<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 色付ヘッドと鉄フィンエンジン

 投稿者:F2ABCD  投稿日:2021年 5月10日(月)22時18分32秒
返信・引用 編集済
  > No.2686[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。

> マッコイ35です、詳しい事分かりません。このエンジンは比較的簡単にキャブやマフラーが付けやすい感じですね。


 海外の鉄フィンエンジンについて 調べてみました。
かなりのマニアックな世界で入手も難しそう 色付ヘッドと鉄フィンエンジンの両方を兼ねそろえる贅沢なエンジンが、K&B TORPEDO Green Head シリーズ と New McCoy Red Head-Blue Head シリーズの様です。New McCoy Blue Head 電光マークに関しての年代表記は確信が持てませんが、こんな感じでいかがでしょうか。

   Model Airplane Engine Designers and Builders




 

Re: TORPEDO45

 投稿者:のりちゃん  投稿日:2021年 5月10日(月)15時34分34秒
返信・引用
  > No.2693[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

> のりちゃんさんへのお返事です。
>
> > ktoさんへのお返事です。
> >
> > > F2ABCDさんへのお返事です。
>
> いいですね!
> 本当に作りたくなりました。
> 古い機体は、今では贅沢なバルサブロックを多用して、曲面を再現していますね。
> 削り方で、微妙に違ってくるのも、面白かったです。
> 今ではとても無理なので、この曲面を一枚板で再現するのに苦労しています。
> キャノピーは、如何なされているのでしょうか?教えてください。

友人に作成してもらいました。
F2ABCDさんと同じような真空引き製作方法です。
 

走らせてきました

 投稿者:KAMITO  投稿日:2021年 5月10日(月)15時01分39秒
返信・引用
   少し風が強かったですが、今日走らせてきました。飛行機ならともかく、ボートはよくわからないのですごく不安でしたが、結果を言うと思った以上に好調でした。低速ではもちろん問題はなく中速(この時点でかなり速い)でも良く舵は効きます。池が狭いので高速は怖くて一瞬ですが綺麗なプレーニングに入りました。充分「ジャガー」の走りだと思います。高さが低いせいか「タンカー」ほど風の影響は感じられませんでした。軽いからかダッシュは素晴らしく、旋回性と相まって猫のようです。(ジャガーの小型ですから猫で正解)
 問題点としては全開ではトルクで船体が少し傾くことと、急制動をかけるとノーズダイブして水しぶきがあがり、船内に少し水が入ることでしょうか。でも、いちばんの問題は速すぎてこの池では楽しめない・・・困ったものです。写真も中スロー時のものです。(1人でやっていますので)
 

もうすぐ進水式

 投稿者:KAMITO  投稿日:2021年 5月 8日(土)19時26分57秒
返信・引用
   ジャガー28Rに動力とRCメカを積みました。メカ室が狭いのでサーボもアンプも受信機も小さなもので揃えました。送受信機は「京商の2.4ギガ」でこういうものには便利です。
 モーターはタムテック280クラス、ペラは直径27mm(入手できる中で一番小さかった、でもこのペラは半没用か?)です。それらしくやったつもりですが、ボートをよく知っている方が見たら大笑いなんだろうなあって・・前にも書きましたね。

 *キャノピーのかたちって大事だと思います・・ということで私も自作しています。もっと雑なやり方ですが。「少し離れればわからない」で妥協しています。カードケースが使えるとは知りませんでした。材料費が助かります。何と言っても「歩留まり」が悪いもので。
 

思ったより楽しい作業です。

 投稿者:F2ABCD  投稿日:2021年 5月 8日(土)13時24分14秒
返信・引用
  続,思ったより楽しい作業です。 画像のみの投稿です。  

Re: TORPEDO45

 投稿者:F2ABCD  投稿日:2021年 5月 8日(土)13時13分59秒
返信・引用 編集済
  > No.2693[元記事へ]

  ktoさんへのお返事です。

 この様な装置を製作し掃除機で吸引しています。

 素材は硬質塩ビ板カードケース PET樹脂板 等 0.5㎜以上を

 130度以上に加熱し一気に型押し 上手く行かない場合は2-3回のやり直しは可能。
 (ヒートガン等での修正は、どつぼにはまります。)

 型押しの際、掃除機は作動状態で、素早い作業が美しい作品に繋がります。

 たかがキャノピーですが、形状ひとつでオリジナルから遠く離れてしまいます。
 手間を惜しまず頑張りどころ 思ったより楽しい作業です。

 

Re: TORPEDO45

 投稿者:kto  投稿日:2021年 5月 7日(金)19時05分2秒
返信・引用 編集済
  > No.2690[元記事へ]

のりちゃんさんへのお返事です。

> ktoさんへのお返事です。
>
> > F2ABCDさんへのお返事です。

いいですね!
本当に作りたくなりました。
古い機体は、今では贅沢なバルサブロックを多用して、曲面を再現していますね。
削り方で、微妙に違ってくるのも、面白かったです。
今ではとても無理なので、この曲面を一枚板で再現するのに苦労しています。
キャノピーは、如何なされているのでしょうか?教えてください。
 

