投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


余計な仕事

 投稿者:kamito  投稿日:2018年10月 7日(日)20時36分5秒
返信・引用
  そろそろ参加予定機の点検をしようということで(普段は全く飛ばしていないので)ニッケル水素電池に充電し、メカチェックをしましたが、危うく余計な仕事を増やすところでした。
 私の使っているサンワのRDS8000という送信機は最初にスロットルを最スローにしてからでないと送信できません。電動機などの安全を考えているのかな?
 飛行を終わった機体は私の場合、たいていスロットルは最スローになっているので、ちょうど良いです。何がちょうど良いかといいますと・・・
 ずっと使っていなかった「スロットルが固着している」場合、リンケージやサーボを壊すことになるからです。今回もビクトリーCにつんだハイネス20のスロットルが見事に固着しており、これを無理にハイにすると「余計な仕事」を増やすところでした。ドライヤーで暖めて復帰させました。皆様もお気をつけください。
 

マフラーの苦労

 投稿者:kamito  投稿日:2018年10月 7日(日)12時33分15秒
返信・引用
  お話しましたシルバーアロー号とKO MIGHTY15の様子です。スロットルとマフラーがエンヤのものです。大変調子が良いです。塩谷様ありがとうなのですが・・・・。何気なしに見ると「エンヤ09」に見えてしまうようです。

スロットルはともかく、マフラーはかなり苦労してつけているのがわかっていただけますか?止めバンドが通せないのでワイヤーにチューブをかぶせたもので締めています。油断していると緩むので点検は欠かせません。

*このKOエンジン自体は優秀でこうすれば普通に使うことができます。
 

Re: HGK45マフラー見直し

 投稿者:高取  投稿日:2018年10月 6日(土)22時36分46秒
返信・引用
  > No.1527[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。
>
> 私はKO MIGHTY15(純正マフラーの設定無し)にエンヤ09用マフラーを流用していますが、ぱっと見「エンヤ09エンジン」だと思われてしまうようです。
>
>さすがいろいろされておられますね。私などまだまだです。やはりギャラリーの目はマフラーの文字に行くのでしょうか?

> そこで・・・せめてマフラーの「ENYA」の文字を消したらどうでしょうか?(HGKと彫りこめたらさらにGOOD)

>ここの掲示板のてまえ、それもどうかと…オールドエンジンの強い味方ですよね、エンヤさんってゴマをすっておきます(笑)
 

Re: HGK45マフラー見直し

 投稿者:高取  投稿日:2018年10月 6日(土)22時13分52秒
返信・引用
  > No.1526[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。

> 、今回から2ストの騒音問題が厳しくなる様で、私の次回出場予定機搭載の、30年前のエンヤ29と純正マフラーはそのまま参加出来るのか?確認お願いします、この頃のマフラーはうるさいので耳

>私もエンヤ29を持っていますが、うるさいとは思いません、とてもいい音色です。(笑
あくまでも私見的ですが、当時に比べると、機体の仕上がり重量はすごく軽くできると思うんです、なので離陸時はフルスロットルでも上空飛行は5割から7割で飛ばせるので、騒音的には問題ないと思うのですがどんなものでしょうかね。
 

Re: HGK45マフラー見直し

 投稿者:kamito  投稿日:2018年10月 6日(土)17時59分22秒
返信・引用
  > No.1525[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

エンヤの45Xのマフラーが行けそうでした。取付穴ピッチはばっちり、ずれ止めの部分をやすり加工して取り付けできました。

・・・機能的には、もう、ばっちりですね。何しろマフラーが無ければ飛ばせませんから、作るか、流用するかしかありませんが、ものが大きく目立つだけに、そちらのほうに目が行って肝心のエンジンを見てもらえないことがあります。

私はKO MIGHTY15(純正マフラーの設定無し)にエンヤ09用マフラーを流用していますが、ぱっと見「エンヤ09エンジン」だと思われてしまうようです。

そこで・・・せめてマフラーの「ENYA」の文字を消したらどうでしょうか?(HGKと彫りこめたらさらにGOOD)
 

Re: HGK45マフラー見直し

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年10月 6日(土)17時21分59秒
返信・引用
  高取さんへのお返事です。

