新着順:91/1547 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: ニトロと圧縮比の関係

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 9月28日(金)20時27分5秒
  通報 返信・引用
  > No.1508[元記事へ]

のりちゃんさんへのお返事です。

HGK21SFの未始動エンジンと取説が手元にあります。
> HGK21は20のあとの製品でしょうが取説ではハイニトロ燃料OKと明示しています。
> (燃料はストレート燃料からニトロ系成分高含有燃料まで幅広く使用できますが特に20,000rpm以上の高速回転では燃料の潤滑性が低下しますのでヒマシ油系の良質な燃料を使用しますとオーバーヒートの防止やプラグの寿命に好結果が得られます。)

・・・HGK15R、Sは飛行機用、20、21は主にレーシングカーで使われたようです。車でストレート燃料と言うことはないので20、21はニトロ対応でしょう。15RはUコンスピード機用のリヤバルブ、パイプ用のエンジンでラジコンには使いづらく、対して15Sはクオーターパイロンにのせられると当時のRC技術に書いてあったような気がします。ただ、華々しい成績は残していないようです。テーパーが付いていないため、調整が難しかったのでしょうか?
私のパンサー20SにのせているHGK20にはMK9×4がつけてあったと思います。クロッツプレミアムグロー15%ニトロは他のクロッツより潤滑油が多く「スカタンエンジンが蘇る(スローも効く)燃料」と言われていました。ただし、べたべたですから上は伸びません。これで絞りきることなく(1万少しぐらい)で回してやると、負荷も軽くヒートせず普通に飛ばせました。ただし燃費は悪いです。もっと高回転で生きるエンジンなので本来の使い方ではないのでえらそうなことはいえませんが。15Sもあるのですがこちらはまだ回していません。たぶんもっと高回転を好むセッティングだと思いますので難しそうですね。
 話は違いますが、「不安定なエンジンの圧縮を下げて安定させる」は私もやります。ハイネス09にエンヤ09のヘッドをつけるとか、エンヤ08でプラグのワッシャーを2枚かませるなどです。割と最近回したシュニューレのフジ19も少し圧縮を下げたほうが安定しそうな感じでした。圧縮が高すぎるとパワーはとにかく「突然停止」などアクシデントが増えるように思います。
 
》記事一覧表示

新着順:91/1547 《前のページ | 次のページ》
/1547