投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: カワサキマッハⅢ

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月23日(日)21時07分21秒
返信・引用
  > No.1619[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

フロントが軽くって、かなり危険な乗り物だったようで、踏切でジャンプしてそのまま向こうの世界に行ってしまった方の話をよく聞きました。

・・・すぐウィリーしちゃって大変だったそうです。私の友人が350に乗っていまして、一度だけ後ろに乗せてもらったことがありましたが、音が変わってタコメーターの針が途中からいきなり跳ね上がるんですね。同時に後ろは煙がもんもん。私は振り落とされるかと思いました。

私のは、3気筒でも4ストで、250X3でした。
> 当時、珍しかったシャフトドライブですが、癖が強かったですね。

・・・もしかしてヤマハのGX750ですか。加速するときトルクでピッチングするとか。
 

Re: そういえばいまさら

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月23日(日)20時58分39秒
返信・引用
  > No.1618[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です。

正確には「濃い混合気では、不完全燃焼によって爆発は2行程に1回になる」でしょうか。

・・・どうしてそうなるのでしょうか?プラグの温度ではないですよね。

 答えになっていないですが、これらの全てだと思います。顕著なのは、排気のタイミングでして。「回転数は上昇するけどトルクが無い」とか、「回転はあがらないが、大きなプロップを回せる」

・・・某20の場合大手の市販品ですから充分テストの上、販売したかとは思うのですが・・・・。何がよくなかったのかなあ?おかげで私の自作スタント機は低性能でしたよ。
 

カワサキマッハⅢ

 投稿者:kto  投稿日:2018年12月23日(日)20時21分40秒
返信・引用 編集済
  ここで、川崎のマッハⅢが出てくるとは思いませんでした、懐かしいですネ、憧れでした。
2ストの3気筒の500でしたね。
 

Re: そういえばいまさら

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年12月23日(日)19時48分28秒
返信・引用
  > No.1617[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> ものの本によるとブブブブーは4スト運転とかで2圧縮に1回しか爆発してなくて、ビビビビーは2スト運転で1圧縮1爆発(2ストの正常運転ですな)であると書いてあったように思います。

 そんな感じの様ですね。正確には「濃い混合気では、不完全燃焼によって爆発は2行程に1回になる」でしょうか。ガソリンだったらこうなりませんが、メチルアルコールであれば、そんな事が発生する程の混合気でも、エンジンは作動するっていう事でしょうね。

>  それと、回転が上がるエンジンほどその「切り替わる回転数が高い」ように思うのですが、そういう理解でよいのでしょうか?

 それぞれのエンジンの、そう言うタイミングと、使用環境下のマッチングの結果と思います。

> 吸排気のタイミング?燃焼室形状?などの設計上の原因?それとも工作精度?

 答えになっていないですが、これらの全てだと思います。クランクシャフトのタイミングだけを早くすると、トルクが減ります。掃気のタイミングだけを早くしても、同様でした。顕著なのは、排気のタイミングでして。「回転数は上昇するけどトルクが無い」とか、「回転はあがらないが、大きなプロップを回せる」って、結果は明確。回転の上昇はマフラーの寸法にもよりますね。この辺はシリンダーを自作すると、(痛い程)良くわかります。
 

そういえばいまさら

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月23日(日)18時35分14秒
返信・引用
  書いていて気がついたのですが・・・

 模型用の2ストエンジンって、ニードルを絞って混合気を薄くしていくと回転が上がりながら排気音も変わりますね。はじめは「ブブブブー」がピークに近づくと「ビビビビー」もっと回るエンジンだと「イイイイイーーン」ていう感じで。(そういえば昔のカワサキマッハⅢなんかもそんな感じだったけど)
 ものの本によるとブブブブーは4スト運転とかで2圧縮に1回しか爆発してなくて、ビビビビーは2スト運転で1圧縮1爆発(2ストの正常運転ですな)であると書いてあったように思います。Uコンではこれを利用してスタントをやることもあるわけですが・・。これは本当なのですか?またどうしてそのようになるのでしょうか?
 それと、回転が上がるエンジンほどその「切り替わる回転数が高い」ように思うのですが、そういう理解でよいのでしょうか?某社の昔の20エンジンは低い回転でビビビビーとなってそれ以上回転は上がりませんでしたが、何が原因だったのでしょう?吸排気のタイミング?燃焼室形状?などの設計上の原因?それとも工作精度?ずっと不思議に感じていました。

