすりで行う。
> ④他の縦通材は、基準縦通材より位置出しを行い、空中で(定盤に固定しない)組み立てる。

なるほど、前、後縁を先につけ、ここでリブに基準縦通材用の溝を切って入れるわけですね。前、後縁が一直線になれば狂いようはないです。リブを正確に切り出す職人芸が凄いです。
ありがとうございました。
 

Re: 楕円翼

 投稿者:TS  投稿日:2020年12月18日(金)22時22分29秒
返信・引用
  > No.2401[元記事へ]

KAMITOさんへのお返事です。

> 作るのは大変ですが、飛行時の美しさ、その一言につきます。
> 美学と言うのも有ると思います。
>
> ・・・これは理由として大きいですよね。よくわかります。
>  ところでTS様、これはバルキリーでしたっけ。お聞きしたかったのですが、下面を定板に密着させて組んでいますか?(つまり下面で一直線ですか?)
>  なぜこんなことを聞くかというと楕円翼の場合、翼厚の中心で一直線にすると上面も下面も直線にはなりません。実機のスピットファイヤが確かこれです。模型の場合、ジグでも作らないと正確にはできません。ただしエルロンラインは厚み半分あたりでほぼ直線になるので、そこの工作は楽です。以前作った日の出のスピットはリブに「足」がついていたので割と楽に組めました。
>  グルナウベビーなどのグライダーの楕円翼端部分は上面一直線です。こいつは裏返しで作りますが大変でした。エルロンラインは上面に近いところにすると比較的楽です。
>  割と最近作った「バイキング」はエルロンもないので下面一直線としました、それでもアンダーキャンバーの翼なので楽ではありませんでしたが・・・。
>  まあ、どうやっても楽な工作はできないですね。

「Valkyrie」は、アンダーキャンバーの楕円翼です。
①リブの型紙の段階で、基準となる縦通材の位置決めを行い、リブの切り出し、再度、縦通材の位置の微調整とリブ高の調整を行う。私は、下面を一直線で作製しています。
②前縁・後縁材の位置決めを行い、リブを所定の位置に取り付ける。
③基準となる縦通材を取り付ける。リブへの溝切は特製やすりで行う。
④他の縦通材は、基準縦通材より位置出しを行い、空中で(定盤に固定しない)組み立てる。
 

Re: FS-60

 投稿者:高取  投稿日:2020年12月17日(木)21時43分41秒
返信・引用
  > No.2400[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

> 貴重なエンジンです。
ご存じだと思いますが、このエンジンは、1型、2型、3型のロットがあります。お持ちのエンジンはロッカーアーム切削加工の1型です。このシリーズで一番手作り感があるので人気だと思われます。ただ実際に回してみましたが、キャブレターが悪いのかとにかくスローが落ちません。約5000回転から落とせません、これより落とすとエンストしてしまいます。3型になりますと、キャブレターがスロー絞りの物になり3000回転弱まで回ってくれます。最近は4サイクルエンジン用のプラグも斎藤、エンヤからも出ているので幾分よくなるかもしれません。私は3型でエトリッヒタウベを飛ばしていますが雰囲気も良くお気に入りのエンジンです。
 

楕円翼

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年12月17日(木)21時37分22秒
返信・引用 編集済
  作るのは大変ですが、飛行時の美しさ、その一言につきます。
美学と言うのも有ると思います。

・・・これは理由として大きいですよね。よくわかります。
 ところでTS様、これはバルキリーでしたっけ。お聞きしたかったのですが、下面を定板に密着させて組んでいますか?(つまり下面で一直線ですか?)
 なぜこんなことを聞くかというと楕円翼の場合、翼厚の中心で一直線にすると上面も下面も直線にはなりません。実機のスピットファイヤが確かこれです。模型の場合、ジグでも作らないと正確にはできません。ただしエルロンラインは厚み半分あたりでほぼ直線になるので、そこの工作は楽です。以前作った日の出のスピットはリブに「足」がついていたので割と楽に組めました。
 グルナウベビーなどのグライダーの楕円翼端部分は上面一直線です。こいつは裏返しで作りますが大変でした。エルロンラインは上面に近いところにすると比較的楽です。
 割と最近作った「バイキング」はエルロンもないので下面一直線としました、それでもアンダーキャンバーの翼なので楽ではありませんでしたが・・・。
 まあ、どうやっても楽な工作はできないですね。
 

