投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    


Re: ジャックレーサー

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 1月29日(月)21時30分18秒
返信・引用
  > No.804[元記事へ]

中村俊幸さんへのお返事です。

・・中村様、お元気ですか。ジャックレーサーを作られているのは私ではないですよ。私は本当に小型機オンリーだったんです。まあ、それはそれとして写真のジャックレーサー(フライトジャック?)は中村さんの愛機でしょうか?何か機首が(オリジナルより)シャープなような気がしますが気のせいかな。

削り出しの飛行機は、作り手の味わいが出せるので、 同じキットから作っても別の飛行機に見えるとことろが魅力ですね。

・・・たしかにそうですね。軽く角をとって良しとする方もいらっしゃいますが、私の場合削りすぎて「穴」をあけてしまうことがよくありました。機首なんかどうしてもスピンナーに合わせたくてやっちまうんですね。最終的にはかっこよく仕上がる(本人にとって)んですが、エンコンのリンケージがタイトで苦労しました。
 

Re: ジャックレーサー

 投稿者:中村俊幸  投稿日:2018年 1月29日(月)17時09分16秒
返信・引用
  > No.790[元記事へ]

上戸さん、こんにちは、ご無沙汰してます。
バルサブロックですが、10mm材ならば、結構入手しよいですね。
それを積層材にしてブロックにします。
ブック削り出しの飛行機は、作り手の味わいが出せるので、
同じキットから作っても別の飛行機に見えるとことろが魅力ですね。
接着剤は、セメダインCがいいと思います。
楽しみにしてます。


kamitoさんへのお返事です。

> 生田の飛行機といえば私の場合、高翼フェニックスモーターグライダーですね。親切な先輩が自由に飛ばさせてくれました。良く飛びましたけどグライダーの飛びではなかったように覚えています。スカイカンガルーのほうがまだ滞空したような・・・。あと、フライングタイガーは飛ばしている方を見たことがあります。電波実験社カタログの初めのほうにいつも大量に写真があったので印象的でした。キットを作ったことのある先輩によると「バルサブロックを大量に使う」そうでそれなりに製作は大変だったとのことですが、ジャックレーサーはどうだったのでしょうか?
 

お誘い有難うございます

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 1月29日(月)10時21分5秒
返信・引用
  ミーティングには前々から出たいと思っていたのですが、午前中まで仕事をしているのでなかなか都合がつきません。ここ数回は午後から見学に行っていました。面白いことをしているなあということで、自分も通学生の時のエンジンをジャンク箱から出してきた次第です。47~8年たったエンジンが普通に始動したときは結構な感動でした。
直前までエントリーできるかどうかは分かりませんが、頑張ってみます。
高取さんよりサブマフラーのご提案がありましたが実は作ってみようかと思って金属製のマジックを探したもですがプラしかなくてこれは断念。いっそのこと家でキャストしてみようかと、知り合いの工場からアルミ鋳物の削りカスを貰ってきた所です。ロストワックスで水蒸気を使った圧迫鋳造をすれば大きなものではないのでたぶんできるはずです。コックスの051のマフラーなら作ったことがあるのですが今回は大きいのでワンピースで作ると中子を取り出すのが結構めんどくさいのでどうしようかと、ここ半年ばかり悩んでいるところです。
 

Re: 有難うございます

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年 1月27日(土)19時22分9秒
返信・引用
  > No.801[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

> 佐藤さんアドバイス有難うございます。

 この掲示板は、古いエンジンを現代の技術で、好調に使う方々の為のものですから、こう言った試みも充分に歓迎ですね。

> 燃費がとても悪くて燃料が熱を持って行ってくれる能力の裏面になるかと思います。

 ご存知でしょうが、ニトロメタンや潤滑油は、エンジンの作動に関わる熱量は、ほとんどありません。アルコールの熱量だけと思っても、外れとは言えない範疇ですね。従って、エンジンが動作するために必要なアルコールを供給するのですが、同時に供給されるニトロメタン(添加剤)と潤滑油も多いので、結果として燃費は悪くなります。
 この時は、エンジンの摺動部(ピストンとシリンダーなど、こすれ合う部分です)の摩耗も軽減されていると思われます。摩擦抵抗が減り、ニトロメタンによって低い運転温度にもなりますので、エンジンに異常が見られないのかもしれません。しかし、負荷は大きなはずですので、このままのバランスで作動し続ければ良いですね。圧縮比を少し下げたかな?

