<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


099エンジンの集り

 投稿者:BSA500  投稿日:2020年 9月23日(水)16時12分33秒
返信・引用 編集済
  10月4日 岡崎模型飛行倶楽部で開催予定のイベントに参加予定、前回42年ぶりにUコン機を飛ばすのに練習もせずに参加、今回もそのイベントから6年ぶりに、またもや練習のせずに参加予定、機体も清水模型の???7だった?、今レストア中、エンジンはフジ099でマフラーは必要無しのレギュレーションです。  

Re: リトルホーク

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 9月22日(火)20時28分29秒
返信・引用
  > No.2248[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です。

>  ファンミーティングには、充分間に合いますね。

・・・ぜひ私にもちょっとだけでもいいから飛ばさせてください。
 尾翼だけでも外せると収納がかなり楽になりますけど、このタイプの尾翼(胴体上に水平尾翼があり、さらにフィンまでついている、ラダーは下まで通し)は少し工作が面倒ですよね。私のゴールデンスター(06)同様でして苦労しました。(裏からタッピングスクリュー止めで、ヒンジには最後にピンを打ちます)
 

Re: 29SP調整報告

 投稿者:F2ABCD  投稿日:2020年 9月22日(火)15時19分49秒
返信・引用 編集済
  > No.2246[元記事へ]

KENYANさんへのお返事です。

> ● SPオリジナルケースがキズとオーバーサイズネジだったのでヘツドと共に程度のいいものに交換しました、寸法はスタンダートと全く同じで問題無し、SPのスリーブにはタイミング調整と思われるシムが入っていたのでそのまま移植となりました。
> ただ、シムの厚さ分の圧縮が少なくなるのとヘッドはもう一台分の物と比べましたがスカートが同じサイズ故、高低の圧縮比不明です。 寸法から読み取ると感覚的にどうも低圧縮のヘッドではないかと思うのですが‥。

 私も1951年型FOX 35のレストアの際 悩みましたが、とりあえずプラグを改造し圧力計で測って見ました。気密性の差は有るでしょうが、画像の様な結果が出ました。FOX 35 の場合 OS 35-Ⅲに合わせました。結果良ければ全て良しで至って快調。ちなみにシリンダーヘッドは
ENYA 45-S のヘッドを削って合わせました。YouTubeを拝見させて頂きヤフオクで接触式ダイヤル型タコメーター落札してしまいました。ENYA29Ⅳシリンダーヘッドは左から凸部分の寸法
が2.6mm H3.5mm 2.38mm H3.2mm と新しい型ほど低圧縮化しています。

 

Re: 29SP調整報告

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2020年 9月22日(火)14時51分59秒
返信・引用 編集済
  > No.2246[元記事へ]

KENYANさんへのお返事です。

気のせいかもしれませんが、回転が重いですね。クランクシャフトは軽く回るでしょうか。ヘッドは低圧縮に見えます。当時のレーシング燃料は、50%ナイトロメイサンなんて言うものが出回っていましたので、それ用かもしれません。動画ではわかりませんが、シリンダーのシムも純正品とは思えません。単純に圧縮が下がり、タイミングがずれている気がします。
ご存じでしょうが、ここ30年ほどの模型用グロー燃料のナイトロメイサンは、単に出力の向上を目指したものではありません。動作安定が目的の場合が多いですから、50年前の概念は通じないと思います。吸気、圧縮、爆発、排気のタイミングと強い圧縮圧力。そして滑らかな回転や気密漏れがないかご確認ください。結構見落とすのは、クランクケースの歪みです。このエンジンも取り付けラグ面が機械加工されていなければ、テストベンチに締め付けた段階で、致命的に歪んでいる可能性があります。黒い排気がで続けたり、低回転でも過熱が激しければ、その可能性が大です。
今一度この辺の確認を兼ねて、丁寧な分解と組み立てをお勧めします。人手を渡って来たエンジンでは、ピストンシリンダーの取り付けが逆って言うエンジンも、3回見ましたし。
 

Re: 29SP調整報告

 投稿者:安藤@花巻  投稿日:2020年 9月22日(火)11時47分12秒
返信・引用
  KENYANさんへのお返事です。

> スリーブにはタイミング調整と思われるシムが入っていたのでそのまま移植となりました。
> 寸法から読み取ると感覚的にどうも低圧縮のヘッドではないかと思うのですが‥。

⇒昔は高圧縮と低圧縮の2つのヘッドが付属していましたが、その後高圧縮ヘッドと低圧縮用シムになったと思います。もしかしたら低圧縮ヘッドにシムを入れて更に圧縮を下げているのでは?

