新着順:50/2384 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: FS-60MK1のプラグ取り付け位置

 投稿者:高取  投稿日:2021年 1月11日(月)22時25分23秒
  通報 返信・引用
  > No.2439[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

> 佐藤 哲司さんへのお返事です。
>
> 良く解りました。
>
> 量産前のプロトタイプが、前傾の配置でしたので、量産初期のロットかと推測していました。
>
> カム室のバックプレートに、ドレンニップルが無いので、キャブから吹き返しているのでしょうか?キャブ周りが油まみれになります。
>
> >ENYAエンジンの4ストロークサイクルエンジンはというと、「高性能維持の為」と言う理由で、「リヤプッシュロッド」形式のままですね。
>
> 「リヤプッシュロッド」形式は、高性能なのですか?
>
> 初期型は、耐久性が無いとか?弱いとか?聞いていたので、そのための中期、後期への変更かと思っていましたが、「コストダウンのため」なんですね。


>まるで間違い探しのような話ですね。同じFS60の初期型でもさらに違うものがあるとは驚きですね。ただ後期に向けてコストダウンだけの変更とは思えません。
いきなり部品の金型をつくるにはリスクがあるわけなので、試作過程においては失敗を前提で削り出しで作ることはごく当たり前のことです。そののちさらに製品の性能、耐久を見直しながら進化していく感じでしょう。
なので、吹き返しの対策でブリーザーがもうけられたり、バルブ周りの見直し、スロー絞りがついたりしました。
なので初期型、中期型、後期型と移り変わりを楽しんでいただけたらと思います。
ちなみにY社の53エンジン初期型以降はクランクシャフトが太くなったりしました。ノッキング時の強度対策と聞きました。まあエンジンに限らず初期ロットには手を出すなとうちのクラブの大御所は言っています。


 
》記事一覧表示

新着順:50/2384 《前のページ | 次のページ》
/2384