> それからAPCの10x3は9x4とくらべてもそんなに負荷が大きくないので一本持っていると調整の幅が広がります。

 重い割りに、回転抵抗の少ないプロペラですよね。

> それからその2スカイホビーのエンヤ45-2tv買っちゃいました。キャブをばらしてみたらGキャブでした。

 3月31日のエントリー、お待ちしています。
 

有難うございます

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 1月27日(土)09時45分41秒
返信・引用
  佐藤さんアドバイス有難うございます。クイッキー09を買ったときとにかくオイルのいっぱいはいった燃料をちょうだい。といって買ってきたのがナサの燃料でニトロ30%オイル30%入っています。今までに経験がないほど運転温度が低いようで初期の慣らしをふくめてヘッドをしっかり触れることができる燃料です。半面として燃費がとても悪くて燃料が熱を持って行ってくれる能力の裏面になるかと思います。現在100フライトを超えていますがピストントップや側面の色は正常でコンプに問題はありません。09に9x4を付けるのはエンジン殺しみたいなものですが少なくとも1年は持っています。圧縮比とキャブはいじっているのでノーマルとは言えませんが。
19BBでも同じ手が使えるかなということです。新品のエンジンなのでしばらくは9x4でもややつらいかなと思っています。昔のエンジンって材質も違うかもしれないしどうなんだろう、楽しみにしているところです。
それからAPCの10x3は9x4とくらべてもそんなに負荷が大きくないので一本持っていると調整の幅が広がります。あんまり模型屋さんに売っていることはないレア物ですが。
この手の話は大好きなのでまたお願いします。
それからその2スカイホビーのエンヤ45-2tv買っちゃいました。キャブをばらしてみたらGキャブでした。
 

Re: 有難うございます

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年 1月27日(土)00時28分58秒
返信・引用
  根岸さんへのお返事です。

> 10インチはグローでは厳しいかもしれませんがなんとかやってみます。

 絶対と言う訳ではありませんが、エンジンは排気量を目安にして、使用できるプロペラがほぼ決定します。出力に見合う負荷と言う事なのですが、具体的にはENYAの19に10インチもの直径のプロペラを使用すると、その回転抵抗から全回転域でエンジンに対して高負荷となりまして。その上「回らないなら、低速で使えば良いだろう」って理屈でスロットルの中速以下で使用したら燃料の供給不足が発生し、結果的にオーバーヒートと潤滑不足でエンジンは寿命を終えるなんてことになります。
 プロペラの負荷って、回転面積やピッチによるものが主となります。だから「大径プロペラも軽量なら良いだろう」ってことでもありません。模型用エンジンには基本的に、「低負荷のプロペラを、多めの燃料で充分な潤滑と冷却を行って回す」ことが、好調・長寿命で使用するこつになります。

 騒音の低減目的で、回転数を下げて使用すると言うのは理屈に合っていますが、何事も極端な用法は、エンジンのためにならない事が多いです。
 

Re: 有難うございます

 投稿者:高取  投稿日:2018年 1月27日(土)00時01分38秒
返信・引用
  > No.798[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

> お返事有難うございます。大変参考になりました。最近は騒音を小さくする、をテーマに取り組んでいるので.

>ペラの選定もですが、燃料の選定も視野にされるといいかもしれません。ピークパワーではなく、あまめでトルクを出し、大径、強ピッチのペラを回す、設定にされるといいかもしれません。さらにマフラーもサブマフラーなどで、対処されると完璧かと。
 

有難うございます

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 1月26日(金)18時26分38秒
返信・引用
  お返事有難うございます。大変参考になりました。最近は騒音を小さくする、をテーマに取り組んでいるので19BBでも低回転化をしてみようと思っています。クイッキー09に9x4を付けて9000回転出しています。ヨクチョウ1300mm800gのラダー機が軽快に飛んでいます。2匹目のドジョウを狙ってのことです。いろいろいじくらないと10インチはグローでは厳しいかもしれませんがなんとかやってみます。  

Re: エンヤ19-6BBについて

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 1月25日(木)21時16分54秒
返信・引用 編集済
  > No.795[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

