投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    


Re: My titles are an old airplane in 1961 and an engine.

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 7月11日(水)22時19分15秒
返信・引用
  > No.1326[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

「Gee_String」ですが、どなたもご存じ無いでしょうね。

・・・うーん、これは知りませんでした。バイオリンの「G線」からとったネームなんですね。字が細かくて読めないのですが、設計・製作にボブ・パーマーが関係しているのですか?Uコンのサンダーバードで有名ですがやっぱりラジコンもやっていたのかな。一見してよく飛びそうな機体ですな。しかし、kto様も製作はやいなあ!!
 

KMAゴールデンエイジ

 投稿者:kto  投稿日:2018年 7月11日(水)22時13分21秒
返信・引用
  BSA500さんへのお返事です。

> エンジンと機体を同年式で合わせるなんてマニヤですね OK
有難うございます。19に合わせて、縮小しているんですが・・・
これなら、KMAゴールデンエイジに出られますか?1度は、行って見たいです。

>私もエアロ35で飛ばしたいのですが、当時の機体資料が全く探し出せません。
エアロ35は、難しそうですね!マフラー出来ました?

豪雨、お見舞い申し上げます。
 

Re: My titles are an old airplane in 1961 and an engine.

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年 7月11日(水)22時11分19秒
返信・引用
  > No.1326[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

> 「Gee_String」ですが、どなたもご存じ無いでしょうね。

 G線って、バイオリンの弦のことなのでしょうか。オリジナルは70インチスパンの35~45機ですよね。有名なCL機である「サンダーバード」の設計者と同じ名前なのですが、ボブ・パーマーさんの設計なのでしょうか。
 

Re: My titles are an old airplane in 1961 and an engine.

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 7月11日(水)20時41分23秒
返信・引用 編集済
  > No.1326[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

> ENYA19の4型は、1961年とのことなので、機体も合わせて1961年の物にしました。

エンジンと機体を同年式で合わせるなんてマニヤですねOK、私もエアロ35で飛ばしたいのですが、当時の機体資料が全く探し出せません。
 

My titles are an old airplane in 1961 and an engine.

 投稿者:kto  投稿日:2018年 7月11日(水)19時22分18秒
返信・引用 編集済
  ENYA19の4型は、1961年とのことなので、機体も合わせて1961年の物にしました。
という事で、私のお題は、「1961年」です。
「Gee_String」ですが、どなたもご存じ無いでしょうね。
 

Reフィルム張り名人技

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 7月11日(水)17時06分9秒
返信・引用
  らんぱぱさんお返事ありがとうございます。

早速、教えていただいて有難うございます。曲線部分が綺麗にできていたのは最初から曲線だったからなのですね。自分はまっすぐな物を曲げていたのでうまくいきませんでした。これからは教えていただいた方法でやってみたいと思います。
 

Re: Reラダーオンリーテスト機

 投稿者:らんぱぱ  投稿日:2018年 7月11日(水)16時23分8秒
返信・引用
  > No.1323[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

> 白のラインはどうやって入れているのですか。フィルムを細く切ってやっていると今一つなんです。オララインとか専用の物を使っているのでしょうか。

オラカバドライをカッターで細く切って張ってます。
この際、フイルム上の定規が微妙に滑って均一なラインにカットできないことがありますので下記方法にてカットしています。

1. 定規の両端(写真の黄矢印)をセロテープ等で固定して定規が動かないようにします。
2. もう一本の定規の目盛りに合わせてフイルムの方を移動させてラインの太さが上端と下端で同じ幅になるように調整します。
3. 定規を押さえながら上端から下端方向にカッターナイフでカットしてゆきますが、カッターナイフの移動に合わせて定規を押さえる手の位置も移動させます。

なお、この作業をやるときはカッターナイフの刃は新しいものを使用するのがベストです。
また、曲線部分は雲形定規を使ってカットしてますが、雲形定規にカッターの刃が引っかかることがあってなかなかうまくできませんので何回かトライしてなるべく上手にできたものを使用してます・・・ (^_^;)ゞ
 

Reラダーオンリーテスト機

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 7月11日(水)15時18分41秒
返信・引用
  らんぱぱさんへのお返事です。

きれいな仕上がりですね。それにしても凄く早いですね。
一つ教えていただきたいのですが、白のラインはどうやって入れているのですか。フィルムを細く切ってやっていると今一つなんです。オララインとか専用の物を使っているのでしょうか。
 

Re: ラダーオンリー・テスト機

 投稿者:らんぱぱ  投稿日:2018年 7月10日(火)22時00分2秒
返信・引用
  > No.1321[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> ・・・なんか量産していませんか?