ベンチュリーも2個付いていましたが今はインサートで調整する様になっています。
 

リトルホーク

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2020年 9月22日(火)11時29分26秒
返信・引用
   ファンミーティングには、充分間に合いますね。  

Re: 29SP調整報告

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 9月22日(火)11時26分57秒
返信・引用 編集済
  > No.2246[元記事へ]

KENYANさんへのお返事です。

運転動画見ました。室内ですね。いい環境だなあとうらやましいです。
29のはよくわかりませんが、私の35と比べてみてですが、たぶんヘッドは低圧縮の方と思われます。ベンチュリーインサートも付けたままですから、回転は上がらないと思います。でも振動はあまりないように思えましたがいかがですか。あと回転を上げるときはエンジンの後ろにいた方がよいと思いますよ。


 
 

29SP調整報告

 投稿者:KENYAN  投稿日:2020年 9月22日(火)00時16分22秒
返信・引用
  ● SPオリジナルケースがキズとオーバーサイズネジだったのでヘツドと共に程度のいいものに交換しました、寸法はスタンダートと全く同じで問題無し、SPのスリーブにはタイミング調整と思われるシムが入っていたのでそのまま移植となりました。
ただ、シムの厚さ分の圧縮が少なくなるのとヘッドはもう一台分の物と比べましたがスカートが同じサイズ故、高低の圧縮比不明です。 寸法から読み取ると感覚的にどうも低圧縮のヘッドではないかと思うのですが‥。
回してみた感じでもスカタンでもないのにイマイチパンチが足りない様なのでつぎの課題はそこらへんからぼちぼち攻めてみたいと思っています、また結果が出たらご報告させていただきたいと思います。
この掲示板をお借りしたことで色々ご協力いただき感謝いたします、ありがとうございました。  運転動画はこちらですよろしければご覧下さい。→youtu.be/5m7uliCONyo
 

Re: COX049

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 9月20日(日)12時02分58秒
返信・引用
  > No.2243[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

> ずいぶん昔に購入したまま実家に放置していた京商セスナを起こしています。せっかくですので本来ラダーエレベータの仕様ですが、、部品で排気スロットルが出てきたので組み替えて3チャンネルにしようと思います。当時に比べてメカ類が小型軽量ですので飛行ぶりが楽しみです。

・・・COXの排気スロットルは結構好調のようですね。一度だけ見たことがあります。しかしCOXってシリーズが複雑ですね。049クラスだと性能順にTD→ゴールデンビー→ブラックウィドウ→ベーブビーといったところなのでしょうが、さらに細かくいろいろあるようです。写真の049はベーブビーに見えますけどきっと初期のものよりハイパワーなんでしょうね。

セスナはK社のもののように見えますけどかっこいいなあ。メカが軽くなった分きっとよく飛ぶことでしょう。飛んだら様子を教えてください。
 

COX049

 投稿者:高取  投稿日:2020年 9月19日(土)23時16分34秒
返信・引用 編集済
  ずいぶん昔に購入したまま実家に放置していた京商セスナを起こしています。せっかくですので本来ラダーエレベータの仕様ですが、、部品で排気スロットルが出てきたので組み替えて3チャンネルにしようと思います。当時に比べてメカ類が小型軽量ですので飛行ぶりが楽しみです。  

FUJI061

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 9月15日(火)01時02分10秒
返信・引用
   次回ミーティングに「浮雲」という機体を持参予定です。この機体は会長が昔からご存じだった機体で航空ファンに載っておりました。小型の肩翼のシングル機でFUJI049(タンク付きの最終型)で飛んでいたようです。会長と私で1機ずつ作りました。私は佐藤氏のFUJI049を借りて(私のより明らかにパワーが出ていたようなので)、載せて飛ばしてみました。
 それでもパワーは足りずあえぐようにして少しずつ上昇すると、ここでガス欠となり着陸となりました。厚めの半対称翼と美観重視の仕上げで重くなった(それでも当時より重いということはないのですが)のがよくなかったのかもしれません。燃料なんかは今の方がよいとは思うのですが・・。仕方ないので今はCOX049ブラックウィドウに載せ替えてあります。こいつはかなりブン回るので確実に飛ぶとは思いますが、趣に欠けますね。
 それで前記の諸元表にある「FUJI061」ならどうだろうと考えました。外形は同じでボアだけが少し大きいです。当然カタログ上のパワーも出ていますが・・・・。
 どなたか両方共回してみた方はいませんか?違いが知りたいです。ちなみにエンヤの場合049と06は外形も重さもボア・ストロークすべて違いますね。それで、パワーもかなり違うようです。
 あと、ついでと言っては何ですが「KO049ディーゼル」を回してみた方がいらっしゃったらインプレをお願いします。
 