> マフラーの容量も一回り大きいので消音効果を期待しています。

11月のKMAゴールデンエイジに参加したら教えて下さい、今回から2ストの騒音問題が厳しくなる様で、私の次回出場予定機搭載の、30年前のエンヤ29と純正マフラーはそのまま参加出来るのか?確認お願いします、この頃のマフラーはうるさいので耳
 

HGK45マフラー見直し

 投稿者:高取  投稿日:2018年10月 6日(土)00時43分44秒
返信・引用
  HGKのマフラーですが、もともと純正マフラーがなく、OSのバンドタイプをつけていましたが何度か、飛行中にずれて排気が漏れて回転が不安定になるので、他に流用できるものを探したところ、エンヤの45Xのマフラーが行けそうでした。取付穴ピッチはばっちり、ずれ止めの部分をやすり加工して取り付けできました。マフラーの容量も一回り大きいので消音効果を期待しています。本当は純正品がほしいのですが、某オークションにもでてきませんね。  

Re: ニトロと圧縮比の関係

 投稿者:のりちゃん  投稿日:2018年10月 1日(月)10時46分2秒
返信・引用 編集済
  kamito様、佐藤様、高取様へのお返事です。

> のりちゃんさんへのお返事です。
>
>  今春の大会でFUJI19―ⅢSBBをリトルホークに搭載しましたが、特に不調は感じませんでした。(19-ⅣSBBも手持ちアリ!)
> > 今回のHGK15Sにはてこずりましたが次回大会でFUJI40Sとともにお披露目できそうです。
>
> ・・・私のフジはまだ慣らしが足りないのかもしれませんね。ところでエンヤスロットル付きのHGK15ですが、どうやってTVを合わせているのでしょうか?偏芯スペーサーを入れているのかな?

O リングを入れ上から押しながら止めているだけです。(手抜きです、えへへへ。)
HGK9mm、塩谷8.8mmでスペーサーは必要と思いますが、、、、、、

HGK15S、FUJI40SもクロッツAir23%使用してニードル調整メチャ濃いめでTESTするとガスケット追加しなくても使えるかな? 試してみますね。
 

Re: ニトロと圧縮比の関係

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 9月29日(土)22時00分34秒
返信・引用
  > No.1519[元記事へ]

のりちゃんさんへのお返事です。

今春の大会でFUJI19―ⅢSBBをリトルホークに搭載しましたが、特に不調は感じませんでした。(19-ⅣSBBも手持ちアリ!)
> 今回のHGK15Sにはてこずりましたが次回大会でFUJI40Sとともにお披露目できそうです。

・・・私のフジはまだ慣らしが足りないのかもしれませんね。ところでエンヤスロットル付きのHGK15ですが、どうやってTVを合わせているのでしょうか?偏芯スペーサーを入れているのかな?
 

Re: KMAとエンヤイベントに出れない機体

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 9月29日(土)21時55分3秒
返信・引用
  > No.1520[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。
廃材のアルミから削り出して、これでエンヤのイベントに出れる。

・・・金属加工ができる方はいいなあ!! 私がやるなら例の「木製ラジアルマウント」というか機首のすげ替えかな?
 

KMAとエンヤイベントに出れない機体

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 9月29日(土)19時23分20秒
返信・引用
  基本KMAはARF機は不可で、エンヤは新しいエンジンはエンヤ以外出れない、不良在庫のOS・FS52搭載のK&Sシルキーウインドは両方出れないので、エンジンをエンヤに交換、マウント穴も修正出来ないので、廃材のアルミから削り出して、これでエンヤのイベントに出れる。  

