投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    


エアロ35のマフラー

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 4月22日(日)15時50分55秒
返信・引用
  マフラーやキャブは自作しないといけないんでしょうね。最近、自分はサブマフラーを作ろうとしていて、アルミ鋳物に挑戦中です。基本的にロストワックスで鋳造しようとしていますがまだ鋳造条件がうまく設定できずに失敗続きです。昔コックスの051のマフラーでは成功しました。
レーザースキャンして削り出しするか。直接型を取ってロストワックス法で作れれば良いですね。NCで削り出すのは全部工場に頼むことになると思いますがロストワックスはある程度自分でできるかもしれません。
原型はワックスで作れなくてもアクリルのように温度を上げれば溶かせるレジンで作れば鋳造は可能です。アクリルやスチロール樹脂で形を作ってエンジンに接する面はプラリペアを盛って象りをします。これでかなり高精度な原型ができます。
鋳型は砂型では精密鋳造にならないので、石英埋没材かクリストバライト埋没材で作ります。
これは歯科材料なので近くの技工所などに相談してください。
原型を埋没材に埋めたら6~700度で1~2時間、電気炉で焼くと型が使える状態になります。
型の温度を何度にするかは研究中ですがたぶん500度前後です。
あとは鋳造ですが重力式にするか遠心鋳造か水蒸気で圧迫鋳造といったところが現実的でしょう。
自分で原型を作って歯科技工所に相談でなんとかなるかもしれません。
エンヤの06のマフラーの様に両側から挟んでネジで締め付けるぐらいしか思いつきませんが、ロー付けと機械加工では精度のいいものは自分ちが工場でないと厳しいでしょう。精密鋳造は割といいものができます。
材料は割れたマフラーやクランクケースなどをバーナーであぶれば溶かせますが、大きい塊ばバーナーでは溶かせません。
自分は歯医者なので鋳造の知識がある程度あるのでこんなことを思いつきました精密鋳造をすると後加工はほとんど必要ありません。可能性の一つとして書いてみました。まとまりのない文になってしまいましたが、興味があったら質問してください。
 

Re: エアロ35の機体

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 4月22日(日)01時18分31秒
返信・引用
  > No.959[元記事へ]

安藤@花巻さんへのお返事です。
 エンジンのレポートは下記にあります。構造の解説もありますね。
>  頭のhを削除しています。
>
>  ttp://sceptreflight.net/Model%20Engine%20Tests/Aero%2035%20(1).html
>  ttp://sceptreflight.net/Model%20Engine%20Tests/Aero%2035%20(2).html
>  ttp://sceptreflight.net/Model%20Engine%20Tests/Aero%2035%20(3).html

(1)を見ました。トップフライトの10×6を10000回転、同9×6を11000回転回すのですね。思ったより回りますね。また、仕組みもよくわかりました。無理すると変なところが磨耗しそうですが大丈夫かな。
 ここにUSAの競技会に出たもののアップがでていますね。この写真だけではよくわかりませんが、フリーフライト機、またはモーターグライダーのパイロンのように見えます。燃料のカットオフ装置が付いているようにも見えます。スロットルとかマフラーの取り付けは考えていないようなのでそれらをつけるのは大変だろうなあ。
 

Re: エアロ35の機体

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 4月21日(土)19時12分31秒
返信・引用
  > No.959[元記事へ]

安藤@花巻さんへのお返事です。

> そうなんです、エンジンの事はネット等でイッパイ出てきますが、どんな機体で飛ばしたか全く出てきません。
 

Re: エアロ35の機体

 投稿者:安藤@花巻  投稿日:2018年 4月21日(土)17時01分42秒
返信・引用 編集済
  BSA500さんへのお返事です。

> この2ストエンジン、話のネタになるので、エンヤや京都KMAで回してます、皆さんの1番の興味は中身の機構ですネ。

⇒本でしか見たことのないエンジンが実際に回るところが見られるというのは貴重なイベントです。
 本来、スリムな液冷エンジンのスケール機等に搭載するため開発したのでしょうが、
 カウルで隠してはもったいないですよね。どんな機体に載るのか楽しみにしています。