ぐるぐる

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 9月13日(日)19時43分21秒
返信・引用
  最後にUコン機を飛ばしたのが軽く半世紀以前の事なので・・・

・・・私もUコン少年でした。数十年ぶりに(スタント練習機ですが)飛ばしたところ、技術はそれほど低下していなくて(もともとたいしたことはないのですが)当時できた曲技もできました。自転車と同じで身体が覚えていますね。ただ、問題は「演技に集中すると目が回る」「後半足がもつれる」ということで、着陸後、完全にへたばりました。

 純スピード機、それもB級ともなると半端なく速そうですから、(時間が短いとはいえ)凄くつらそう・・・。ぼちぼちやってくださいね。(ハンドルをパイロンに載せたら足が・・・。)
 まあ、まずはテストベンチで回してみるのでしょうが、カタログには19000回転とあります。プロペラにもよるでしょが、本当にここまで回るのかなあ?
 

プロジェクト29-SP♪

 投稿者:KENYAN  投稿日:2020年 9月13日(日)14時49分34秒
返信・引用
  ● おかげさまで素性がENYA家の正式な一員であることとSpecialと言う立派な名称があることが解明されたことに大変感謝致します♪
私も佐藤さんのおっしゃるファンミーティンクのみなさま同様、信条である「機械は動いてなんボ・エンジンは回ってナンボ。飛行機は飛んで何ボ」の元にコツコツと機材を集めてきたので非力ながらもプロジェクトを進めて行く気力が湧いてきました。
居並ぶライバルエンジンたちと共に200㎞オーバーの世界を楽しみたいと思います、
ただ、最後にUコン機を飛ばしたのが軽く半世紀以前の事なので自分の夢を完成させるには体力と自前の寿命が続くのか疑問が残ります‥(^^;。

 

Re: 29-R?

 投稿者:高取  投稿日:2020年 9月13日(日)02時28分9秒
返信・引用
  > No.2236[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です

>皆さんご無沙汰しております、残暑お見舞い申し上げます。
エンヤ29エンジンで盛り上がっていますね。貴重な資料の掲示とても参考になりました。しかしながらいささか疑問があります。それは貴重な現物をお持ちなのになぜ回されそのインプレをされないのか。少なからず私はそこのところが知りたいです。当時のカタログデータではなく、現実現在の事が非常に興味があるのです。貴重なエンジンとはいえ、やはり回してなんぼだと思うのは私だけではないと思うのですが。すいません若造の戯言です。
 

Re: 29-R?

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2020年 9月12日(土)23時21分15秒
返信・引用
  > No.2226[元記事へ]

KENYANさんへのお返事です。

 1957年中期の、塩谷製作所のパンフレットには「29-3@5103」型の発表があります。その後、雑誌にも掲載されたのですが、当時は「発表」と「発売」って時期的な隔たりがありましたので、「そんなもんかい」程度にとどめた方がよろしいようです。そこでは以前のイメージから「スーパータイフーン」って命名されていますね。
 今回の29レーシングは、エアロモデラー誌の1960年10月号に掲載されているようです。ボールベアリング/クロームメッキって書いてありますね。

 ファンミーティングのメンバーの多くは、「古いエンジン、気難しいエンジンを、技術で使いこなそう」という方々です。なので、「お、メッキのマイナスビスじゃん、格好いいねえ」とか「このパワーの無いエンジン、こうやって使えば良いんだ」と言う会話が多いです。良く言われる「希少エンジン」であっても、目についたら回していますし、回したら飛ばしたくなる様です。コレクターの皆さんに見られたら、怒られそうですね。
 