Re: ニトロと圧縮比の関係

 投稿者:のりちゃん  投稿日:2018年 9月29日(土)14時42分11秒
返信・引用 編集済
  > No.1512[元記事へ]

kamito様、高取様へのお返事です。


> ・・・HGK15R、Sは飛行機用、20、21は主にレーシングカーで使われたようです。車でストレート燃料と言うことはないので20、21はニトロ対応でしょう。15RはUコンスピード機用のリヤバルブ、パイプ用のエンジンでラジコンには使いづらく、対して15Sはクオーターパイロンにのせられると当時のRC技術に書いてあったような気がします。ただ、華々しい成績は残していないようです。テーパーが付いていないため、調整が難しかったのでしょうか?
>
15Sもあるのですがこちらはまだ回していません。たぶんもっと高回転を好むセッティングだと思いますので難しそうですね。
>  話は違いますが、「不安定なエンジンの圧縮を下げて安定させる」は私もやります。ハイネス09にエンヤ09のヘッドをつけるとか、エンヤ08でプラグのワッシャーを2枚かませるなどです。割と最近回したシュニューレのフジ19も少し圧縮を下げたほうが安定しそうな感じでした。圧縮が高すぎるとパワーはとにかく「突然停止」などアクシデントが増えるように思います。

今春の大会でFUJI19―ⅢSBBをリトルホークに搭載しましたが、特に不調は感じませんでした。(19-ⅣSBBも手持ちアリ!)
今回のHGK15Sにはてこずりましたが次回大会でFUJI40Sとともにお披露目できそうです。
 

エンジンのチューニング

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 9月29日(土)10時50分34秒
返信・引用
  佐藤さんへのお返事です。

エンヤのエンジンがすぐ壊れるなんて、アホ丸出しだと思います。どちらかと言えば、異常に丈夫といっていいんではないですか。多分、200フライト近く(最近数えていない)飛ばしていてガタは来ていません。70クラスの飛燕と1回全開で追いかけっこしたら一気にピストンスリーブが緩くなってしまいましたが、かえってスローが良くなったり始動が簡単になりました。
ピストンピンやクランクをやっちまったかもと思いましたが大丈夫のようです。
昔、車用のクイッキー09というのがあってヒートシンクのヘッドがあったと思いますがまだ手に入るんでしょうか。テストしてみたいと思っているんですが。

昔、小さいころに聞いたことがある焼玉エンジンの音で飛ばせたらいいな、と思います。グローじゃ無理ですかね。
 

Re: ニトロとエンジンのチューニング

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年 9月29日(土)04時47分30秒
返信・引用
  > No.1507[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

> こんな解釈で良いのでしょうか。

 化学の講義をする気もないし、込み入った部分になると、私の頭では説明は無理ですね。なんたって、熱効率が30%くらいの代物ですし、化学と工学等、多方面から追って行かないといけません。「ナイトロメイサンは、空気の代わりに酸素を供給し、燃焼の促進をする」程度でよろしいかと思います。むしろ、エンジンマウントの強度と精度を向上させた方が、エンジンは好調になりますね。

> 今は09で9x4ですが。

 「ポッティング」や「クランクシャフトの内面研磨」は、高出力や高レスポンスを目的とした加工です。いわゆる「スポーツユース」では関係ないと思います。だいたい、「クランクシャフトの内面研磨」なんかは、条件によっては燃費が悪化したり低速でかぶり気味になったりしたこともありました。実車での吸気マニホールドの鏡面加工ではもっと顕著で、高回転が伸びる半面、中低速に於けるトルクの減少を感じた事もあります。模型用のエンジンとの比較になるかどうかわかりませんけど。
 以前、メーカーに「私は模型歴が40年のベテランである、ENYA09は、すぐに壊れる、なんとかしろ」って来た方がいらっしゃいました。たしかに9インチプロップをハーフスロットルで回し続けて、PCの錆び付きを起こしていました。つまり、高負荷のうえ、オーバーヒートさせたと推測できます。この話は20年程昔のはずですが、当時でも同様のセットで問題なく飛行させていた方々がいらっしゃいましたので、使い方次第なのでしょうね。ただ、09エンジンに9インチプロップは、一般的には「高負荷」の部類に入ります。軽量で空気抵抗の少ない機体でなければ、危険ではありますね。
 

チューンドマフラー

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 9月29日(土)01時29分57秒
返信・引用
  数年前、70年代のスーパータイガーG60、エンヤキャブと山鉄チューンドマフラー仕様で水上機飛ばしてましたが、マフラーが壊れてST純正に交換したら、かなりのパワーダウンで、垂直に上昇出来なくなりました、山鉄はのちのハットリです。  

