teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:36/242 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

6月9日(土)高円寺『LIVE MUSIC JIROKICHI』Live

 投稿者:たく犬  投稿日:2012年 6月12日(火)07時55分6秒
  通報
  この日も、最高に素晴らしいLiveでした。

4月14日に『ザ・スイスギターズ』として初めて夢野カブさんを観てから、
これまで色々なバージョンのカブさんを観ることができました。
今回は、吉森信さんの柔らかく深みのある、“素敵なピアノの音に載せて”のLive。

高円寺『JIROKICHI』は外観も歴史を感じさせ素敵ですが、
室内空間も落ち着いていて、“雰囲気あるLive Bar”ですよね。
当然、演奏されるアーティストの曲調により、華やかにもなり、落ち着いたくつろげる場所となりますが―

今回、カブさんお奨め、『自由型ピヤノ弾き語り 鈴木亜紀』さんの演奏も
非常によく引き立っていたのではないでしょうか。
他との比較対象もないですし、素人なので詳しいことはわかりませんが、
演奏される方もこの「JIROKICHIの音響は心地良いのではないか?」と思ったりします。
なにしろ、客の立場からして“音が非常にクリアーに聴こえてくる”。

鈴木亜紀さんは「ピアノ弾き語り」ですが、さすが“自由型”。
タンゴのリズム(合ってる?)による曲も、唄。声。振り。すごかったー。

全曲通してとても良かった。素晴らしかったー。言葉でなんてうまく表現できませんが。
「今日もまた、素晴らしいものを“初めて”観て(聴いて)しまった。」
ほんの2か月前にカブさんを観て、「こんなスゴい人(アーティスト)がいるのか!」って、
思ったばかりなのに、先月のJIROKICHIでは『大王丸』や『大ブギーチャフ』を観て、
演奏スタイルは皆さんそれぞれだけど、ある“自由型”ということでは、「=普通じゃない」。
スゴすぎる。

僕、今、四十四歳でますが、知らなかったー、こんな世界があるなんて。
おかげで、すっかりLiveづいてしまい、普段仕事に明け暮れてはおりますが、
Liveの日程だけはなんとか調整して観に行かれているおかげで、
連日会社に泊まって仕事していても、がんばれます。ありがとうございます。

そして鈴木亜紀さんの後は、大好きなカブさんの登場。
超・ファン心理?一応ノーマル。ちゃんと結婚もしてます。僕。

カブさんの声は“生命(いのち)がある”って、思う。
これって、“魂(ソウル)”と同義語なのかな?

とにかく、妙な言い回しで失礼にならないか心配ではありますが、「何を唄っても素晴らしい」。
カブさんの曲も大好きですし、今回、ラストに演奏された唄は
仲井戸“chabo”麗一さんのだと仰ってました。
原曲、知りませんでしたがジーンとしました。
それでまた、ファン心理か、「カブさんカッコイイー」ってなる。

ピアノと唄とギター。元気なカブさん。落ち着いた雰囲気の吉森さん。
カブさんのぶっちゃけた感じのMC。いつもおもしろいですよね。テンション、常に高いし。
演奏中は特に、客席で聴いているこちらも体感温度が何度か上がっていると思いますが。
唄からピアノソロへ入ると、これが素晴らしくて、また一段と高揚します。

更にはアンコールで鈴木亜紀さんの曲(『クラゲの二人』というタイトルだと思われますが)を
吉森さんの柔らかな優しいピアノの音に載せて、
カブさんと亜希さんで唄われて、こちらもとても良い曲でした。
お二人それぞれの“声”。良かったー。素晴らしかった。気持ち良かった。

ピアノと唄。なかなか聴く機会がないので、普段はBandのLiveばかりを観ていますが、
ホントに良いですよね。それもカブさんの声で唄が聴けて。

8月には吉祥寺『BLACK and BLUE』に出演されるということで、嬉しいです。
ですが、それまでは東京の予定がないのか・・・さみしいです。
また次回、カブさんを観れるのを心より楽しみにしています。
 
 
》記事一覧表示

新着順:36/242 《前のページ | 次のページ》
/242