投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


HGK45

 投稿者:高取  投稿日:2017年 9月17日(日)22時56分5秒
返信・引用
  エンジンを載せ替えています。この機体、OS46SFに合わせてあったエンジンマウントでした。ノギスで測ったら、約1ミリ違っていました、HGKのほうを、やすりで取り付け穴を広げて取りつきました。今度のKMAの大会に間に合うかな?  

Re: またまた塗装の怪

 投稿者:高取  投稿日:2017年 9月17日(日)21時59分25秒
返信・引用
  > No.631[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

>エンジン模型の塗装は、むつかしいですよね。一般の、車両、建築塗装は、使用するメーカーのマニュアルをもとに使用すれば、ほぼ間違いないのですが。さらに、多くは簡単な一色塗装ですよね。模型の場合は多色で、軽く(塗膜を薄くつけて)しかも燃料に侵されないようにとゆう、過酷な条件ですからねぇ。


 

またまた塗装の怪

 投稿者:kamito  投稿日:2017年 9月15日(金)18時59分33秒
返信・引用
  ハリケーンの「ダークアース(茶色)」部分にだけ亀裂が入ってきました。たまらないなあ。まあ、違うメーカーのラッカーを重ねているから文句は言えないけど、同じタミヤカラーの「アルミシルバー」や「ダークグリーン」のところは何でもないんですよ。フィルムもそうだけどラッカーも色によって特性が違うんだなあ・・・。ちなみにこのダークアースという色は英軍初期の指定色でもう一機のスピットMK8の頃には使われていないんです。だからスピットMK8の方は大丈夫でした。スケール機でなければ使い慣れた塗料が使えるからこんなこともないんですが・・まあいいか。  

ウレタン吹き

 投稿者:kamito  投稿日:2017年 9月13日(水)21時32分50秒
返信・引用 編集済
  手間を省くためにイサム塗料の缶スプレーで行いました。以前使ったとき燃料に対する耐久性がTHCより弱いように感じたのですが、塗り方(塗膜の厚さ)の問題だったのかもしれません。今回は1本のウレタンスプレーをハリケーンとスピットの2機のUコン機に余裕を持って吹きました。塗膜もかなり厚くなったと思います。以前攪拌が足りなかったのか硬化が不十分なことがありました(もう一度上から吹きなおした)ので、今回は充分に攪拌してから試し吹きをして硬化を確かめてから本塗装を行いました。ラジコン機と違い、すべて組みあがった状態ですから「脚」も付いています。これが結構便利でして裏面を吹いてから脚を持ってすぐに側面も吹き、下に置いて(脚があるのでOK)上面を吹いてから乾かすことができました。あとは完全に乾いてからエンジンを載せ、リンケージ(エレベーターだけですから簡単です)すれば完成です。重心はあうかなあ?  

キャノピーと排気管

 投稿者:kamito  投稿日:2017年 9月12日(火)00時22分44秒
返信・引用
  こうなりました。出来は良くないけど自己満足ですね。後はウレタン吹いて完成です。  

Re: KMA大会に

 投稿者:kamito  投稿日:2017年 9月11日(月)23時32分19秒
返信・引用
  > No.627[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

> 先日迷い込んできた、フジエンジンですが、固着をほどき、塩谷さんの新品キャブを取り付け、回したところとても良い感じで、スローからの立ち上がりも問題ありませんでした。

・・・快調でよかったですね。キャブのことは実は私も良くはわかりません。エンヤさんの09用新品なら、キャブ自体の原因はないでしょうから、あとはエア漏れなく取り付ければOKで、それでもダメならエンジン本体の問題なのでしょうね。オリジナル(キャブ)尊重もわかりますがエンジンはやっぱり「回って飛んでなんぼ」という面もありますから実用するならそれが最良でしょう。
私は09クラスが好きなのでいろんなエンジンに「エンヤ09用スロットルバルブ」をつけましたけど、ウエダ09やフジ099メナスコ(キャブを加工しました)でも快調でした。ただハイネス09はいまひとつで、これは吸入経路に問題があるように思いました。
 

KMA大会に

 投稿者:高取  投稿日:2017年 9月11日(月)20時57分8秒
返信・引用
  先日迷い込んできた、フジエンジンですが、固着をほどき、塩谷さんの新品キャブを取り付け、回したところとても良い感じで、スローからの立ち上がりも問題ありませんでした。早速スカイビームのエンジンを載せ替えました。おろしたエンジンですが、パワーは十分あるのですが、中速からスローがいまいちで、扱いにくかったです。ひょっとしてキャブが悪いのかもと、新品のキャブをつけてみました。  

Re: 参加希望

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2017年 9月11日(月)20時27分30秒
返信・引用
  > No.623[元記事へ]

水戸の杉さんへのお返事です。

> 水戸より 川崎 八巻 杉本 参加希望です。

 了解いたしました。って言っても、まだ一覧表は作っていませんけど。
 

ハリケーンあと一歩

 投稿者:kamito  投稿日:2017年 9月 9日(土)23時33分18秒
返信・引用
  結局、キャノピーはキットの前の部分だけ使い、後半部を自作して作り直しました。えらそうなことを書いている割に、出来は良くありません。でも型から抜くには時間もなくこれでとりあえず飛行します。排気管もヒノキ材から作りました。大雑把な仕上がりですが(ダイムラーベンツ風のエキゾーストより)多少はましです。そして今日、脚を付けて気付きました。実機のスケールより10ミリ長いので地上姿勢が変です。でもとりあえずこれも良しとします。取り外しができる部品なのであとで何とかするかもしれませんが、もう勘弁してほしいです。なまじスケール感があると色々気になってしまいますね。完成したら写真をのせます。  

