<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 再びMAX20について

 投稿者:KAMITO  投稿日:2021年 1月13日(水)22時21分6秒
返信・引用
  > No.2449[元記事へ]

中川さんへのお返事です。

そしてMAX20なんですがシャフトのネジのサイズが6ミリなんですね。あと初期のロータリーもミリだったはず。MAX25はインチになってます.

理由ですが、やっぱりミリのはヨーロッパ向け、インチのはUSA向けの輸出を考えていたのかなあ?ロータリーはグラープナーでも売ってましたよね。たぶん。
当時、COXなんかはネジがなくなると本当に苦労しました。
 

Re: 再びMAX20について

 投稿者:高取  投稿日:2021年 1月13日(水)21時38分33秒
返信・引用
  > No.2449[元記事へ]

中川さんへのお返事です。

> エンヤの19エンジンですが6ミリねじに変更されたのは、6型からです。6型も初期はUNF1/4-28です。
 

再びMAX20について

 投稿者:中川  投稿日:2021年 1月13日(水)21時19分23秒
返信・引用
  エンジンメーカーのラインナップの中で時々アマノジャクとも言えるエンジンが存在します。そしてMAX20なんですがシャフトのネジのサイズが6ミリなんですね。あと初期のロータリーもミリだったはず。そんなわけでオプションパーツのスピンナーナットがエンヤの15・19に使えることとなりました。MAX25はインチになってます.  

Re: リヤプッシュロッドは高性能か?

 投稿者:高取  投稿日:2021年 1月13日(水)20時22分42秒
返信・引用
  > No.2447[元記事へ]

中川さんへのお返事です。

> エンヤ4サイクルは、ツインカムエンジンですからね?。
>
>ツインカムシャフトエンジン、いい響きですが。高回転でもバルブの追従性を高めた高性能エンジン世の中には認識されているようです。が、実車の世界では、燃焼効率よりも名ばかりのツインカムエンジンがほとんどです。エンヤさんのエンジンはどうなんでしょうか興味があります。
 

リヤプッシュロッドは高性能か?

 投稿者:中川  投稿日:2021年 1月13日(水)20時08分28秒
返信・引用
  エンヤ4サイクルは、ツインカムエンジンですからね?。  

エンジンの箱とか・・

 投稿者:KAMITO  投稿日:2021年 1月13日(水)09時59分30秒
返信・引用
   エンジンの箱といえば・・私のところに例の「UEDA」09と19の箱があるのですが、09はエンヤさんと同じで「厚紙台座式」なのに19の方はOSさんと同様の「発泡スチロール式」でした。大きいエンジンの場合、高級感を出したかったのかなあ?それとも年代の差かな?OSもPET099は3型になってから「発泡スチロール式」になりましたね。KOも知る限り「厚紙台座式」だから「年代」が大きいのかも。そんな見かけに見向きもしないエンヤさんはえらいです。
 別件ですが、OSMAX20って途中でマイナーチェンジをしましたっけ?吸入筒のあたりが違うやつを見たような気がしますが・・・。幻視だったかも。
 

Re: FS60について

 投稿者:高取  投稿日:2021年 1月13日(水)00時11分43秒
返信・引用
  > No.2444[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

> 中川さんへのお返事です。
>
> >小川さんのエンジンは発泡スチロールの梱包で、エンヤさんは、厚紙の台座(?)に薄い紙で包まれていましたね。フジも同じ感じ。子供の感覚では小川さんの方が高級、高性能なのかっておもいました。でも実際模型屋さんではエンヤをすすめられました、今でも普通に回っています。耐久性は素晴らしいです。私の中ではエンヤの09や19は思い入れがある大好きなエンジンです。
当時、模型屋さんのエンジンが飾ってあるショーケース見るだけでわくわくしましたし、私が通った模型屋さんはエンジンが箱から出して展示してあったのでまじまじと見れました。
FS60のマリーン仕様も貴重なものと思います。初期後期にこだわられずに縁があって手元にあるエンジンを大切に回していただきたいです。
 