ENYA Engine History

 投稿者:F2ABCD  投稿日:2020年 9月12日(土)10時57分51秒
返信・引用 編集済
  昔 海外のサイトに掲載されていました。発売年が国内と違う様ですが、輸出量の方が遥かに多い海外と国内とでは違うのかも知れません。見逃しがちなニッケルメッキのボルトの記述等細部に亘り信頼性は高いと思われます。素晴らしい。  

Re: エンヤレーシングエンジン

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 9月11日(金)23時16分5秒
返信・引用
  > No.2233[元記事へ]

F2ABCDさんへのお返事です。

  1967年特集模型と工作『Uコン機ハンドブック』に性能表が載っていましたのでコピーを載せておきます。当時1956 FOX 29R BATH TAB IN TAKEに刺激を受けてのデザイン形状に収まった様ですね。丁度ヤフオクに特集模型と工作『Uコン機ハンドブック』が出品されてます。

・・・いろいろ資料をお持ちなんですね。すごいなあ!!
クロームメッキシリンダーとかクランクシャフトの材質とか書いてあるし、吸排気など各タイミングもわざわざ書いてあるのですから、きっと他の部分も「スペシャル」なんでしょうね。それとOS29Rより少しだけ排気量が多いのですね。私はエンヤ35Ⅲを使ってました。ストロークは同じでボアアップでした。無理して回してクランクシャフトを折ってしまいました。
KO、UEDA、協和の他、有名どころの海外エンジンの諸元もわかり興味深いです。
 バスタブ型の吸気口は確かに効率が良さそうに思えますね。
 

Re: エンヤレーシングエンジン

 投稿者:F2ABCD  投稿日:2020年 9月11日(金)22時31分5秒
返信・引用 編集済
  > No.2232[元記事へ]

KAMITOさんへのお返事です。

>  貴重なエンジンの写真、資料をありがとうございます。29のレーシング仕様がエンヤから発売されていたことは知りませんでした。写真で見る限りフロントハウジングとクランクシャフトの吸入口の拡大及びボールベアリングの装着に違いがあるようですが、ほかはスタンダードと同じかな?
>  元の29Ⅲ型は1957の広告に載っていますが、私がUコン機を飛ばしていた時にも確か29・35はⅢ型だったと思います。長く愛されていたんですね。ところで友人のエンヤ29TV付きラジコン機の飛行を見る限り、あまり高回転を好むようには感じなかったのですがこの29レーシングはどうだったのでしょうか?

>   1967年特集模型と工作『Uコン機ハンドブック』に性能表が載っていましたのでコピーを載せておきます。当時1956 FOX 29R BATH TAB IN TAKEに刺激を受けてのデザイン形状に収まった様ですね。ENYA 29SP は私が後で付け加えた物です。丁度ヤフオクに特集模型と工作『Uコン機ハンドブック』が出品されてます。
KAMITOさんこれからもよろしくお願い致します。

 

エンヤレーシングエンジン

 投稿者:KAMITO  投稿日:2020年 9月11日(金)20時17分13秒
返信・引用
   貴重なエンジンの写真、資料をありがとうございます。29のレーシング仕様がエンヤから発売されていたことは知りませんでした。写真で見る限りフロントハウジングとクランクシャフトの吸入口の拡大及びボールベアリングの装着に違いがあるようですが、ほかはスタンダードと同じかな?
 元の29Ⅲ型は1957の広告に載っていますが、私がUコン機を飛ばしていた時にも確か29・35はⅢ型だったと思います。長く愛されていたんですね。ところで友人のエンヤ29TV付きラジコン機の飛行を見る限り、あまり高回転を好むようには感じなかったのですがこの29レーシングはどうだったのでしょうか?
 

Re: ENYA 29-Ⅲ Special

 投稿者:F2ABCD  投稿日:2020年 9月11日(金)14時26分38秒
返信・引用
  > No.2230[元記事へ]

KENYANさんへのお返事です。

> F2ABCDさんへのお返事です。
>
> >  エンヤファンクラブ皆様 初めての投稿ですが、よろしくお願い致します。KENYANさんの疑問点にお答え出来る写真の資料を作成しましたので参考になればと思い投稿させて頂きました。
> >
>
> ● ネットで世界中探してもこれだけの資料はありませんでした、大変貴重な情報をありがとうございました。
題名のENYA 29-Ⅲ Special のiが抜けていました失礼しました。改めて追加の写真を載せておきます。

 

/110