 エンジンのレポートは下記にあります。構造の解説もありますね。
 頭のhを削除しています。

 ttp://sceptreflight.net/Model%20Engine%20Tests/Aero%2035%20(1).html
 ttp://sceptreflight.net/Model%20Engine%20Tests/Aero%2035%20(2).html
 ttp://sceptreflight.net/Model%20Engine%20Tests/Aero%2035%20(3).html
 

Re: エアロ35の機体

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 4月20日(金)19時47分46秒
返信・引用
  > No.956[元記事へ]

ktoさんへのお返事です。

> Aero35、何時ぞやのミーティングで、回していた奴ですね!。
> このエンジンは、2STなのでしょうか?結構、騒いでいましたね。

この2ストエンジン、話のネタになるので、エンヤや京都KMAで回してます、皆さんの1番の興味は中身の機構ですネ。
 

Re: エアロ35と似たようなRCV120

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 4月20日(金)19時43分26秒
返信・引用
  > No.955[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。
> ところでエアロ35のマフラーってどうするんですか。

これも問題で両面排気で取り付けフランジ部?もなし、キャブも何とか付けないと・・・・飛ぶ以前の問題から進めないとダメですネ、機体は飛ばすだけなら胴体前を切って詰めた、練習機なんかに付ければ飛ばせます。
 

Re: エアロ35の機体

 投稿者:kto  投稿日:2018年 4月20日(金)18時53分43秒
返信・引用
  > No.952[元記事へ]

Aero35、何時ぞやのミーティングで、回していた奴ですね!。
このエンジンは、2STなのでしょうか?結構、騒いでいましたね。
 

エアロ35と似たようなRCV120

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 4月20日(金)10時29分18秒
返信・引用
  友人がRCV120でフォッケウルフ190を飛ばしていました。4キロ超えのその機体は飛ぶのがやっとで宙返りさえダイブしないと出来ませんでした。現在はサイトーの125に積み替えて快調に飛んでいます。エアロ35と似たような外見のエンジンですがバルブやギアなどのロスがかなり大きいようです。実質80程度のパワーしかなさそうです。回転も2分の1なのでプロペラの選択も難しいです。エアロ35は変なクランクで回転の方向を変えていたと思いますが、パワーロスが見込まれるので相当機体を軽くしないとしんどいでしょう。
ところでエアロ35のマフラーってどうするんですか。写真でしか見たことのない幻のエンジンなので大変興味があります。飛行の成功を祈っています。
 

Re: エアロ35の機体

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 4月18日(水)21時05分6秒
返信・引用
  > No.952[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。

> エアロ35を空に上げたいのですが、海外等で実際に飛ばしてる機体の写真なんか有りませんか?探してもエンジンは出てきますが、機体が全く探せません。愛知の小木

小木様、本当に色々お持ちですね!!小木様もご存知のようにパワーは当時の同排気量に比べて20%OFFだそうですね。ということは当時の28クラスのパワーでしょうか。それとかなり重さがありそうなので機首は短いほうが良さそうですね。(エンジンの取り付けマウントはどうなっているのでしょうかね)貴重なエンジンですからパワーを絞り出さないと飛ばない機体はやめておきたいので・・私なら25エンジンぐらいで楽々飛ぶような(それも3車輪式の)機体を選びます。そんな機体はそちらにありませんか?その主翼を利用して機首の短い胴体を自作されるのが早いと思います。まあ、私のヨシオカサンデー改と同じですね。

たぶん、皆様飛ばさず(火も入れず)に眺めていらっしゃるのだと思われます。私の記憶違いかもしれませんが以前Uコン機に付けて飛ばしていた方がいたように思います。
 

Re: エアロ35の機体

 投稿者:ウエダクラブ  投稿日:2018年 4月18日(水)20時48分53秒
返信・引用
  > No.952[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。

> エアロ35を空に上げたいのですが、海外等で実際に飛ばしてる機体の写真なんか有りませんか?探してもエンジンは出てきますが、機体が全く探せません。

HINESSの44ツインやmockも同じです。飛ばしたなんて聞いたことがないようなエンジンを飛ばすのが、エンヤエンジン・ファンクラブです。いや、ハイネスエンジン・ファンクラブかな。
 

エアロ35の機体

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 4月18日(水)19時30分50秒
返信・引用
  エアロ35を空に上げたいのですが、海外等で実際に飛ばしてる機体の写真なんか有りませんか?探してもエンジンは出てきますが、機体が全く探せません。愛知の小木  