FS60について

 投稿者:中川  投稿日:2021年 1月12日(火)22時43分35秒
返信・引用
  わたしのFS60水冷エンジンは、水冷ジャケット以外は後期型の様です。付属品としてフライホイール・ジョイント・ストレートエキゾーストパイプが入っています。もう一方のMAX20は発泡スチロールの仕切りの中にエンジン・マフラー・ニードルが区分けして入れられています。後に箱が小さくなったので初期の製品でしょうね。小さな箱になってからは模型屋さんでエンジン見せてくださいと言いにくくなりました。エンヤエンジンは丸裸?で箱に入っていて見る事できましたけど。それくらいエンジンは憧れだったんです。  

出ました!!MAX20

 投稿者:KAMITO  投稿日:2021年 1月12日(火)00時34分43秒
返信・引用
  1971年に発売されたOSさんのMAX20を、私は発売とほぼ同時に購入しました。
たしかに事実として、同型の20と25で明確な耐久性の違いはありました。このエンジンのPCはラップ仕様ですので、おそらくは使用した材質に問題があったと推察されます。

・・・私も友人のN氏もこの意見に全く同感です。だいたい耐久性の前にパワーもなかった。ピークを出そうとニードルを絞ると、期待するピークに達せず回転はダウンしてました。当時のUコン技術の記事でT先生が「スタント機のエンジンをMAX20からENYA19に載せ替えたところ、その強烈なパワーで・・・」という一文もありました。その後MAX25も使いましたがこれは使いやすく耐久性もあり、今でもしっかり回ります。パワーはエンヤ19と同じくらいのように感じました。その後例のFSR25が出て、これは本当にパワフルでした。MAX20・・・ある意味「お題」にいいかも?
 

Re: FS-60MK1のプラグ取り付け位置

 投稿者:高取  投稿日:2021年 1月11日(月)22時25分23秒
返信・引用
  > No.2439[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

> 佐藤 哲司さんへのお返事です。
>
> 良く解りました。
>
> 量産前のプロトタイプが、前傾の配置でしたので、量産初期のロットかと推測していました。
>
> カム室のバックプレートに、ドレンニップルが無いので、キャブから吹き返しているのでしょうか?キャブ周りが油まみれになります。
>
> >ENYAエンジンの4ストロークサイクルエンジンはというと、「高性能維持の為」と言う理由で、「リヤプッシュロッド」形式のままですね。
>
> 「リヤプッシュロッド」形式は、高性能なのですか?
>
> 初期型は、耐久性が無いとか?弱いとか?聞いていたので、そのための中期、後期への変更かと思っていましたが、「コストダウンのため」なんですね。


>まるで間違い探しのような話ですね。同じFS60の初期型でもさらに違うものがあるとは驚きですね。ただ後期に向けてコストダウンだけの変更とは思えません。
いきなり部品の金型をつくるにはリスクがあるわけなので、試作過程においては失敗を前提で削り出しで作ることはごく当たり前のことです。そののちさらに製品の性能、耐久を見直しながら進化していく感じでしょう。
なので、吹き返しの対策でブリーザーがもうけられたり、バルブ周りの見直し、スロー絞りがついたりしました。
なので初期型、中期型、後期型と移り変わりを楽しんでいただけたらと思います。
ちなみにY社の53エンジン初期型以降はクランクシャフトが太くなったりしました。ノッキング時の強度対策と聞きました。まあエンジンに限らず初期ロットには手を出すなとうちのクラブの大御所は言っています。


 

Re: FS-60MK1のプラグ取り付け位置

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2021年 1月11日(月)21時56分26秒
返信・引用 編集済
  > No.2439[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

> 量産前のプロトタイプが、前傾の配置でしたので、量産初期のロットかと推測していました。

 本当の意味での「プロトタイプ」は、MAX H-60の改造型でしょうね。結構簡単に回ったそうです。
 試作品もNC加工機で製造しますので、100や200個、すぐ(でもないか)に製造できます。その分が初期ロットに回ったのかも知れません。で、その頃落ち着いたら「ん、危なくね?」になったって程度と思いますよ。

