新着順:584/1482 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

そういえば

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 4月11日(水)21時16分52秒
  通報 返信・引用
   以前のお題の「賞品」としてお渡しした「ピエロの図面」を活用してくださったY様に感謝いたします。上反角14度の低翼ラダー機の「飛び」はどうだったのでしょう?「良く飛びますよ」って話されていましたね。それを聞いて何か私もハッピーな気持ちになれました。

 ビータ号のZ様、いつも飛ばさせていただきありがとうございます。超綺麗な芸術品なので指が震えてしまうのですが、安定感あるマイルドな操縦性は圧巻でした。きっとリード無線機でもすばらしく良く飛んだのでしょう。(私はリードで飛ばしたことは無いのですがこのくらい滑らかな効きでないと綺麗に飛ばなかったのでしょうね)

 「美子(よしこ)ちゃん号」のY様。本当に作っちゃったんですね。前回、私が無責任なアドバイスをしたのがいけなかったかな?ここでちょっと解説するとこの機体は昔東京理工から出ていた09クラスのUコン練習機をそのまま拡大したものなのです。今までもUコン→ラジコンはいくつかありましたが、これはUコン機の中でもちょっと異色です。エルロンやエレベーターなどに「ドレスのフリルを模したような」装飾があるんです。その辺、カラーリングも含めて話題性充分でしたね。飛ばしてみたいです。

 アトラスクーペのK様。懐かしかったです。当時の私のはエンヤ19をつけていたので良く飛びましたが規定どおりの15エンジンではどうだったのでしょうね?私は1/4パイロン機が好きで何機かやりましたが、ノーマルクロスフロー15ではスタートがなかなか大変でした。O社のミスRJ(薄い完全対称翼)にOS-MAXⅢ15RCをのせた奴なんかは上昇してスピードに乗るまでまったく気が抜けませんでした。そこにいくとフラットボトムのデボネアチータは楽でした。アトラスクーペで思い出すのは主翼中央のカンザシがプラスチック成型品で、たしか「セメダインCで付けるように・・・」と指定されていたように覚えています。スパーに後退角が付いている関係でこうなったのですが、ちょっと心配でした。あと、ゴムロックというのもアイデアでしたね。こいつのおかげで破損をまのがれたことは何回もありました。

 
 
》記事一覧表示

新着順:584/1482 《前のページ | 次のページ》
/1482