19-5TVではスロットル半分で簡単に離陸します。そんなにパワーを絞り出す必要はありません。

・・・・根岸様、お答えにならないかもしれませんが・・・

塩谷さんから「プレーンベアリングの普通の19とBBの出力差はキャブレター口径の差だけである」との話を聞いた覚えがあります。つまり「BBは普通の19と同じペラを少し高速で回すことができる」ということではないでしょうか?私の場合、もっぱらラジコンでは9×4を使っています。これだとかなりぶんまわりますが、必要あるとき以外は絞れば良いかなと思っています。
ただ、私の使っているペラはMKグラスとか昔のカバンなど幅が広い奴ですので、APCなどではもう少し負荷のかかる数字でも良いかもしれませんが、使ったことが無いのでわかりません。おおむね高取様が書かれているので問題ないと思われます。ご参考になれば幸いです。
ちなみにご存知だとは思いますが、5型と6型は基本的に同じエンジンと考えてOKです。
 

Re: エンヤ19-6BBについて

 投稿者:高取  投稿日:2018年 1月25日(木)19時16分27秒
返信・引用
  > No.795[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

> エンヤ19-6BBを最近手に入れたのですが取説がないので、最高出力とか適合ペラがわかりません。
>
>こんばんは。取説によりますと、最高出力0.4HP、適合ペラ8~9X6~4となっております。
ご参考に。
 

エンヤ19-6BBについて

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 1月25日(木)16時11分34秒
返信・引用
  エンヤ19-6BBを最近手に入れたのですが取説がないので、最高出力とか適合ペラがわかりません。回してみた感じでは10x3APCはOK
ことによると10x4もあり。
普通に使うには9x4~5ぐらい
1万回転以下で静かに使いたいのでできるだけ大きなペラを回したいです。どれくらいが限度でしょうか。使う機体は翼面積24d㎡、1000gの昔風スタント機です。19-5TVではスロットル半分で簡単に離陸します。そんなにパワーを絞り出す必要はありません。
 

Re: ジャックレーサー

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 1月22日(月)17時24分57秒
返信・引用
  > No.793[元記事へ]

佐藤 哲司さん他の皆様へのお返事です。

機首はすべてブロックで整形ですね。製作技術によって出来が変わってしまうのでしょうね。昔のマニアは、皆さんきれいに作っておられましたけど。

・・・まあ、ここの皆さん方なら綺麗に作られるとは思いますけど、それは別として、これも先輩から聞いた話ですが、昔の大型エンジンは振動もすごくてやわいマウントだと持たないので、その製作に気を使ったものだそうですが、そういう視点でみるとこのジャックレーサーはどうなのでしょうか。ブロックで強固に固めてあるともいえるし、ビームマウントではないので大丈夫なのかなとも思えるし、まあ、OKだったのでしょうね。私は小型機専門なのでわかりませんが。接着にすべてがかかっている?

90度傾倒では、マフラーが胴体に当たるからだそうです。

・・・やっぱりそうですか。下手するとノーズギアにも干渉しそうですね。スラストつけるとなると頭だ痛くなりそうだなあ。

主尾翼とエンジンの取り付け角が0度なんです。「エンジン全開飛行」のなごりでしょうね。

・・・サイドも0度ですよね。UP、DOWNが0度はわかるんですが、サイドスラストの理論ってどうもよくわかりません。昔はエンジンの回転トルク対策といわれていたけど、その後上昇するときの左右のペラのピッチの向かい角が違うからとか、プロペラ後流中の胴体の上下表面積(特に巣直尾翼か)の違いとかいろいろ言われていましたが今はどうなっているのかな?
私としては「プロペラ後流中の胴体の上下表面積の違い」というのがなんとなく納得できるんですけどね。そうしないと背面飛行したときの挙動が逆になりそうなんで・・・。そういえば、そこに注目したデボネアラプチャーとかマックレガー(出た!!)なんて機体もありましたっけ。そうするとこいのぼりみたいな上下対称な胴体ならいいということかなあ?双発にして互いに逆回転させても良さそうですね。
 

Re: ジャックレーサー

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年 1月21日(日)21時48分11秒
返信・引用
  > No.792[元記事へ]

kamitoさんたちへのお返事です。

> ・・・機首はすべてブロックで整形ですね。贅沢なつくりですね。

 ですから、製作技術によって出来が変わってしまうのでしょうね。昔のマニアは、皆さんきれいに作っておられましたけど。

> ・・・この微妙な傾け方はなにか意味があるのでしょうか。マフラー関係でしょうか?とにかくこのままの構造で作るのは確かに手がかかりそうですね。

 90度傾倒では、マフラーが胴体に当たるからだそうです。マフラーの逃げを加工すると機首に穴が空く場合があるし、様々な社外品のパワーアップマフラーが発売され、キットの構造が全てのパワーアップマフラーの寸法に対応できないって判断されたのでしょうね。