本来凝り性なもので、一度始めると止まりません・・・飛行機製作に熱中し始めると食事もまともにしなくなったりで・・・その辺は女房殿も永年の経験で食事の時間になっても呼びにきません・・・ ^^;

> 重心前後の胴体側面積の比率とかどうも色々あるようです。

確かにそうですね。電動でデータとってもエンジン搭載機にそのまま性能が反映されることはないと思います。本来ならエンジン搭載機でテストすれば良いのですが飛ばす場所が無いのでやらないよりはましかな・・・という感じです。
この機体は主翼取付角2度ねじり下げ2度設定で、ダウンスラストは3度と少なめにしてみました。本来ならダウンスラスト5~6度が適正と思われますが、通常飛行は中スロー、ハイでループに入るような感じを狙ってます !  ( ̄^ ̄ゞ
 

Re: ラダーオンリー・テスト機

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 7月10日(火)21時33分37秒
返信・引用
  > No.1320[元記事へ]

らんぱぱさんへのお返事です。

> ラダーオンリーのデータ収集用の機体作りました。

・・・なんか量産していませんか?これも綺麗なエンヤカラーでいいですね。らんばば様には「釈迦に説教」なのですが、重心前後の胴体側面積の比率とかどうも色々あるようです。以前ピクニックJR(マフラー付きで重心をあわせるため機首を2センチほど短くしていますが)のレプリカを作って飛ばしたとき、楽に綺麗に旋回できてそのへんの「深さ」を感じました。またこの機体は矩形翼ですがねじり下げが付いています。翼端失速防止と言うことでは無意味なのですが、付いているほうが旋回が楽なような気がします。まあ色々なバランスなのでしょうが、エルロン、エレベーターが使えない分「他の何か」が必要なのでしょう。良いデータが取れるといいですね。
 

ラダーオンリー・テスト機

 投稿者:らんぱぱ  投稿日:2018年 7月10日(火)20時49分10秒
返信・引用
  ラダーオンリーのデータ収集用の機体作りました。電動ですが、この機体を飛ばして各取付角等を探ってみたいと思ってます。
とりあえずエレベーター装備ですが、仕様が決まったらエンヤ09搭載のラダーオンリー機を作るつもりです。主翼はこれを流用予定です。  ( ̄^ ̄ゞ
 

Re 悪魔の飛行機出来るかな

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 7月10日(火)15時12分37秒
返信・引用
  kamitoさんへのお返事です。

モジャイスキーの飛行機、見てみました。こっちはジャイロ無しでも行けそうです。尾翼を大きめにすればエルベーターで操縦出来そうです。問題はどの辺までスケール化するかですね。アスペクト比が小さいのでピッチ安定はいいはずです。友人が立体のふなっしーを作って飛ばしたことがあります。あれよりは優しいと思います。(手足でエルロンとエレベーター)ラダーが無いのでホバリングはできませんでしたが、まあまあ良く飛んでいました。(根岸デンタルクリニックのホームページで写真を載せています。よかったら見てみてください。)
実は自分も変なものを飛ばしたいと思っていまして、プラモデルを買ってしまいました。
サンダーバード2号です。重心を操縦室のすぐ後ろ、というかカーゴルームのすぐ前あたりにすれば飛ぶと思っています。
発進時に使うロケットブースターにダクトを組み込むのはきついので本来は原子炉がある、カーゴルームの後ろに単発のダクトファンを入れ、吸入口はカーゴルームの天井の継ぎ目にスリットを付ければいいかと思います。これなら失速するのが遅くなるかと。
優先順位が低いので延び延びになっていますがいつか作りたいものです。
次は2メートルクラスのF5J
の予定ですがスプレッドカーボンを買ってから数年、これも手つかずになっています。
 

Re: 悪魔の飛行機

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 7月 9日(月)20時50分33秒
返信・引用
  > No.1317[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

ある程度まで妥協してデプロンやスチレンペーパーで板翼にして剛性を出せば可能性があると思います。
・・・その通りだと思います。そして後縁を上に上げてS字キャンバーにすれば可能性はあるとは思います。

 板だと風圧中心の移動もあんまりないので有利です。
・・・以前アメリカ製キットで「バットプレーン」(バットマンが乗る飛行機)を入手したことがありまして・・・・完全な平板翼でして・・制作意欲を失い誰かにあげてしまいました。せめてUコンの「てんとう虫」ぐらいには気を使って欲しかったです。でも合理的設計だったのですね。

 これに3軸ジャイロを付けることで飛ぶんじゃないかと思いますが
・・・・3軸ジャイロは何かフェアではないような・・・・。

それにしてもアヴィオン号はすごいスタイルでしょう?大こうもりをモデルにしたとか。私は完全スケール(エンジンも蒸気式)のエオール号(アヴィオンの前の機体で単発)の動画を見たことがあるのですが、飛び続けることはできないけど、ジャンプはするんですね。りっぱな蒸気エンジンです。ところでお暇でしたらモジャイスキーの飛行機も見てやってください。これも蒸気動力ですが、尾翼も付いててまだ何とか飛びそうです。
 

悪魔の飛行機

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 7月 9日(月)14時54分8秒
返信・引用
  Kamitoさんへのお返事です。

