<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: ENYA 29-Ⅲ Specal

 投稿者:KENYAN  投稿日:2020年 9月10日(木)22時46分10秒
返信・引用
  > No.2229[元記事へ]

F2ABCDさんへのお返事です。

>  エンヤファンクラブ皆様 初めての投稿ですが、よろしくお願い致します。KENYANさんの疑問点にお答え出来る写真の資料を作成しましたので参考になればと思い投稿させて頂きました。
>

● ネットで世界中探してもこれだけの資料はありませんでした、大変貴重な情報をありがとうございました。
 

ENYA 29-Ⅲ Specal

 投稿者:F2ABCD  投稿日:2020年 9月10日(木)12時58分22秒
返信・引用
   エンヤファンクラブ皆様 初めての投稿ですが、よろしくお願い致します。KENYANさんの疑問点にお答え出来る写真の資料を作成しましたので参考になればと思い投稿させて頂きました。
 

Re: 29-R?

 投稿者:KENYAN  投稿日:2020年 9月10日(木)11時02分20秒
返信・引用 編集済
  佐藤 哲司さんへのお返事です。


>
>  クランクケースに「5103」と、ありませんか?1959年頃に製造された、3型の速度用エンジンみたいです。シリンダーヘッドはUSAのVECO(ヴィーコ)エンジンのものがついています。誰かが取り替えたのだと思います。

● ヘッドも気になっていたので色々謎が解けました♪ 手元にスタンダードの5103があるのでバラして比べたり回したりでやってみようかと思います、ありがとうございました。

こちらにも謎のエンジンがあるのでお楽しみいただければ幸いです。
→ youtu.be/ywkHr_Ti5TU



 

Re: 29-R?

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2020年 9月 9日(水)23時46分30秒
返信・引用
  > No.2226[元記事へ]

KENYANさんへのお返事です。

> はじめまして。 60年代のレーシングエンジンと言うことですが詳細・記事等ほとんど見かけなく、こちらでしたらどなたかご存じかと思い投稿させていただきました。

 クランクケースに「5103」と、ありませんか?1959年頃に製造された、3型の速度用エンジンみたいです。シリンダーヘッドはUSAのVECO(ヴィーコ)エンジンのものがついています。誰かが取り替えたのだと思います。
 

29-R?

 投稿者:KENYAN  投稿日:2020年 9月 9日(水)21時15分31秒
返信・引用
  はじめまして。 60年代のレーシングエンジンと言うことですが詳細・記事等ほとんど見かけなく、こちらでしたらどなたかご存じかと思い投稿させていただきました。専用テストベンチとスピンナーは自作品ですが‥。  

Re: リトルホーク号

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 9月 7日(月)13時15分18秒
返信・引用
  > No.2224[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です。

 和歌山の松前さん機ですね。三面図から起こしたカラーリングデザインで仕上げたそうですが、主翼のデザインはこの辺が正解みたいですね。垂直尾翼のアクセントは「羽根のマーク」が入っています。

・・・ご存じでしたか?失礼しました。垂直尾翼のマークは他の機体でも見たことがあります。主翼のアクセントは私にはちょっと違和感がありますが、たぶん鷹の翼をイメージされたのかもしれません。

 若干手を加えて、結局こんな感じになりますか。

・・・かたち的にはこのほうが違和感が少ない感じですね。
 

Re: リトルホーク号

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2020年 9月 7日(月)02時02分32秒
返信・引用 編集済
  > No.2223[元記事へ]

KAMITOさんへのお返事です。

> レプリカ機の画像を見つけました。「当時の代表的なアクセント」とあります。とりあえずUPしておきます。

 和歌山の松前さん機ですね。三面図から起こしたカラーリングデザインで仕上げたそうですが、主翼のデザインはこの辺が正解みたいですね。垂直尾翼のアクセントは「羽根のマーク」が入っています。当初、私の機体にも入っていました。

 若干手を加えて、結局こんな感じになりますか。
 

リトルホーク号

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 9月 6日(日)23時30分37秒
返信・引用
  レプリカ機の画像を見つけました。「当時の代表的なアクセント」とあります。とりあえずUPしておきます。
 

それでも・・・

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 9月 6日(日)18時02分32秒
返信・引用 編集済
  ファン・ミーティングはエンジンのイベントですので、機体の、しかもカラーリングなんかどうでもよいはずですけれどね。

・・・とはいっても、わき役も固めたほうがいっそう主役が映えることも事実ですからできるところはやりたいですよね。それに「リトルホーク」は大変シンプル(特徴にとぼしい)ですので、詳しい方でも見過ごしてしまうかもです。せめて機名を主翼にでも入れてあげないと不親切というものです。
 それで色の問題ですが当時は雑誌の表紙にでもならない限り濃淡ぐらいしかわかりませんから困ったものです。昔のバスの写真集の解説で読みましたが「白黒写真に色を付けて天然色に・・・」という手法で明らかな色間違いがあったそうです。今、昔の白黒写真をカラー化するサービスもあるらしいのですがどうやっているのでしょうか?
 館林さんの他の機体を参考にするのも良いかもしれません。個人の色彩の趣味ってそれほど変わらないし、現実的問題としてそこにある塗料を又使うということも多そうです。
 