 ちなみにこの機体、たしか主尾翼とエンジンの取り付け角が0度なんです。「エンジン全開飛行」のなごりでしょうね。
 

Re: ジャックレーサー

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 1月21日(日)20時30分47秒
返信・引用
  > No.791[元記事へ]

タカベーさんへのお返事です。

こんばんは

図面を見ると、バルサブロックを削り出して、ノーズ部分を作るようです。
・・・機首はすべてブロックで整形ですね。贅沢なつくりですね。

> 私は、コピーして製作し始めているのですが、
> なかなかバルサブロックが手に入らず、またエンジンマウントの斜め加工等出来ないので、OS FS-52S用ラジアルマウントをENYA45Ⅱ用に取付け穴を開け直し使用し、ノーズ部分を作りたいと思っています。

・・・この微妙な傾け方はなにか意味があるのでしょうか。マフラー関係でしょうか?とにかくこのままの構造で作るのは確かに手がかかりそうですね。
 

Re: ジャックレーサー

 投稿者:タカベー  投稿日:2018年 1月21日(日)18時14分9秒
返信・引用
  kamitoさんへのお返事です。

kamitoさん、こんばんは。

>キットを作ったことのある先輩によると「バルサブロックを大量に使う」そうでそれなりに製作は大変だったとのことですが、ジャックレーサーはどうだったのでしょうか?

図面を見ると、バルサブロックを削り出して、ノーズ部分を作るようです。
私は、コピーして製作し始めているのですが、
なかなかバルサブロックが手に入らず、またエンジンマウントの斜め加工等出来ないので、OS FS-52S用ラジアルマウントをENYA45Ⅱ用に取付け穴を開け直し使用し、ノーズ部分を作りたいと思っています。


 

ジャックレーサー

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 1月20日(土)20時19分25秒
返信・引用
  生田の飛行機といえば私の場合、高翼フェニックスモーターグライダーですね。親切な先輩が自由に飛ばさせてくれました。良く飛びましたけどグライダーの飛びではなかったように覚えています。スカイカンガルーのほうがまだ滞空したような・・・。あと、フライングタイガーは飛ばしている方を見たことがあります。電波実験社カタログの初めのほうにいつも大量に写真があったので印象的でした。キットを作ったことのある先輩によると「バルサブロックを大量に使う」そうでそれなりに製作は大変だったとのことですが、ジャックレーサーはどうだったのでしょうか?  

Re: クロスフローが昔の値段で出ています

 投稿者:タカベー  投稿日:2018年 1月16日(火)23時40分53秒
返信・引用
  ぱぷ朗さんへのお返事です。

> 小生も大宮出身です。

私は、埼玉県の北部、加須市の出身です。
会社が大宮にあったので、結婚を期に大宮に住んでいました。
アート模型は、電動カーのパーツを買いに行っていた位でした。
飛行機は、T無線で購入していました。

東町の三誠堂が15%OFFだったので、以後はずっとこちらで買っています。

三誠堂は、行ったことがありませんでした。

現在は、「らき☆すた」で有名になったK市に
住んでいます。

> 生田のジャックレーサー、懐かしいですね。

中学卒業後、ポンコツ号を飛ばしていた頃、当時のクラブの上手い人が飛ばしていて、いつかは手に入れたいと思っていました。手に入れた頃は、操縦が下手で、キットのまま数十年保管
していました。
キットをコピーして製作し始めたところです。

私の最初のエンジンは、ENYA19V- TV
送信機は、中古で購入したFutaba FP-4B
機体は、ポンコツ号ジローでした。

当クラブの他の人は、大型エンジン搭載機が多いですが、私は、15~4st52クラスの飛行機を楽しんでいます。
来月、還暦になります。

私自身の話になって申し訳ありません。





 

Re: クロスフローが昔の値段で出ています

 投稿者:ぱぷ朗  投稿日:2018年 1月16日(火)20時40分19秒
返信・引用 編集済
  > No.787[元記事へ]

タカベーさんへのお返事です。
タカベーさん、こんにちは。お返事遅れて申し訳ございません。

> 埼玉県の利根川でRCを楽しんでいる者です。

飛行再開したらお世話になるかもしれません、その節はよろしくお願いします。

> ENYA45Ⅱ の件ですが、入荷した経緯を教えたくて、返信しました。
>
タカベーさんが発注された、スカイホビーのwebページを閲覧して発見しました。タカベーさんの注文がなければ、入手できなかったでしょう。ありがとうございます。