Re: チューンドパイプ

 投稿者:高取  投稿日:2018年 9月28日(金)23時42分15秒
返信・引用
  > No.1514[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

>
> チューンドパイプの音はかきたてるいい音色ですよね。パイプを飛ばせる環境はないので、庭先でベンチで回してましたが、パイプインの音はほんといいですね。実車でゆう、直線番長なので、スタントは論外かと思いますが。
 

チューンドパイプ

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 9月28日(金)21時54分55秒
返信・引用
  高取さんへのお返事です。

15のレーシングエンジンではなくエンヤの11cxなんですがスーパータイガー15xのパイプとウエブラの10チューンドサイレンサーを付けて飛ばしたことがあります。多分、2万回転ぐらい上では回っていたと思いますが、うるさい感じではありませんでした。回転が低ければパイプはありだと思います。
飛びはといえば確かに直線では早いのですが上昇力は大したことなくてガッカリした記憶があります。結局軽いノーマルマフラーに戻しました。当時のこずかいでは痛かったです。
 

Re: ニトロと圧縮比の関係

 投稿者:高取  投稿日:2018年 9月28日(金)20時56分26秒
返信・引用
  > No.1512[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> のりちゃんさんへのお返事です。
>
> あくまで記憶ですが、 もともとHGKエンジンは、15から発売されたように思います、15Rはチューンドパイプ仕様でまさにレーシングエンジンでした。当然スロットルなどなく、回してなんぼ仕様のものです。ロッシ15も同年代にあり、レーシングエンジンのネーミングにあこがれていました。このご時世ですのでパイプはダメとして、マフラーとスロットルキャブをつけて、飛ばしてみたいと思うのは私だけでしょうか。
 

Re: ニトロと圧縮比の関係

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 9月28日(金)20時27分5秒
返信・引用
  > No.1508[元記事へ]

のりちゃんさんへのお返事です。

HGK21SFの未始動エンジンと取説が手元にあります。
> HGK21は20のあとの製品でしょうが取説ではハイニトロ燃料OKと明示しています。
> (燃料はストレート燃料からニトロ系成分高含有燃料まで幅広く使用できますが特に20,000rpm以上の高速回転では燃料の潤滑性が低下しますのでヒマシ油系の良質な燃料を使用しますとオーバーヒートの防止やプラグの寿命に好結果が得られます。)

・・・HGK15R、Sは飛行機用、20、21は主にレーシングカーで使われたようです。車でストレート燃料と言うことはないので20、21はニトロ対応でしょう。15RはUコンスピード機用のリヤバルブ、パイプ用のエンジンでラジコンには使いづらく、対して15Sはクオーターパイロンにのせられると当時のRC技術に書いてあったような気がします。ただ、華々しい成績は残していないようです。テーパーが付いていないため、調整が難しかったのでしょうか?
私のパンサー20SにのせているHGK20にはMK9×4がつけてあったと思います。クロッツプレミアムグロー15%ニトロは他のクロッツより潤滑油が多く「スカタンエンジンが蘇る(スローも効く)燃料」と言われていました。ただし、べたべたですから上は伸びません。これで絞りきることなく(1万少しぐらい)で回してやると、負荷も軽くヒートせず普通に飛ばせました。ただし燃費は悪いです。もっと高回転で生きるエンジンなので本来の使い方ではないのでえらそうなことはいえませんが。15Sもあるのですがこちらはまだ回していません。たぶんもっと高回転を好むセッティングだと思いますので難しそうですね。
 話は違いますが、「不安定なエンジンの圧縮を下げて安定させる」は私もやります。ハイネス09にエンヤ09のヘッドをつけるとか、エンヤ08でプラグのワッシャーを2枚かませるなどです。割と最近回したシュニューレのフジ19も少し圧縮を下げたほうが安定しそうな感じでした。圧縮が高すぎるとパワーはとにかく「突然停止」などアクシデントが増えるように思います。
 

凄いですね!

 投稿者:kto  投稿日:2018年 9月28日(金)18時48分51秒
返信・引用 編集済
  皆さん、凄いですね!私には全く解りません。  

/77