> カム室のバックプレートに、ドレンニップルが無いので、キャブから吹き返しているのでしょうか?キャブ周りが油まみれになります。

 クランクケース下部の内圧は燃焼室に上がる事は無いと思います。同時に排油も上がって、白煙を吹きますからね。ドレンを配置していない時は、その圧力で排油がフロントボールベアリングから排出され、ボールベアリングの潤滑を行う様に想定されていましたので。まあ、これは2ストロークサイクルエンジンの頃の技術ですが。
 そう言う意味でも、ダイキャストの後期型スロットルが良いですね。ロッカーアームをダイキャスト製に代えれば、直るそうですけど。そう言えば、「エンジンは、その構造上正立搭載で、ご使用ください」って言っておきながら、OSさんってば「低回転状況では生ガスが吸い上げられないので、スロットルから吹き返すことがあります」ともおっしゃっておられました。

> 「リヤプッシュロッド」形式は、高性能なのですか?

 「高性能」の基準が明確ではないので、何とも言えませんが、プッシュロッドがシリンダーの前方にあるだけで、エンジンはオーバーヒートしやすくなります。ましてや2回転で1回の掃気=冷却しかしないエンジンですしね。他にも様々あるみたい。

> 初期型は、耐久性が無いとか?弱いとか?聞いていたので、そのための中期、後期への変更かと思っていましたが、「コストダウンのため」なんですね。

 どこのどなたが、具体的にどのようになったのでしょうか。

 1970年代の中盤に、すでに世界を席巻していたENYAや、その後席巻するOSさんのエンジンが、そんなやわとは思えません。ちなみに私は、FS-60に対して「4ストロークサイクルとは言え、2ストロークサイクルエンジンみたいな馬力が出ないから、回転数を上げて使用した」で錆だらけにしたマニアを、目の前で見ています。同じラジコンクラブの友人は、メーカーの指示通りの用法で初期型FS-60を好調に使用し続けていたのを、やはり目の前で見ています。私がFS-60のファンになったのは、この「ラジコンクラブの友人」のおかげです。

 余談ですが、1971年に発売されたOSさんのMAX20を、私は発売とほぼ同時に購入しました。なけなしの小使いで購入したので、慣らし運転からものすごくていねいに使用したと記憶しています。しかしその甲斐も無く、同時に購入した友人は1年が経過しない内にエンジンの圧縮は抜け、パワーダウンしました。そして私の方も1年半は持ちませんでした。他の友人のMAX25は、好調のままです。1990年頃、この件について何人かのOS社員に伺った事がありますが、詳細は分かりませんでした。たしかに事実として、同型の20と25で明確な耐久性の違いはありました。このエンジンのPCはラップ仕様ですので、おそらくは使用した材質に問題があったと推察されます。リングエンジンであるFS-60には当てはまらないし、天下のOSさんが、そんなミスを繰り返すとも思えませんよね。

 と言う訳で、初期型のFS-60はスロットルとバルブの動き方に問題があって、吹け上がりやスローの安定性に影響が出ております。しかし、これらのほとんどは現代の良質な燃料と、高性能プロップ等によってある程度は解決しているようです。残るはアイドリング時の「パコポコペコパコ」と言う独特の吸気音を得た後、良好な吹け上がりを得る為に、その日(時)ごとの調整が必要なのでしょうね。で、最終型はとっても簡単な半面、アイドリングでは「パコポコペコパコ」言わないみたい。アクセルの吹けが良いので、ハイパワーに感じる人まで居ましたけど。
 

Re: FS-60MK1のプラグ取り付け位置

 投稿者:kto  投稿日:2021年 1月11日(月)19時29分2秒
返信・引用
  > No.2438[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です。

良く解りました。

量産前のプロトタイプが、前傾の配置でしたので、量産初期のロットかと推測していました。

カム室のバックプレートに、ドレンニップルが無いので、キャブから吹き返しているのでしょうか?キャブ周りが油まみれになります。

>ENYAエンジンの4ストロークサイクルエンジンはというと、「高性能維持の為」と言う理由で、「リヤプッシュロッド」形式のままですね。

「リヤプッシュロッド」形式は、高性能なのですか?