Re: FS-60

 投稿者:kto  投稿日:2020年12月17日(木)20時20分10秒
返信・引用 編集済
  > No.2397[元記事へ]

KAMITOさんへのお返事です。

> ・・・こいつは「良い音」がしたように記憶しています。

後期型は、機体に積んで飛ばしていますが、「良い音」をしています。
暖気を夏でも1分、今頃では2分くらいしないと言う事聞かないです。
良い意味、好きですね。

> ・・・・が、回しますか?

固着していたのですが、無事解凍を終えました。
当時は、まだ、ひまし油系の燃料だったのでしょうか、中は結構バニッシュ状になっていました。
回しますが、初期型は、耐久性が無いと言われているので、テストベンチでオイルを廻す程度だと思います。

> きれいすぎですよね。

そういった意味では、お安かったです。
エキパイのマニホールドなど見ると、あまり回していないようですね。

> 私などは適度に(いやかなり)ぼろいやつをなおして、だましだまし飛ばすほうが性に合っています。貧乏性ですな。

同じくです、お安くが大前提です。。
 

Re: ハンドメイド

 投稿者:kto  投稿日:2020年12月17日(木)20時18分10秒
返信・引用
  > No.2398[元記事へ]

TSさんへのお返事です。

> 楕円翼、良いですね。
> 作るのは大変ですが、飛行時の美しさ、その一言につきます。

全く、TSさんの仰る通りです。
美学と言うのも有ると思います。
 

Re: ハンドメイド

 投稿者:TS  投稿日:2020年12月17日(木)19時41分1秒
返信・引用
  > No.2394[元記事へ]

「楕円翼」
> 失速しにくいそうですが、その後ねじり下げが発見されてからは、手間がかかるので作らなくなったと何処かに書いてありました。
>
> この楕円翼も好きで、旋回時のシルエットの美しさがお気に入りです。
> 今回の機体もそうですが、飛行時の美しさ、優雅さを求めています。
>
> とにかく作る楽しさ、それが思った通りに飛んだ時の達成感は、若い時のそれにも負けません。
>
> 楕円翼、良いですね。
 作るのは大変ですが、飛行時の美しさ、その一言につきます。
 

Re: FS-60

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年12月17日(木)16時31分7秒
返信・引用
  > No.2396[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

> 欲しかった初期のFS-60が、またまたお安く入手出来ました。
> 箱、取説付きです。

・・・こいつは「良い音」がしたように記憶しています。・・・・が、回しますか?きれいすぎですよね。私などは適度に(いやかなり)ぼろいやつをなおして、だましだまし飛ばすほうが性に合っています。貧乏性ですな。
 

FS-60

 投稿者:kto  投稿日:2020年12月16日(水)17時21分29秒
返信・引用
  欲しかった初期のFS-60が、またまたお安く入手出来ました。
箱、取説付きです。
 

Re: ハンドメイド

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年12月15日(火)20時51分51秒
返信・引用
  > No.2394[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

なんか変な感じになってしまってKAMITOさんには恐縮です。

・・・とんでもないです。
>
「楕円翼」

・・・私も大好きです。特にスピットの楕円翼は一番気に入っています。一品だと作りにくいですが、当時でもきちんとジグを用意して量産するならそれほどでもないらしいです。スピットも2万機ぐらい作ってますね。


