新着順:385/1217 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

完成と途中

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 3月10日(土)14時55分47秒
  通報 返信・引用 編集済
  ダイナミック号はほぼ完成(後はウレタンとエンジン搭載)です。前回から「脚関係」を付けただけですが、ピアノ線の脚にバルサ板のフィレットをつけるのは結構面倒でした。オリジナルは「糸で縫いつける」ようですが、私は強力接着剤を使いました。どちらにしてもハードな着陸では取れそうです。

もう一枚の写真は前記の製作中の胴体です。サワイから出ていた「オールアメリカン・ジュナー」というUコン機です。当時こいつでスタントを練習した思い出の機体ですが、当時作ったのは縮小図面から適当に自作したものだったので性能的に?でした。今度はキット付属の原寸図から作っていますので。本来の性能が出るのではと思っています。Uコン機の製作では厚い主翼が入る「穴」を抜いた「脆弱な側板」に苦労しましたので、今回は印だけつけて「後で抜く」ことにしました。これで上面プランクが安心してできます。さらに、この機体はバルサを平面的に張ってから(3面張り)丸く削る方式なので製作はスムースです。元設計ハロルドデボルト、再設計(ほとんど新設計)竹林悟、短テールモーメントが特徴の小型スタント機です。
 
》記事一覧表示

新着順:385/1217 《前のページ | 次のページ》
/1217