Re: リトルホークの塗装

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2020年 9月 6日(日)14時15分17秒
返信・引用
  埼玉のときやんさんへのお返事です。

> 垂直尾翼中ほどに一コマ10ミリ弱程のチェッカー塗装のシンプルなカラーリングです。

貴重なデーターを、どうもありがとうございます。皆さんのご意見は似たり寄ったりなので、あとはフィーリングでしょうか。で、垂直尾翼のアクセントは、「ホーク」シリーズで見る「羽のマーク」みたいですね。縮小の三面図で確認できますし、この機体を譲り受けたときも、羽のマークが入っておりました。個人的にはチェッカーを多用したいのですが、やり過ぎると工藤さんの機体に見えてしまいます。

ファン・ミーティングエンジンのイベントですので、機体の、しかもカラーリングなんかどうでもよいはずですけれどね。
 

リトルホークの塗装

 投稿者:埼玉のときやん  投稿日:2020年 9月 6日(日)07時10分11秒
返信・引用
  過去のラジコン技術の記事の写真は白黒なので推測ですが機体全体は白かイエローなどの
淡い絹張りで、胴体側面に2色の細めのライン(上は明るい色で太い、下は紺か黒で細い)が胴体最前方から水平安定板前縁下側まで。主翼は胴体と同じような細めのラインが主桁前方の位置で胴体付け根から翼端にかけてテーパーで入っている。後はエンジン後ろの上板
と垂直尾翼中ほどに一コマ10ミリ弱程のチェッカー塗装のシンプルなカラーリングです。

 

Re: 知りませんか?

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 9月 5日(土)23時00分0秒
返信・引用
  > No.2218[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です。

>  リトルホーク号の塗装中ですが、どなたかオリジナル機のカラーリングをご存知の方、いらっしゃいませんでしょうか。当時の館林さんですから、ストライプ程度のはずですが、箱絵からはわかりません。

・・・カタログなどではほとんど前方から写していますのでわかりませんね。塗分け的には例図のようなものがあったと思います。確かラジコン技術だったと思います。ただカラー指定がされていたかどうかは思い出せません。よってわかりませんが「赤・黒」の組み合わせはどうなのかなあ?館林さんらしくないような気がします。
 しかし、リトルホークまで作っているのかい?これはエンヤ19だろうねえ。飛ばしてみたいなあ・・・。よろしく。
 

知りませんか?

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2020年 9月 5日(土)12時33分25秒
返信・引用 編集済
   リトルホーク号の塗装中ですが、どなたかオリジナル機のカラーリングをご存知の方、いらっしゃいませんでしょうか。当時の館林さんですから、ストライプ程度のはずですが、箱絵からはわかりません。
 

安藤様に

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 9月 2日(水)23時58分55秒
返信・引用
  Uコン技術第38号に「Uコングライダー」の記事があったとのことで確認しました。

・・・本当にありがとうございます。風の力を推進力に変換しているのでしょうかね。ブランコで重力を運動に変換する要領と似ているんでしょうね。ブランコ同様、タイミングが重要なのでしょうね。ワイヤーが10メートル以下だとちょっと目が回りそう?

 昔、アルバトロスをUコンの師匠からもらい、飛ばしました。
結局みなさんと同じように振り回していました。

・・・そうそうこれです。アルバトロスの恰好は本当にいいよね。キャメルよりは飛びそうに思ったんですが、やはり同じでしたか。小さすぎるんでしょうね。(プロペラはキットのではないですね。私も初飛行で折りました)
エクストラは確かに飛びそうですけど・・・どうかな?
アパッチは難しそうですよ。ウィップして助けてあげないと無理かなあ?というか助手の方にローターが回るように手投げ発進してもらった方がよいかも。どちらにしてもエンスト後はきびしそうですよ。

そもそも、これらの機体はメーカーでテスト飛行ってやっているのでしょうかね。
 

Re: 勝手にイベントしようか

 投稿者:安藤@花巻  投稿日:2020年 9月 2日(水)22時35分11秒
返信・引用
  > No.2202[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。

> このおまけの様なプラ製機体の049クラスでだけで、ラジコン機飛ばしの隅の方で、内緒でイベントやりますか?