Re: ここまでできました

 投稿者:高取  投稿日:2017年 9月 7日(木)22時16分22秒
返信・引用
  > No.622[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> ホーカーハリケーンはここまでできました。
>
>素敵に仕上がりましたね。出来がいいほど細部にこだわりたくなりますよね。
最近猛暑が和らぎ、涼しくなりました。そろそろ活動シーズンですネ
 

参加希望

 投稿者:水戸の杉  投稿日:2017年 9月 7日(木)10時14分10秒
返信・引用
  水戸より 川崎 八巻 杉本 参加希望です。
詳細事項は後で送ります。
(参加機体を作ってる最中・・・・)
 

ここまでできました

 投稿者:kamito  投稿日:2017年 9月 6日(水)20時28分29秒
返信・引用
  ホーカーハリケーンはここまでできました。後は小物とウレタン吹きです。このキットにはエンビ成型のキャノピー、パイロット、排気管なども入っているのでそれらも取り付けます。まあ助かりますが問題もあります。パイロットはまあいいとして、排気管の場合ハリケーンのマーリンエンジンではまとめて左右に3本ずつ出すのですが、キットのものは6本ずつです。キャノピーは全体の形としてはまあ許せます。S氏は不細工だとおっしゃいましたが実物もこんなものです。ただ、窓枠の傾斜が違うんですね。ハリケーンは上部が後ろに傾くのですがキットのものは傾斜なしでしっかり凸処理されているんです。それがなければこちらで書き込めば済むことなんですが困ったものです。どうしたものかなあ?ここはとても目立つところなので・・。  

参加の受理

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2017年 9月 6日(水)04時29分44秒
返信・引用
  浅野さま

 お申し込み、どうもありがとうございます。参加を受理いたします。
 

10月15日ファンミューティング

 投稿者:浅野孝男  投稿日:2017年 9月 4日(月)19時50分53秒
返信・引用
  今回またお世話になります、皆様の新作機体楽しみにしております?  

参加希望

 投稿者:浅野孝男  投稿日:2017年 9月 4日(月)12時26分19秒
返信・引用
  オープンロッカー4サイクルエンジンお題、     機体     ソニックMK2 プロポJR2.4エンジンエンヤ35-4C            

トーラス修理完了

 投稿者:kamito  投稿日:2017年 9月 2日(土)21時15分49秒
返信・引用 編集済
  塗装が痛んでいた「トーラス100」のボンネット部分の修理が完了しました。はずしたボンネットを洗浄、サンディングしてから塗装したのですが・・・ラッカーの上にウレタンを塗ってあるので残ったウレタン膜の下にしみこんだ新しいラッカーが古いラッカーを溶かすのか不愉快な「ちりめん模様」が現れます。それは以前に経験済なのでサンディング後まず水性クリヤーラッカーを吹いてからやりましたが結果はうまくありません。仕方ないのでラッカーを厚塗りした後800番でサンディングして「ちりめん」を消し、プルファーとして「エポキシ接着剤」を指で塗りつけました。結果はご覧のとおりでそれほど見苦しくはありません。言わなければわからないと思います。そして「耐燃料性」は抜群?かな。これは裏技を通り越して「反則技」でしょうね。
 

塗装です

 投稿者:kamito  投稿日:2017年 9月 2日(土)20時51分52秒
返信・引用
  牛歩のように進行していたUコン「ホーカーハリケーン」もやっと迷彩塗装にまでこぎつけることができました。「ダークアース」で上面をすべて塗り「ダークグリーン」のダンダラを入れます。ご存知の方も多いと思いますが、この模様にはきちんとしたパターンが定められていたため再現が面倒です。スプレー吹き付けの場合、マスキングしなければなりませんが、普通のマスキングテープを使うと結構手間がかかります。前作の「スピットファイヤー」ではてこずりました。それで今回使った手は写真2枚目の粘着シートです。百均ショップで売っている「すりガラス風シート」ですがラッカーに侵されず、粘着力も適当に弱く、はさみで自由にカットできるので曲線も楽です。使い方としては裏紙は周囲だけはがして張ると下の塗料に優しいと思います。  

現在の申し込み

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2017年 8月17日(木)20時35分1秒
返信・引用 編集済
   横浜の三塚さん、町田市の竹谷さん、WFCの内田さん、長野の関森さん、埼玉の高木さんの5人です。  

ご案内、発送について。

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2017年 8月17日(木)02時16分11秒
返信・引用
   秋のファンミーティングの案内を発送いたしましたが、以下の皆様にはこちらからメールが届きません。ご確認ください。

練馬の加藤さん、花巻の安藤さん、神奈川の大友さん。以上3名です。
 

Re: 補修です

 投稿者:kamito  投稿日:2017年 8月15日(火)23時00分36秒
返信・引用
  > No.613[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

、しばらくすると、柔らかい塗膜の上に硬い塗膜の兼ね合いで、硬い塗膜が、ひび割れ(目視できません)ひび割れからニトロ成分が入り込み、ふやけ、ちりめん、などが出てきます。下塗りからウレタンでされた方が後々トラブルが出にくいですよ。
・・・まったくそのとおりですね。せっかく綺麗に仕上げたものが崩れていくのはたまりません。下塗りからウレタンというと木目消し、絹張りなどもウレタンでするのですか?2液混合なのでとても大変そうで今までやったことがないです。バルサ生地完成からの具体的な方法を知りたいです。

 そんなことを言ってる私は、変態ですね。
・・・もともと飛行機はそういうものだと思っています。数年前に当時物の「ロイヤルグレース」を飛ばさせてもらったときにも同様に感じました。良い飛行機はパワーが少なくともスムースに飛ぶように思います。
 

/36