初期型は、耐久性が無いとか?弱いとか?聞いていたので、そのための中期、後期への変更かと思っていましたが、「コストダウンのため」なんですね。
 

Re: FS-60MK1のプラグ取り付け位置

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2021年 1月11日(月)15時30分44秒
返信・引用 編集済
  > No.2437[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

> 2種類存在するのでしょうか?

 良くご覧になっていますね。

 メーカーさんとしては「シリンダーヘッド回りとスロットルが、切削加工のモデル」と「それらもダイキャストのモデル」の2種類くらいにしか考えていないみたいです。
 当初4ストロークサイクルエンジンみたいな製品は、売れるかどうか分からないエンジンでしたので、クランクケース分くらいしか高価な金型は作れなかったんです。しかし発表後には結構な反響があったため、順次金型を製作し量産体制に入りました。最も大きな改善箇所は、バルブのリフト量と、バルブを押すロッカーアームの角度みたいです。なので、最初にロッカーアームが新設計となり、ダイキャストで量産可能になりました。余談ですが、重量や外観、タイミング等による前期型の欠点を改善したのが後期型なので、前期型モデルを修理・点検に出そうものなら、ロッカーアームだけがダイキャスト製に交換されて来ましたね。当時友人は喜んでいましたが、今の私だったら「大きなお世話」です。

 おおざっぱですが、FS-60の分類は、以下の様になっております。

◯発売当初:スロットル本体、シリンダーヘッド、ロッカーアーム、ロッカーアームホルダーがジュラルミン材からの切削加工。プラグは斜め(燃焼室形状の確保が理由みたい)。クランクケースにドレンニップル無し。
◯初期型 :上記に加え、クランクケースにドレンニップル付き。
◯初期型2:上記に加え、プラグは垂直(性能に変わりが無かったみたい)。
◯中期型 :上記に加え、ロッカーアーム、ロッカーアームホルダーがダイキャスト製(形状とともに寸法も変更)。
◯中期型2:上記に加え、スロットル本体がダイキャスト製(形状、寸法、が変更)。
◯後期型 :上記に加え、シリンダーヘッドがダイキャスト製(形状のみ変更)。

 もちろんこれらの形式を、私が全て保有して確認した訳ではありません。友人のエンジンの状況を聞いた上での書き込みです。細かい部分で時期の違いがあるかも知れません。私が保有し、確認しているのは、このうちの3種類です。

 この他にも、クランクケースの形状が若干変更されていますし、「シリンダーヘッドは、明確な外寸差があるじゃあないか!」っておっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、機械屋の私としては。性能に関わる部分以外の形状・寸法は、「その時々の気分」と考えております。まあ、「コストダウンのため」でしょうね。

 ちなみに、初期の「プラグ垂直・斜め」の件は、「斜めだと、プラグブースターを外すとき、プロップに当たって怖い」が本当の理由です。しかし「真っすぐにしたら燃焼室形状が変わって、性能おちるんちゃうやろか」と言う事で試作したら、特に大きな影響はなかったので、垂直にしたってだけみたいですよ。NC工作機械で加工していましたから、斜めでも垂直でもコストは同じですし。
 OSさんではしばらくの間、この「リヤプッシュロッド」の形式が続きますが、エンジン始動時の事故を減らす為に「必ず、電動スターターをご使用ください」とか「厚手の皮手袋をお使いください」ってやったあと、「フロントプッシュロッド」になりました。クランクケースとクランクシャフトに、それぞれの加工手間は増えますが、エンジン後方のパーツは一切省けますので、大幅なコストダウンが可能になりましたし、燃焼プラグはシリンダーヘッドの後方に配置する事になって、プラグブースターとプロップの位置関係には危険性が無くなりました。あまり書きたくはありませんが、対してENYAエンジンの4ストロークサイクルエンジンはというと、「高性能維持の為」と言う理由で、「リヤプッシュロッド」形式のままですね。プラグは、ヒート用ブースターが危険な前方のままだし。あ、エクステンションコード、出していましたね。
 