昔、アルバトロスをUコンの師匠からもらい、飛ばしました。
最初、離陸できず、手投げにしたけど浮かずに地面に激突しましたね。
立ったままだと離陸できなかったのでアスファルトの駐車場で機体と平行に走ったりしました。結局みなさんと同じように振り回していました。

当時の機体は残っていませんが、最近知り合いからもらいました。
無くなっている支柱等を修理してもあまり飛びそうには見えませんね。

10年以上前、ネットのショップでCOXの飛行機を購入しました。
エクストラは普通に飛びそうな感じですね。

アパッチは地元の飛行場では離陸できそうにありませんが、尾島だとどうでしょう?
以前オモチャのヘリコプター凧をあげようとしたら、なかなかうまくあがりませんでした。
日の出のオートジャイロは普通に飛びましたが、着陸の度にローターを折ってました。

 

Re: やっぱりね

 投稿者:安藤@花巻  投稿日:2020年 9月 2日(水)22時05分0秒
返信・引用
  > No.2213[元記事へ]

KAMITOさんへのお返事です。

> ワイヤーは11メートルぐらいなのかな?興味がありますが飛行にかなり体力が必要な感じですね。でもエンスト後の機体をウィップで飛ばすよりはずっと楽なのでしょう?

⇒根本氏は10m位でも余裕とありましたが、私はもう少し短い長さでした。
 ワイヤーが短ければ腕だけで、少し長くなると野球のサイドスローのように体を使ってウィップしていました。手足が長い方が有利なようで、走りまわらなくても大丈夫でした。

Uコン技術第38号に「Uコングライダー」の記事があったとのことで確認しました。
タイトルにあるようにウィップで飛ばすというより風の力を利用するということのようです。
根本氏も風が弱いと連続宙返りは難しいが、風が強いとウナリながら加速すると書いています。
 

Re: 持ってます

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 8月31日(月)22時04分36秒
返信・引用
  > No.2211[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。
 内容的に小学生では無理な内容?

・・・中学生でもどうなんだろう?と思いました。ダクデッドファンで走る自動車とかボートがありますが、確か金属板からファンを自作していたように思いますが、バランスとかむずかしかったと思います。もっとも当時は工作が特別上手な子もいましたから何とかなったのかな?
 記事の中でフリー(非RC)の車やボートがいくつかあったと思うのですが、走らせるときはどうやったのでしょうね。車はテザーカー式でやったとして、ボートはどうなる?飛行機ならいつかは降りてくるから回収できるけど(たぶん)、ボートは水上で止まったらどうするの?フリーのボート(含プラモデルも)の記事を見るたびに私は考え込むのでした。
 

Re: やっぱりね

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 8月31日(月)21時49分7秒
返信・引用
  > No.2212[元記事へ]

安藤@花巻さんへのお返事です。

 陸上部の練習前に友達に助手をお願いして飛ばしてました。
ワイヤーの長さが調整できるUUハンドルだったので最初は短めのワイヤーで自分も円を描きながら飛ばし 慣れてくるとそれほど動かずに飛ばせるようになりました。ただしUコン技術の記事よりは短いワイヤーでした。
> ずっとウィップし続けるのではなく、風下で勢いをつけて、風上は惰性でとばすような感じで
> 感覚的にはヨーヨーやブランコで勢いをつける感じでした。


・・・なるほど、なんとなくわかるような気がします。写真で見る感じではエンジン機なら19クラスぐらいでしょうか?そうするとワイヤーは11メートルぐらいなのかな?興味がありますが飛行にかなり体力が必要な感じですね。でもエンスト後の機体をウィップで飛ばすよりはずっと楽なのでしょう?
 

Re: やっぱりね

 投稿者:安藤@花巻  投稿日:2020年 8月31日(月)20時55分24秒
返信・引用
  > No.2210[元記事へ]

KAMITOさんへのお返事です。


> ところでこれは安藤さんの作ったものなのですか?ものすごくきれいですが・・・。どんなふうに飛ぶのか見てみたいです。

写真はUコン技術に掲載された設計者の根本保氏の機体です。
私が作った飛行機はこんなにキレイではありませんでした。
(赤1色のフィルム貼りだったと記憶しています。)

高校進学後、Uコン仲間が減り、陸上部の練習前に友達に助手をお願いして飛ばしてました。
ワイヤーの長さが調整できるUUハンドルだったので最初は短めのワイヤーで自分も円を描きながら飛ばし、
慣れてくるとそれほど動かずに飛ばせるようになりました。ただしUコン技術の記事よりは短いワイヤーでした。
ずっとウィップし続けるのではなく、風下で勢いをつけて、風上は惰性でとばすような感じで
感覚的にはヨーヨーやブランコで勢いをつける感じでした。

最初は面白がって見ていた友達も水平飛行と簡単な上下運動しかできなかったので
ただ振り回しているだけと思っていたようです。
 

持ってます

 投稿者:BSA500  投稿日:2020年 8月31日(月)18時39分17秒
返信・引用
  最初に買ってもらったのが小学校3年の時で(昭和41年)、見過ぎてボロボロになり、今もっているのは約40年ほど前に東京の秋葉原近くの?科学教材社に有ったので買いました、内容的に小学生では無理な内容?お店もう無い??  

/110