佐藤さん、お返事ありがとうございます。

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 4月18日(水)14時44分32秒
返信・引用
  佐藤さんお返事ありがとうございます。40のミノーの図面があるので15用のサイズで再設計してみようと思います。
エンヤ45-Ⅱの機体の設計が始まった所で間に合うか微妙な感じです。還暦記念で欄間みたいに松竹梅の彫刻を入れるか日本的な組み木細工構造で作るか検討中です。その次に15の機体となると、まにあうかな。
今回、初参加で、3機同時飛行でしたが自分の飛行機のエンジン音が全く聞き取れませんでした。ラダー、エンコンの2チャンネルでの操縦はかなり難しかったです。次回は排気系をノーマルにしての参加を検討してみます。またお会いできるのを楽しみにしています。
 

Re: OSの15

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年 4月18日(水)04時53分39秒
返信・引用
  根岸さんへのお返事です。

> 純レーサーでなければOKでしょうか。

 結論から先に申し上げると、「レーシング飛行でなければ」問題ありません。

 実際に、尾島で25パイロンをやっていますし、スケールパイロンもやっております。私としては、「これらは使用規約の違反であるはずなのに、一体どうした事か」ですね。
 他人の事はさておき、ファンミーティングとして考えた場合、オールドタイマー機も同時飛行する可能性を考えると、速度差のある飛行は危険です。そしてこれだけの人数が集まった場合、今まで見えなかった問題が、そろそろ見えてくる頃ではないかと考えています。規則を「明確」にするのは良いと思いますが、「詳細」にすると厄介なことが多くなりますので、私としては「他で参加している機体やエンジンに合わせた飛行」をお願いするにとどめています。過のミーティングにさんかされたアトラスクーペには、ENYAの11CXが載っていましたが、違和感の無い飛行でありました。
 

OSの15

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 4月17日(火)18時31分18秒
返信・引用
  OS15のⅣ型になると思うのですが(普通のクランクケースにスリーブが入っているやつです)これで昔のF1のセミスケールの機体を作ろうと計画中ですがファンミーティングの規定に合っているでしょうか。10~13%程度の厚の主翼で1000gぐらいの機体ならたいしてスピードは出ないと思います。確か、パイロン飛行はダメだったようなので。
ミノーとかリトルトニーとか懐かしい気がします。またはボンゾとかケイサットあたりでアクロ仕様に作っても面白いかと。
純レーサーでなければOKでしょうか。
 

Re: そういえば

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 4月12日(木)02時08分29秒
返信・引用
  > No.947[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

当時の15パイロンはやはり今以上に早かったんでしょうか。

・・・あの、私は飛ばしてはいましたが競技に参加していたわけではないので良くわかりません。確かクラス分けがされていまして、

・国産無改造で純正スロットル、マフラー付き、きちんとスローが効くこと・・エンヤ15Ⅲ、MAXⅢ15など

・国産改造OK・・・・チューンした上記エンジンなどスローは効かなくて良い

・無制限級・・・・ST、ロッシ、コスミックなど純レーシングエンジン、もちろんスロットルなし、チューンドパイプもOK

だったような記憶がありますが定かではありません。
私が飛ばせたのはノーマル国産15の奴なので19クラスのスタント機より少し速いぐらいでしたよ。
今のパイロン機がどんなレギュレーションになっているのか知りませんので比べることもできません。ただ、機体そのものは速度を抑制するようになったのではないでしょうか?

ただ当時の無制限級は相当速かったとは思います。飛んでるのをみたことは無いけど・・・。


 

Re: そういえば

 投稿者:高取  投稿日:2018年 4月12日(木)00時20分46秒
返信・引用
  > No.946[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

>
> 15クラスのパイロンもされていたんですね。当時学生の私ですが、腕のことは棚に上げて、MKのスタント機、パイロン機のリトルトニーんでもってロッシー15など、あこがれの的でした。当然買えるわけなく終わりましたが。近年、Kファクトリーの15パイロン機を飛ばしました、がそこそこ早いとは思いますが、当時の15パイロンはやはり今以上に早かったんでしょうか。ちなみに、社会人になってから、パイロンのエンジンは手に入れましたが、それだけで満足してしまいました。(笑)
 