FS-60MK1のプラグ取り付け位置

 投稿者:kto  投稿日:2021年 1月11日(月)11時44分1秒
返信・引用
  ネットで、初期のFS60の画像を見ていたら、少し違和感が有り、よく見たらプラグが垂直についています。
私のは、若干前に傾いてついています。マニュアルのも前に傾いています。
2種類存在するのでしょうか?
後期型は、垂直についています。

見にくいかもしれませんが、1枚目の画像がネットで見つけた画像で垂直についています。
2枚目がマニュアルの画像とその下が私の手持ちの物の画像で、前に傾いて付いています。
 

Re: ラジコン技術2月号

 投稿者:加藤@愛知  投稿日:2021年 1月10日(日)09時15分44秒
返信・引用 編集済
  TSさんへのお返事です。

> 秋のミーティングを含め、小型エンジン機が特集されております。
> 値段が特別価格で1,100円となっていますが、皆さん、是非1冊以上の購入を!!

買いました!!
お題に飛び入り参加(乱入?)にもかかわらず掲載いただき、ライター様に感謝です。
 

Re: ありがとうございます

 投稿者:BSA500  投稿日:2021年 1月10日(日)08時07分30秒
返信・引用
  小野倫吾さんへのお返事です。

> 次回のファンミーティングから毎回参加して情報を集めようかとおもいつつ仕事の関係で参加できません。uコンの情報はもうしばらく探してみます
>
私が約15年前、ラジコンにリバイバルする際、同じように何処で飛ばしてるか???を探すのにブログやホームページの方にメールして探しました、関東の個人のホームページにメールして聞いた方が色々教えて頂けると思います、多分ファンミーテングで聞くより早く入会出来そうです、それと愛知県の岡崎模型飛行倶楽部のホームページはかなりの方が見てるので一度検索してください、またミクシーで検索して『70年代のラジコン機&Uコン機』も有ります^_^
 

ありがとうございます

 投稿者:小野倫吾  投稿日:2021年 1月 9日(土)21時07分48秒
返信・引用
  次回のファンミーティングから毎回参加して情報を集めようかとおもいつつ仕事の関係で参加できません。uコンの情報はもうしばらく探してみます
 

ラジコン技術2月号

 投稿者:TS  投稿日:2021年 1月 9日(土)17時06分55秒
返信・引用
  秋のミーティングを含め、小型エンジン機が特集されております。
値段が特別価格で1,100円となっていますが、皆さん、是非1冊以上の購入を!!
 

Re: 質問です

 投稿者:高取  投稿日:2021年 1月 7日(木)17時44分20秒
返信・引用
  > No.2431[元記事へ]

小野倫吾さんへのお返事です。

> 埼玉でuコンを飛ばしたいのですがグループに連絡しようと思ってもネット上では連絡先がわかりませんご存知の方がおられたら教えていただけませんか よろしくおねがいいたします
>
>
>はじめまして。最近私の周りでもUコンが復活しつつあります。
さて連絡先が知りたいとのことですが、不特定多数の方々が閲覧できるこの掲示板では少々むつかしいと思われます。この掲示板に書き込まれる方々の中にもUコンをされている方々がおられますので、連絡先をお知りの方もおられるかもしれませんが、個人情報云々でむつかしいでしょう。
ラジコン、Uコンのイベントに出向かれ、参加者の方に情報を聞かれるのがいいと思います。復活でしたら昔の仲間に連絡するのもありかもです、事実私を訪ねてくれたクラブ員もいましたから。
 

質問です

 投稿者:小野倫吾  投稿日:2021年 1月 4日(月)23時51分34秒
返信・引用
  埼玉でuコンを飛ばしたいのですがグループに連絡しようと思ってもネット上では連絡先がわかりませんご存知の方がおられたら教えていただけませんか よろしくおねがいいたします


 

/120