teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


お待ちいたしていま~す!

 投稿者:コールヴァンヴェール  投稿日:2003年 6月14日(土)13時28分39秒
  本格的な梅雨の季節になりました
でも こんな季節があるから木々の緑や
あじさいたちがしっとりと輝き和やかな
気分にしてくれるんですね!
 皆さん!お元気ですか?
コール・ヴァンヴェールです
17年の時が流れ9回目になるラヴリーコンサート
を 今年は柏市のアミュゼ柏クリスタルホールにて
開催する運びとなりました
 ステージは いつも伴奏をしてくださっている
佐藤美喜先生の素敵な独奏「リスト」の「ダンテを読んで」(必聴!)
 そして わたしたちの祈りをテーマにした数々の曲を♪
そこに何か やさしさや愛をお伝えできるように・・・と今練習に
励んでおります
 7/17(木)pm:7:00~
何かとお忙しい事と思いますが是非お聴きくださいますようご案内致します!
柏駅からそごう側に降りて徒歩やく7~8分のところです
 どうぞ!よろしくお願い致します!

         コール・ヴァンヴェール一同

 
 

おや,日付が・・・

 投稿者:宮本  投稿日:2003年 6月14日(土)10時26分4秒
  ↓コールヴァンベールのコンサートは・・・

7月17日(木曜日)
pm7:00 開演 (pm6:30開場)
常磐線柏駅下車、徒歩6~7分、アミュゼ柏 クリスタルホール

コール・ヴァンヴェール
  女声合唱組曲  「二度とない人生だから」・・鈴木憲夫作曲   
  女声合唱組曲  「空とぶうさぎ」・・難病・身障者詩集より・・朗読 吉田詩織
  祈りの歌      「だまって」・・朝岡真木子作曲     
             「神は仰せになる」(「イザヤの予言」より)・・高田三郎作曲      
佐藤 美喜
   ピアノ独奏    「ダンテを読んで」・・リスト作曲


行きます,必ず・・・・・。

http://members.jcom.home.ne.jp/vertvent/concert.html

 

U・Boj

 投稿者:ぼんぼん  投稿日:2003年 6月 8日(日)11時18分20秒
  突然おじゃまいたします。20ん年前混声で歌いました。その頃は青刷りの楽譜で今はもう読めませんけど・・  

ウ・ボイ

 投稿者:Schwatch  投稿日:2003年 6月 7日(土)22時15分25秒
  Yahooでカタカナで検索してみたら、なんと!少し違った情報も含めて245件!!
この情報を、友人Vlarzkにメールしてみようと思います。
もっとびっくりするだろうな。
シュワッチ!
 

U boj に行きましょうAby Kitさん!

 投稿者:Schwatch  投稿日:2003年 6月 7日(土)19時08分0秒
  Aby Kitさん、ありがとうございました。
無聊を託つ暇もなく木曜日の朝には帰ってきました。

そのオペラのCDを友人からもらってきており、確かに最後のコーラスはU bojです。
しかし、U Bojという店まであるのは驚きですね。シンガポールのクロアチア人もびっくりするでしょう。是非一度連れて行ってください。
シュワッチ!
 

U Boj ! 談義

 投稿者:BT  投稿日:2003年 6月 7日(土)12時31分33秒
 
そんなことがあったんですか。驚きました。
ところで、竜混の掲示板にU Boj Story のサイトが紹介されていましたので。

 http://www.kg-glee.gr.jp/uboj/



 

U Boj ! 談義

 投稿者:Aby Kit  投稿日:2003年 6月 7日(土)08時15分10秒
  女声陣には「ご退屈様」ですが、南洋で一人孤独を囲っている(いないか?) Schwatch ちゃんの無聊を慰めるために一信。

①「1566年(永禄9年)8月20日、ウイーン攻略を目指すトルコ軍3万人に包囲されたクロアチアの Siget城では半月余りの抗戦の後、精鋭を選んで決死隊を結成、トルコ軍に斬り込みをかけ、全員戦死。しかしこの間にウイーンからの援軍が到着しクロアチアはトルコの侵略を免れた」と僕が持っている楽譜にはあります。この史実をオペラにしたんですよね、確か。英訳とほぼ同一内容の逐語訳も手許にあります。いやー、やはり「音楽は国境を越える」ですね。シンガポールで1篇の歌を通じて交流が深まるなんて、これぞ歌の醍醐味ですね。

②第1回 JORDAN会合同演奏会(1995年)に相良文明指揮でこれを約200人で歌ったんですよね。
発音が解りにくかったので、伝手を頼ってクロアチア大使館に侵入、居合わせた美女を一室に閉じ込め歌詞を音読させ録音、皆に配ったという懐かしい思い出があります。相良先生、覚えておられますか?この縁で同大使館のクリスマス・パーティーにも呼ばれ、無謀にも男声クワルテットで「U Boj !」を披露、やんやの喝采を浴びた・・・・筈だけど?最早忘却の彼方なり。

③Schwatch さん、銀座(といっても新橋寄りの8丁目だけど)に、その名もずばり「ウ・ボイ」っていうバーがあるの。「一体どんな所だろう?何でこんな名を?」ってずっと気になっていたので、或る日、酔った勢いで思い切ってドアを開けたら・・・、ナ、ナント、「U Boj !」の古色蒼然たる楽譜が額に入れて飾ってあるではないか!Schwatch さん、興味あるでしょう。覗いて見たいでしょう。今度ご案内しますよ。美女多数!但し僕の分も入っているお財布を持ってきて下さいね。ではバイバイ。
 

U Boj!

 投稿者:Schwatch  投稿日:2003年 6月 5日(木)11時24分28秒
  シンガポールの友人がクロアチア語から英語に訳してくれました。
プロローグ
----but before we all die off let's brothers all hug up each with others---
ここから合唱
”U boj u boj"
In battle in battle let's go now take off the swards from the holders.
let enemy learns how we are dying----

Opera の作曲は Ivan pl. Zajc(1832-1914)
Opera の題名は "Nikola Subic Zriuski"
このオペラが書かれたのは1876年。
以上第一報です。



 

もちろん!!

 投稿者:Schwatch  投稿日:2003年 6月 4日(水)00時49分46秒
  当然ながら、「賛歌」の楽譜はいつでも持っています。
さっきまで、mpで歌っていました。
グランドハイアットは所謂5スターホテルですが、防音はいまいちです。
そのため、ffでは歌えません。
シュワッチ!!
 

RE U Boi !

 投稿者:Bunbun  投稿日:2003年 6月 3日(火)16時17分17秒
  へーっ?
そうだったの?
昨日の、飯守先生の合わせにいないなあ!と、思ってたら、シンガポールにいたんだね。
貴重な情報をありがとう!
今、JORDAN会の来年のコンサートの全員合唱として、ちょうど、練習してるところだったんですよ.楽しそうな歌だけど、どこか、悲痛な感じがするのは、そういう歌だったからだね。
さっそく、今度の練習の時に、皆に、伝えようと思うよ.
昨日の飯守先生は、かなり、本気で本番を見据えた練習でした.テンポについていけなくって、合唱団は、少々、慌てましたよ。早く、もっと、歌いこんで、飯守先生の指揮に食らい付いていきたいですよ.楽譜にかじりつかないで・・・ね!シンガポールにも、「賛歌」の楽譜、持っていってますか?
 

レンタル掲示板
/15