 

Re: RE REそういえば

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年12月22日(土)22時32分19秒
返信・引用
  > No.1615[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

> 型の温度が一番重要の様なのでどんなものか教えてください。

 プロの鋳物職人でさえ、自分の仕事の範囲しか分からないそうです。それよりも、どんな材料を使用して、どんな寸法の製品を作るのかも分からないのでは、答えようも無いですね。失敗した「鋳型」の形状や寸法も重要ですし。
 鋳込み前に鋳型を暖めるのは、比較的低い温度による鋳造のはずですが、基本的には以下の通りと思います。
1)鋳込み可能な、出来るだけ低い温度で鋳込む。
2)湯流れを考慮した材料を使用する。
3)鋳込みの関連作業は、可能な限り迅速に行う。
4)湯流れを考慮した、鋳型の形状、向きにする。

 これって、簡単ではないですよ。
 

RE REそういえば

 投稿者:根岸  投稿日:2018年12月22日(土)22時20分26秒
返信・引用
  佐藤哲司さんへのお返事です。

お返事というより質問なんですが、アルミの鋳造温度は型の温度ですか溶かした合金の温度なんですか。
自分ちでロストワックス、クリストバライト型でサブマフラーを試作しているのですがひけができることが多いんです。押し湯が足りないのか、スプルーの設置が悪いのか条件を探している途中です。
型の温度が一番重要の様なのでどんなものか教えてください。COXの051の様に小さいものは簡単にできるのですが09サイズだとおしゃかばかりです。
 

Re: そういえば・・

 投稿者:高取  投稿日:2018年12月22日(土)20時57分8秒
返信・引用
  > No.1613[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です。

>
> なっとくです。ものつくりの世界ではデザインをはじめ、まねることから始まりますね。さらに高度な加工技術改良を加えてオリジナル商品になると思います。性能など無視しデザインをまねただけではただのコピー品とゆうことでしょうか。
 

Re: そういえば・・

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年12月22日(土)19時57分28秒
返信・引用
  > No.1612[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> 低い回転でピークになってしまっていたのかな?

 粗悪なコピーエンジンでは、材質や製造過程も粗悪なので、根本的に性能は低い物が多いです。クランクケースで言えば、鋳造しやすいアルミ合金を使うと機械加工がしにくくなります。また、経年によって内部ひずみが表面化しますね。これらは寸法精度、表面仕上げの粗さ、真円度、平行度、垂直度に影響します。寸法だけまねれば良いと言うものでもありません。ましてや、シリンダーのテーパーなどは、正確に測定するためには、それなりの測定器械が必要です。そんなコストをかけるなら、コピー元のメーカーでOEM生産してもらった方が安価です。こんな理由で、昔のコピーエンジンで、高性能はありえません。

> しかし、本当の「オリジナルエンジン」って少ないように思います。

 例えば、廃業した秀和工業のエンジンは、基本設計を三原さんが行っています。従って、OSのコピー品・・・って言うよりも、こちらがオリジナルかな。製造コストの関係で「インチキABC」だったOS製に対し、「本物のABC」とした秀和エンジンは、当然の高性能。
 だいたい、多かれ少なかれ、発案者以外はそれの模倣から始まっています。どんな分野の製品でもね。例えば「洋服」は、身体の寸法や形状にフィットする事を基本に作られています。対して「日本の着物」は、身長や体格に左右されず、調整しながら着る事が出来ます。この二つは「全く違う衣装」と言えますが、防寒具とか日よけとかの意味合いでは、全く同じですね。どれがオリジナルぢゃい?!