Re: TORPEDO45

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2021年 5月 7日(金)15時56分14秒
返信・引用 編集済
  > No.2691[元記事へ]

のりちゃんさんたちへのご連絡です。

> マフラーは純正の(スポーツマフラー)です。この名前は佐藤様にご教示していただきました。

 大きな問題でもないですが、正確には「スポーツスターモデル用のマフラー」です。1988年頃でしたか、K&Bで20から65サイズまで数種類リリースしたエンジンが「スポーツスター」シリーズです。
 私は65モデルしか保有していませんが、このマフラーの内部ミュート、なんと旋盤による削り出し製品なんです。ものすっごい「材料の無駄使い」ですね。さらにシリンダーは、クランクケース内部に一体で製造されており、そこに直接クロームメッキを施しただけ!しかも当然、クランクシャフト回りはプレーンベアリングって、OSさんのFPシリーズから、さらに、徹底的にコストダウンを図ったって感じの逸品です。シリンダーヘッドのビス、65モデルでもたったの4本だし。

 いずれにしても、本来「機体のイベント」である「KMAゴールデンエイジ&オールドタイマー」でありながら、「この機体には、このエンジンだろう!」というのりちゃん、充分にファンミーティングの招待選手です。

 と言う訳で、招待選手は「高取さんとのりちゃん」の2人に増えました。尾島に来てください。
 

Re: TORPEDO45

 投稿者:のりちゃん  投稿日:2021年 5月 7日(金)14時03分3秒
返信・引用 編集済
  > No.2687[元記事へ]

F2ABCDさんへのお返事です。

>  お酒のおつまみに、この画像はいかがでしょうか?
>
>  K&B TORPEDO 45 Green Head 実に興味深いエンジンですね、RCとUCの歴史にその名を刻んだエンジン。我が家にも55年以上前に友達からの貰い物のもう動かないK&B TORPEDO 35 Green Head が有ります。プレゼントしてくれた友達のことを思い出しました。 エンジンのロマンを感じます。
>

KMA大会にタウリ号とK&B35GHで出場したことがあります。
マフラーは純正の(スポーツマフラー)です。この名前は佐藤様にご教示していただきました。



>
>
>
 

Re: TORPEDO45

 投稿者:のりちゃん  投稿日:2021年 5月 7日(金)13時52分58秒
返信・引用
  > No.2689[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

> F2ABCDさんへのお返事です。
>
> >  お酒のおつまみに、この画像はいかがでしょうか?
>
> いいですね!
> このエンジンには、 Orionですね。
> 設計図有るので、本気で作りたくなりました。
> フルエルロンと、翼端エルロンのバージョンが有るみたいです。
>
> 45にしては小ぶりかなと感じました。
> マフラーを探していますが、排気口が小さくて、19サイズで合いました。

昨年のKMA大会で初飛行させました。
私のオリオン号はこだわりのK&B45GH搭載です。(ENYAマフラーとスラントニードル装着。)
もう一機、O氏のオリオン号はOS52搭載です。
 

Re: TORPEDO45

 投稿者:kto  投稿日:2021年 5月 7日(金)13時37分32秒
返信・引用 編集済
  > No.2687[元記事へ]

F2ABCDさんへのお返事です。

>  お酒のおつまみに、この画像はいかがでしょうか?

いいですね!
このエンジンには、 Orionですね。
設計図有るので、本気で作りたくなりました。
フルエルロンと、翼端エルロンのバージョンが有るみたいです。

45にしては小ぶりかなと感じました。
マフラーを探していますが、排気口が小さくて、19サイズで合いました。
 

TORPEDO 45

 投稿者:KAMITO  投稿日:2021年 5月 7日(金)13時17分48秒
返信・引用
   オリオンもシャークも超有名機、このエンジンはチャンピオンメーカーだったのですね。お値段はおよそ20ドル、360かけて7200円。当時の貨幣価値から考えて高価だったのでしょうか。燃料がK&B100番というところがいいですね。クランクシャフトの後ろにバランス用カウンターウエイトがあって・・・工夫されているなあ、振動は少なくなったんでしょうか。

 これも、マッコイもヘッドの着色はアルマイト処理ではなく、なんか塗料で塗ったみたいに見えますけど、どんな塗料を使ったのでしょうか?耐熱で耐グロー・・わかりません。
 

Re: TORPEDO45

 投稿者:F2ABCD  投稿日:2021年 5月 7日(金)12時37分21秒
返信・引用 編集済
  > No.2682[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

> 古い人間が、
> 古い曲を聴きながら、
> 古いエンジンを眺めています。
> HOTな情景ですね!
> 緑のHeadが美しいので、我が物にしてしまいました。
> 何方か?このエンジンのこと教えてください。


お酒のおつまみに、この画像はいかがでしょうか?