そういえば

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 4月11日(水)21時16分52秒
返信・引用
   以前のお題の「賞品」としてお渡しした「ピエロの図面」を活用してくださったY様に感謝いたします。上反角14度の低翼ラダー機の「飛び」はどうだったのでしょう?「良く飛びますよ」って話されていましたね。それを聞いて何か私もハッピーな気持ちになれました。

 ビータ号のZ様、いつも飛ばさせていただきありがとうございます。超綺麗な芸術品なので指が震えてしまうのですが、安定感あるマイルドな操縦性は圧巻でした。きっとリード無線機でもすばらしく良く飛んだのでしょう。(私はリードで飛ばしたことは無いのですがこのくらい滑らかな効きでないと綺麗に飛ばなかったのでしょうね)

 「美子(よしこ)ちゃん号」のY様。本当に作っちゃったんですね。前回、私が無責任なアドバイスをしたのがいけなかったかな?ここでちょっと解説するとこの機体は昔東京理工から出ていた09クラスのUコン練習機をそのまま拡大したものなのです。今までもUコン→ラジコンはいくつかありましたが、これはUコン機の中でもちょっと異色です。エルロンやエレベーターなどに「ドレスのフリルを模したような」装飾があるんです。その辺、カラーリングも含めて話題性充分でしたね。飛ばしてみたいです。

 アトラスクーペのK様。懐かしかったです。当時の私のはエンヤ19をつけていたので良く飛びましたが規定どおりの15エンジンではどうだったのでしょうね?私は1/4パイロン機が好きで何機かやりましたが、ノーマルクロスフロー15ではスタートがなかなか大変でした。O社のミスRJ(薄い完全対称翼)にOS-MAXⅢ15RCをのせた奴なんかは上昇してスピードに乗るまでまったく気が抜けませんでした。そこにいくとフラットボトムのデボネアチータは楽でした。アトラスクーペで思い出すのは主翼中央のカンザシがプラスチック成型品で、たしか「セメダインCで付けるように・・・」と指定されていたように覚えています。スパーに後退角が付いている関係でこうなったのですが、ちょっと心配でした。あと、ゴムロックというのもアイデアでしたね。こいつのおかげで破損をまのがれたことは何回もありました。

 
 

Re: 今日の京都

 投稿者:kto  投稿日:2018年 4月10日(火)20時27分22秒
返信・引用 編集済
  > No.940[元記事へ]

> 1枚目大昔のエンヤの塩谷良郎氏設計をベースの機体、

懐かしいです。当時、小学生でした。
そのころは、朝霞の駐屯地で良く飛行会が行われていて、自転車で見に行きました。
 

初参加を振り返って

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 4月10日(火)16時25分1秒
返信・引用
  ファンミーティングに初参加して2週間経ち頭が冷えてきたところで振り返るとただ見学したのとは違うものがありました。皆さんのマナーの良さや古いものの使いこなし。ちょっとした所の技術力などです。どこのクラブでも嫌な奴がいるものですが、今回そんな人はいなかったみたいです。
けっこうしつこく質問したりしましたがとてもよく教えてくれました。
自分の飛行を振り返ると低騒音化の対策をした自分の飛行機は同時飛行ではまったく音が聞こえず慣らしが途中の19の飛行機ではエンストがわかりませんでした。
秋までにはエンジンが仕上がっていると思います。
自分が当面の課題としているからというだけではないのですがお題を静かな飛行機にしたらどうでしょうか。エンジンの排気音だけでなく機体の共鳴音、プロペラの音、風切り音など研究課題はいっぱいあります。騒音問題(自分のクラブではない)がきっかけで飛行場閉鎖に追い込まれた身としては切実な問題です。ラジコンの世界が縮小してきているのを実感している今日この頃です。ドープの件なども一連の流れの中でのできごとです。
バルサを手に入れることも難しくなっています。なんとか飛行機で遊べる世の中であってほしいものです。
 

Re: 今日の京都

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 4月 9日(月)13時59分46秒
返信・引用 編集済
  > No.942[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

>
> >
> >天候に恵まれて、よかったですね。風の具合はどんなでしたか。私は、クラブの総会とかち合い参加できませんでした。写真の機体のオーナーわかります、お元気で何よりです。5月に豊岡でBSA500さんはじめ、皆さんとお会いできたらと思います。


風が強風で飛行機がホバーリングや後ずさりして凧状態、でも墜落大破なしでした、豊岡は・・・遠い
 

/54