 ちなみに鋳造って、砂型でさえ写真くらいの細かさが得られます。ヒゲの部分の幅は1mmもありません。私がやっているアルミ合金による鋳造では、鋳込み温度を710度に設定していまして、750度で鋳込むと、引けや肌荒れが発生します。結構微妙ですね。そんな技術が無ければ、たしかにコピーエンジンなんか、ろくな性能は出ないでしょうね。
 

Re: そういえば・・

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月22日(土)12時48分13秒
返信・引用
  > No.1611[元記事へ]

佐藤 哲司さんへのお返事です。

 個人的には、気に入っているエンジンの一つです。

・・・結構コピーされているのですね。いつかお題でコピーエンジン特集でもやりたいですね。
そういえば以前友人がエンジン付き完成機(ラジコン)を買ったのですが、これについていたOSのコピーエンジン(確か15クラス)は非力で手投げしても発進できませんでした。本家のOSに換えたらすんなり飛びました。回転数を測り損ねましたが常識的なプロペラでピークは出ていたのに今でも不思議に思います。低い回転でピークになってしまっていたのかな?

しかし、本当の「オリジナルエンジン」って少ないように思います。
 

Re: そういえば・・

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年12月22日(土)03時48分50秒
返信・引用
  > No.1610[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> それで彼曰くエンヤのパーツがそのまま使えたらしいです。

 私が保有しているのは、こいつ。「SLH 15-A」ですか。STAR LIGHT HOU INDUSTRIES って会社らしいです。製造国は、もちろん台湾。明らかにENYA15-3型のコピーですが、ENYAエンジンとの互換性は、ほとんどありません。コピーしたは良いけれど、細かい寸法は自分の基準でつくったのでしょうか。

 個人的には、気に入っているエンジンの一つです。
 

そういえば・・

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月21日(金)21時32分48秒
返信・引用
  私がまだUコンしかやっていなかった頃(10代の頃ですから太古の昔ですね)友人が行きつけのN模型で買ったエンヤ15(たぶんⅢ型)のコピーエンジンを見せてくれました。「雷虎」とありサンダータイガーと小さく英語で書いてありました。それで彼曰くエンヤのパーツがそのまま使えたらしいです。回してみたところ本家に迫る性能であったと言うことでした。その後サンダータイガーエンジンはOS風のスタイルになったようですね。  

REサンダータイガー07

 投稿者:根岸  投稿日:2018年12月20日(木)08時57分12秒
返信・引用
  Kamitoさんへのお返事です。

訂正させてください。ネットで出力を見ると0,19馬力になっています。自分の07は初期型なので出力に変更があったのかもしれません。三原さんに教えてもらったところでは初期型ではコンロッドにブッシュが入っていなくてすり減りやすいそうです。今度のオーバーホールで交換になりました。
コンロッドやクランクピンなどはきゃしゃな作りなので大きな負荷は避けたほうが良いかもしれません。ディーゼルに改造なども耐久性に問題がありそうです。
エンヤの06,08が丈夫すぎるということかもしれません。
写真は15CXや09-4とのおおきさの比較です。15CXと09-4にはサンダータイガーのマフラーを付けました。無改造で付きます。
 

Re: Re サンダータイガー07

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月19日(水)20時28分55秒
返信・引用
  > No.1607[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

> kamitoさんへのお返事です。
>
> サンダータイガー07のスペックですが公称出力0,18馬力と09エンジン並みです。ご機嫌に回せるプロペラは7X3ぐらいで7x4ではやや荷が重いです。お勧めはAPC6,5x2,9ですがレア物です。400gまでならトルクロールが可能です。軽快に飛ぶのは650gまででしょうか。
> 重量はマフラー込みで約100gで軽量です。音も電動並みに静かです。スロットル性能も優秀でスロー安定も良いです。15%ニトロ以上を使いたいときは圧縮比の調整が必要です。
> 構造上も使い勝手も10FSRの小型版といったところでしょうか。
> まだオークションなら入手できるみたいですよ。

ありがとうございます。エンヤ08がマフラー無しで88グラムですから、軽量と言えますね。出力とプロペラの負荷を考えるとかなり高回転を要求するエンジンなのでしょうか。でも静かならいいかな?今度使ってみたいと思います。
 

Re サンダータイガー07

 投稿者:根岸  投稿日:2018年12月18日(火)09時11分26秒
返信・引用
  kamitoさんへのお返事です。

サンダータイガー07のスペックですが公称出力0,18馬力と09エンジン並みです。ご機嫌に回せるプロペラは7X3ぐらいで7x4ではやや荷が重いです。お勧めはAPC6,5x2,9ですがレア物です。400gまでならトルクロールが可能です。軽快に飛ぶのは650gまででしょうか。
重量はマフラー込みで約100gで軽量です。音も電動並みに静かです。スロットル性能も優秀でスロー安定も良いです。15%ニトロ以上を使いたいときは圧縮比の調整が必要です。
構造上も使い勝手も10FSRの小型版といったところでしょうか。
まだオークションなら入手できるみたいですよ。
 