> 私が大宮に住んでいた頃、今は無きアート模型で手に入れたジャックレーサーを最近になって、製作しようと思い、クラブのK氏に、エンジンの相談をしたところ、ENYAの会に参加出来るから、ENYAのエンジンにしなよ、

小生も大宮出身です。アート模型は1960年代の小学生時代に入り浸っていました。ただ、そこで購入したのはENYA049(リードバルブ)と、同19Ⅴ、キットは東京模型のフリー「クインビー」、三ツ星の「ビクトりーC」、メカは日の出のR-400とオリエントのミニトップ3PNだけで、良いお客ではありませんでした。東町の三誠堂が15%OFFだったので、以後はずっとこちらで買っています。三誠堂は2年前に行ったところ文具店として残っていました。在庫の幅広バルサとエサキシルクを買い占めました。仕入れはしていないとのことでしたが、若干のキットが在庫でありました。

> Sホビーの社長によると、2回注文して、
> 合計10台入荷したとのことでした。

のこり3台でしたから、オールドファンがネットで見つけて買っていったのかもしれません。

生田のジャックレーサー、懐かしいですね。生田無線が大宮の治水橋に飛行場を持っていた頃、自転車で見学に行ったことがあります。モーターグライダーの「フェニックス」や、スケール機のエアロスバルが飛んでいました。小学生だった小生の心を捉えた中年紳士(社長さん風)のOSの1スティックの尾輪式45エンジンのオリジナル低翼機を鮮明に覚えています。とても美しく飛ばして綺麗な三点着陸の後、ゆっくりとタキシングしてピットに停止させたのを見て、いつか1スティックをやろうと心に決めたものの、結局入手できずに2スティックでプロポに入ってしましました。最近の入手したトイのドローンがモード2しかなく、1スティック方式はもう飛ばせないことを思い知りました。


 

Re: クロスフローが昔の値段で出ています

 投稿者:タカベー  投稿日:2018年 1月14日(日)20時21分34秒
返信・引用
  ぱぷ朗さんへのお返事です。

ぱぷ郎さん、こんばんは。
埼玉県の利根川でRCを楽しんでいる者です。
ENYA45Ⅱ の件ですが、入荷した経緯を教えたくて、返信しました。

私が大宮に住んでいた頃、今は無きアート模型で手に入れたジャックレーサーを最近になって、製作しようと思い、クラブのK氏に、エンジンの相談をしたところ、ENYAの会に参加出来るから、ENYAのエンジンにしなよ、と
言われました。
Sホビーに行き、ENYAの40~45クラスの、
エンジンを注文したところ、塩谷製作所に
連絡してくれ、すぐ入荷できるエンジンは何か
と聞いたら、45Ⅱでした。
昨年の、11月10日に購入しました。
その後、K氏のテストベンチを借り、ブレークインしました。
Sホビーの社長によると、2回注文して、
合計10台入荷したとのことでした。




 

Re: クロスフローが昔の値段で出ています

 投稿者:ぱぷ朗  投稿日:2018年 1月13日(土)20時12分30秒
返信・引用
  > No.785[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

kamitoさん、こんにちは。

> ・・・ムサシノのリトルホークですよね。それは上向けて手を離すとそのまま上がっていくんでしょうね。私もブルーエンゼルの20にエンヤ35Ⅲをのせたらそうなりました。でっかい宙返りが気持ちよかったです。重心あわせのためメカをすごく後ろの方につみました。

ええ、館林先生の設計の中では異端に近いスタント機です。ただ、中高生の頃はキットより自作の方がずっと安上がりだったので、ラジ技’70年2月号の図面から作りました。当初はOS25で飛ばしていたんですが、せっかく45があるのだから・・・と載せてしまいました。空野ヒコキチさんのような垂直手放しはしませんでしたが、ランニング・エイトならぬランニング・トラフィックパターン(離陸直後からエルロン切りっぱなしにして、エレベーターの上下タイミングで上昇や旋回をして、進入させる)はやってました。学生にしても無謀なことをしたものです。

> ・・・さて、機体は何になさいますか?選ぶのも楽しみですね。

トーラスの図面があるので、スパーと前縁プランクをOK模型風に変更して作ってみたいと思っています。
子供の頃は高嶺の花だったOSのリード10chを入手できたので、RFモジュールを組み合わせて再生することを企んでいます(修理用の互換電子パーツの入手が問題ですが)。もっとも、機械的ミキシングでプロポのバックアップを用意しないと、操縦技能的に飛ばせないですね。リードの操縦経験は全く無いです。
 

/46