 K&B TORPEDO 45 Green Head 実に興味深いエンジンですね、RCとUCの歴史にその名を刻んだエンジン。我が家にも55年以上前に友達からの貰い物のもう動かないK&B TORPEDO 35 Green Head が有ります。プレゼントしてくれた友達のことを思い出しました。 エンジンのロマンを感じます。

History of Model Engines | Model Aviation

The history of F3A world championships



 

色付ヘッドとベンチ

 投稿者:BSA500  投稿日:2021年 5月 7日(金)06時32分15秒
返信・引用
  マッコイ35です、詳しい事分かりません'_';、このエンジンは比較的簡単にキャブやマフラーが付けやすい感じですね。 ベンチで件で2人の方コメント有り難うございます、これ可動部は殆んどガタや転がり抵抗が無く、引っ張り荷重も0.02グラムしかないので、タイヤの抵抗がある飛行機等の地上に置いての測定より精度は良いようです  

Re: テストベンチ

 投稿者:KAMITO  投稿日:2021年 5月 6日(木)23時53分9秒
返信・引用
  > No.2681[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。

 エンジンの引っ張り荷重を測れるベンチ作ってみました、これでエンジンに合ったプロペラや同型エンジンとの比較測定が出来そうです

・・・これは便利かも・・。それにしてもゴツイもん作ったなあ、というかすごい!!
 簡単な静止推力測定法として、機体の尾部と「杭」をひもで結び、間にばねばかりを入れる手がありまして、私はミニ電動機でよくやっていました。下が滑らかでないとうまくいかず、屋内でやりましたが、エンジン機だとアスファルト舗装みたいなところでないとうまくいかないかもしれませんね。低速機にはやっぱり静止推力がものを言いますよね。
 

Re: テストベンチ

 投稿者:高取  投稿日:2021年 5月 6日(木)23時35分43秒
返信・引用
  > No.2681[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。

> スライドレール?と690円で買ったデジタル秤で、エンジンの引っ張り荷重を測れるベンチ作ってみました、これでエンジンに合ったプロペラや同型エンジンとの比較測定が出来そうです、ただラジアルマウントしか付けれないので改造の余地ありと、測定値は他のデーターとは比較できませんけど。


>回転計での測定でなく、実際の引っ張りが分かるのがいいですね。ベンチテストで回転計の数値が大きい(よく回っている)のを競争している方がおられましたが。浅いぺらで一万回回っているのがいいとか・・・このベンチでは、エンジンの特性を、回転だけでなく引っ張りでわかるので、燃料とペラの組み合わせなどわかりやすいですね。同じ銘柄の複数のエンジンの良し悪しも判りやすいですね。
 

Re: マッコイエンジン

 投稿者:高取  投稿日:2021年 5月 6日(木)22時11分27秒
返信・引用
  > No.2679[元記事へ]

山宮さんへのお返事です。

> エンジンテストしました。
> FS-40のキャブレターの口径はエンヤの19と同じ位なので、問題無さそうです。
> 空気の流量だけの時より、スロー、レスポンス共に良好で実用化できそうです。
> スカイライトを新調しようと考えてます。

>貴重なエンジンを何とかして実用にするために無い物は作る、そうゆうの私も大好きです。
調子もよさそうで何よりです。やはり回ってなんぼ、飛ばしてなんぼですよね。
 

TORPEDO45

 投稿者:kto  投稿日:2021年 5月 6日(木)20時29分54秒
返信・引用 編集済
  古い人間が、
古い曲を聴きながら、
古いエンジンを眺めています。
HOTな情景ですね!
緑のHeadが美しいので、我が物にしてしまいました。
何方か?このエンジンのこと教えてください。
 

テストベンチ

 投稿者:BSA500  投稿日:2021年 5月 6日(木)18時09分35秒
返信・引用
  スライドレール?と690円で買ったデジタル秤で、エンジンの引っ張り荷重を測れるベンチ作ってみました、これでエンジンに合ったプロペラや同型エンジンとの比較測定が出来そうです、ただラジアルマウントしか付けれないので改造の余地ありと、測定値は他のデーターとは比較できませんけど。  

Re: マッコイエンジン

 投稿者:KAMITO  投稿日:2021年 5月 4日(火)19時03分1秒
返信・引用
  > No.2679[元記事へ]

山宮さんへのお返事です。

> エンジンテストしました。
> FS-40のキャブレターの口径はエンヤの19と同じ位なので、問題無さそうです。
> 空気の流量だけの時より、スロー、レスポンス共に良好で実用化できそうです。
> スカイライトを新調しようと考えてます。

・・・良かったですね。やはり、空気の流量を絞るだけより効果的なんですね。
 私事ですが以前、OSPET099最終型(鉄フィンではなくなった奴で、TVは空気を絞るだけの簡易型)のスロットルをドラム内から噴射できるように改造したことがありました。結果は今一つで・・つまりあまり変わらなかったんです。おそらくドラム周辺の密閉度が低いのが原因ではないかと思っています。

マッコイエンジン付きスカイライトの飛行を楽しみにしています。
 

/131