Re: 最後のサンダータイガー

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月17日(月)20時14分52秒
返信・引用
  > No.1605[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

> オーバーホールに出していたサンダータイガー07が返ってきました。新品同様です。これでしばらく小さい飛行機が飛ばせます。

・・099未満の旧い機体のレプリカを作った場合、エンジンの選定に迷うことが多いです。COXは別として国産品ではエンヤ049~08(10)、フジ049、06あたりがほとんどだと思います。フジの2機種は超レアであり、スロットルもないため、いきおいエンヤにしたくなりますが、問題はマフラーです。スイート号と言うエンヤ08標準装備の飛行機のレプリカを作ったとき、大変困りました。当時はノーマフラーが当たり前だったので、機体設計にもその配慮がありません。ですからエンヤ純正(スロットル用)マフラーはどうしても付きません。エンヤ08を使いたかったですが、あきらめOS10を倒立搭載することでキャビン胴体との干渉を避けました。でも重いし、雰囲気がねえ・・・。
 サンダータイガーの08を使ったらもう少しは良かったかな?それでもマフラー用のエクステンションアダダプターは作らなくてはなりませんが。

・・・サンダータイガーGP07はどのくらいのプロペラが回せるのでしょうか?7×4ぐらいは回せますか?
 

最後のサンダータイガー

 投稿者:根岸  投稿日:2018年12月17日(月)15時36分50秒
返信・引用
  オーバーホールに出していたサンダータイガー07が返ってきました。新品同様です。これでしばらく小さい飛行機が飛ばせます。
ついでにマフラーを取り寄せてみました。サンダータイガー10用はエンヤの09=15にぴったりです。かなり静かになります。28用は19に使えます。これもかなり静かです。
エンヤサウンドではなくなってしまいますが、騒音対策にはかなり有効です。
まだ在庫があるかもしれません。気になる方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。
 

Re: なるほどね

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年12月12日(水)20時42分8秒
返信・引用 編集済
  > No.1603[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

 2つの種目がごっちゃになっております。「中部CL大会」の実施要項は、以下の通りとなっております。

 ①曲技第2種
   エンジン:40クラス以下
   ローカルルール(定点着陸)加点をおこないます。

 ④曲技第1種(F2B)
    成績はエキスパートとアドバンスドで区分けします。

 てな訳ですな。

 Uコン大会でも、勝手にファンミーティング!!
 

なるほどね

 投稿者:kamito  投稿日:2018年12月12日(水)20時33分1秒
返信・引用
   つまり2種のボーナス点は指定点着陸。日本選手権で決勝に残らなかった方以外は全部「アドバンス」なんですね。それでエキスパートが2種に出てもいいのかにゃ?結構出ているエキスパートは多かったのでしょうか?
 この競技会の位置づけが良くわからないのですが、皆さん「決戦機」はこのような大会では飛ばさないものなのでしょうか?大事にとっておくと言うことでしょうか。 
 

Re: 質問です

 投稿者:佐藤哲司  投稿日:2018年12月12日(水)12時35分48秒
返信・引用 編集済
  kamitoさんへのお返事です。

>優勝した2種スタントですが、ボーナス点とはどのようなものですか?

指定された範囲内に着陸停止したら100点。機体が範囲内に、少しでも入っていたら50点もらえます。

>F2Bのクラス分けでアドバンスとエキスパートはどう違うのですか?

F2Bの日本選手権で、決勝に残った方はエキスパート。それ以外はアドバンスドクラスです。
と言うクラス分けになっていますので、エキスパートクラスの方々は、そこそこの飛びが出来れば良いみたい。中には日本選手権用の本命機を持ってくる選手もいますけどね。まあ、ほとんどの機体は「日本選手権にも使えそうな」程度のものばかりですね。
ちなみに、ビンテージ機にビンテージエンジンのせて、ビンテージプロップで参加するようなやつ、私くらいです。「機体だけは古い」ってえのは、何人かいますけど。
 

/80