昔、蒸気機関で飛行機に挑戦した人がいた、という程度しか知らなかったのでググってみました。
確かに、宮崎駿の世界でしか飛べそうもない形ですね。カーボンの骨にスピンクロスを貼れば形にはなるでしょうが剛性が足りなくてコントロールができないでしょう。
3軸ジャイロという手があるのでどんな形でも飛ばなくはないと思いますがある程度の剛性が無いと無理です。
ある程度まで妥協してデプロンやスチレンペーパーで板翼にして剛性を出せば可能性があると思います。その際、前縁に乱流装置を付けることで特性が大幅に改善されます。
前縁から10ミリの所に10ミリ角の棒を付けることで18%とかの分厚い翼の様な特性の翼になります。ただの板ではさっぱり滑空しないのがある程度伸びてくるようになります。
板だと風圧中心の移動もあんまりないので有利です。
翼端前縁にも舵を付けてと考えていたら、今月号のラジ技に鳥さんの記事が出ていました。たぶんコントロール方法はこれが正解です。素晴らしい研究だと思います。
これに3軸ジャイロを付けることで飛ぶんじゃないかと思いますが正解にたどり着くのは大変でしょう。
 

Re: 話を蒸し返してすいません。

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 7月 8日(日)23時44分25秒
返信・引用
  > No.1315[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

垂直尾翼を支えている部分がアップに曲がっているのが分かると思います。この程度の面積でトリムにかなり影響があるのです。小さな水平尾翼の効果があるのでねじり下げではなくアップトリムがとれます。ごまかしなんですが、可能性はあると思います。

・・・高速でならともかく、低速では効きが悪そうにも見えますが・・うーん、デリケートですね。

これを見ていて思い出しました。クレマン・アデール(フランス)の蒸気動力飛行機「アヴィオン号」ってご存知ですか?この悪魔的スタイルの飛行機を電動で飛ばせないかなあ?と考えたことがあります。根岸様のアイディアを使えば飛ぶかな?実機のままでは安定飛行は無理なんです。

ところで、西日本方面の皆様、ひどい被害が出ているようですが、ご無事でしょうか?心配しております。
 

話を蒸し返してすいません。

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 7月 8日(日)16時26分38秒
返信・引用
  Kamitoさんへのお返事です。

昔のグライダーかー・・・と思い出しながら在庫をかたずけているとだいぶ前に作ったハンドランチが出てきました。
無尾翼機をつりぎみに飛ばす話ですがサーボをいっぱい積んでフライトコンデションをいっぱい設定する。といったのはこの機体のことが頭にあったからです。
垂直尾翼を支えている部分がアップに曲がっているのが分かると思います。この程度の面積でトリムにかなり影響があるのです。小さな水平尾翼の効果があるのでねじり下げではなくアップトリムがとれます。ごまかしなんですが、可能性はあると思います。
 

バードオブタイム考

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 7月 8日(日)09時48分4秒
返信・引用
  Kamitoさんへのお返事です。

バードオブタイムの意味は残念ながら知りません。元大宮フライングの飛行場でサークリングをしているとどこからかチョウゲンボウが飛んできて一緒にサークリングをし始める。ということが度々ありました。鳥さんと一緒に飛ぶ、又は鳥の気持ちになって飛ぶといったようなことではないかと思っています。少なくともバードウオッチングとは全く違ったことだと思います。
写真のために鳥の巣の周りに陣取って鳥の生活を脅かしたり畑を踏み荒らしたり、ごみを巻き散らかす。こうゆう人たちには分からない気持ちでしょう。
 

Re: Re 骨組み構造

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 7月 8日(日)00時12分51秒
返信・引用
  > No.1312[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

重量と剛性のバランスが優秀で舵の効きが穏やかです。もっと現代の飛行機にも使われるべき構造だと思います。ちなみにこの水平尾翼は6gで出来ました。

・・・確かグライダーの「アキーラ」もこの構造だったと思います。機首にエンジンが無く、テールモーメントも長いグライダーでは尾部を軽量化できれば機首のデッドウエイトを減らせるので、機体軽量化の貢献大です。以前「バード・オブ・タイム」(時間の鳥?意味を知っている方がいたら教えてください)の水平尾翼を滑らかに美しく仕上げたところ、重くなり、機首ウエイトの量が半端ではないので、この構造に作り直したことがあります。効きも確かにマイルドです。特別に高速を出そうとしなければとても良い構造だと思います。ただ、綺麗に被服するのが少し難しいですね。
 

Re 骨組み構造

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 7月 6日(金)09時04分39秒
返信・引用
  Kamitoさんへのお返事です。

尾翼は昔のヒノデというかトーラスなどと同じ組み方なんですね。

そうなんです。この構造が気に入っていて、最近の何機かはこんな尾翼にしています。重量と剛性のバランスが優秀で舵の効きが穏やかです。もっと現代の飛行機にも使われるべき構造だと思います。ちなみにこの水平尾翼は6gで出来ました。
 

骨組み構造

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 7月 5日(木)19時19分36秒
返信・引用
  実際は部品点数が増えるのと接着剤を大量に使うので重くなるのでお勧めではありません。

・・・確かにその通りですね。昔のバルサが使えない頃ならともかく、胴体などはバルサ(セミ)モノコックが一番軽いですね。でも雰囲気命ですから、もちろん「あり」です。尾翼は昔のヒノデというかトーラスなどと同じ組み方なんですね。
 

/67