> 今回の機体もそうですが、飛行時の美しさ、優雅さを求めています。
実機のグライダーの飛行中の翼は、結構反ってRになりますね、これも意味が有るのでしょうか。

・・・どうなんでしょうね。荷重でしなっているわけですが、動翼の操縦系統はどうなっているのか心配です。もっとも、スロープでそのような「しなっている」模型(シャーレ)の飛行を見たことがありますが、なんか「普通に」飛んでいました。エルロンなども一緒に「しなって」いるようです。大変アスペクトレシオが大きい主翼でしたが、エルロンの効きは実機並みに緩やかだったようです。
 

Re: ハンドメイド

 投稿者:kto  投稿日:2020年12月15日(火)20時03分38秒
返信・引用 編集済
  > No.2392[元記事へ]

KAMITOさんへのお返事です。

> ・・・いえいえ、私が性能差を感じ取れないだけで、良いところがあるのかもしれません。
なんか変な感じになってしまってKAMITOさんには恐縮です。

> 「楕円翼」
失速しにくいそうですが、その後ねじり下げが発見されてからは、手間がかかるので作らなくなったと何処かに書いてありました。
今のサイレンスツイスターなどは、ハニカムのコアにプレスで簡単に作っていますね。

この楕円翼も好きで、旋回時のシルエットの美しさがお気に入りです。
今回の機体もそうですが、飛行時の美しさ、優雅さを求めています。

とにかく作る楽しさ、それが思った通りに飛んだ時の達成感は、若い時のそれにも負けません。

実機のグライダーの飛行中の翼は、結構反ってRになりますね、これも意味が有るのでしょうか。
 

翼褍の形状について

 投稿者:根岸  投稿日:2020年12月14日(月)10時21分38秒
返信・引用
  ひさしぶりに書き込みします。よろしくお願いいたします。
グラウプナーのカムペラのように翼褍をそり上げて後ろに流す形状は模型のサイズでも、誘導抵抗を減らす効果があります。アスペクト比を大きくして翼を伸ばしても良いのですが、レギュレーションで制限がある場合では有効な手段となります。
ただ工作精度が問題で翼褍から5ミリぐらいの所まで翼形がキッチリでていないと効果があり」ません。リブ組などの工作精度では違いは感じられないでしょう。
少なくとも発泡じか貼りか、シャーレで作らないと差は分からないと思います。
 

Re: ハンドメイド

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年12月14日(月)09時51分5秒
返信・引用
  > No.2391[元記事へ]

高取さんへのお返事です。
性能より、観覧者に対して美しい、工作技術が素敵とゆう単純なことなんですね。
> 翼の形状から、鳥の翼の要素をとり入れている感じに見えましたので、安定性、滑空性、失速性能を高次元でバランスさせた翼形状なのかと思ってしまいました。まあ所詮趣味の模型飛行機の世界なのでそんなものなんですね。

・・・いえいえ、私が性能差を感じ取れないだけで、良いところがあるのかもしれません。大戦前に「楕円翼」がもてはやされた時期がありました。確かに理論上すぐれたものなのは確かなようです。しかし、適度なテーパー翼で近い性能が出せることにより、あまり使われなくなったという経緯があります。それに似ているのかもしれません。というか、私もよくわからないので、どなたか教えてほしいです。
 

Re: ハンドメイド

 投稿者:高取  投稿日:2020年12月14日(月)00時30分30秒
返信・引用
  > No.2390[元記事へ]

KAMITOさんへのお返事です。

>  それより作りにくさ、エルロンなどが「付けられない」ことなどデメリットの方が多いけどただ一つ「美しい!!」「すごい!!」これは言えますね。
>
>性能より、観覧者に対して美しい、工作技術が素敵とゆう単純なことなんですね。
翼の形状から、鳥の翼の要素をとり入れている感じに見えましたので、安定性、滑空性、失速性能を高次元でバランスさせた翼形状なのかと思ってしまいました。まあ所詮趣味の模型飛行機の世界なのでそんなものなんですね。
 

/120