投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    


Uコン機作ってます

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 2月13日(火)23時53分49秒
返信・引用 編集済
  飛ばせないので作ってばかりの私ですが、今はこれやってます。といってもラジコンではないのでわからないでしょうね。町田製作所の「ダイナミック号」といいます。50年以上前の設計だと思います。スパン78センチ、全長54センチあります。エンジンは15~19が指定されていますが、いまなら09で充分だと思われます。図面からの自作ですが少し直してあります。
・ラダーオフセットを0度に(エンジンサイドスラストはつけますよ)リードアウトワイヤーを重心位置付近まで前進
・ベルクランクを主翼に内装、位置も前進(ベルクランクも自作しました)
・プロフィル胴を10ミリむくバルサから中空構造にして強度の適正化と軽量化
・主翼位置を前進させてノーズヘビーにならないようにしたなどです。
こうして書くとオリジナルとずいぶん違うようですが、言われなければ気にならないと思いますよ。生地完成しましたが、ここから仕上げるのがまた一苦労です。簡単な曲技ぐらいはできるとうれしいのですが。
 

ご連絡!!

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年 2月13日(火)23時41分13秒
返信・引用
  以下の方々へのメールが届いていない様です。どなたかミーティングの連絡をお願いいたします。

生出さん、加藤浩さん、大友さん、戸来さん。以上の4名です。
 

Re: ヒマシ油系燃料は

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 2月13日(火)21時34分26秒
返信・引用
  > No.836[元記事へ]

ぱぷ朗さんへのお返事です。

日の丸スペシャルで数タンク甘めで廻して即飛ばしたところ、ヤケるエンジンになって(停止後にいやーな臭いが立ちのぼる)しまいました。

・・・この燃料には私もいやな思い出があります。オーバーヒート→ブラックヘッド→スカタンのコースですな

店頭で一番の低ニトロと言うものの15%くらいの合成潤滑油系でした。ヒマシ油系はあったのか、無かったのかわかりません。

・・・今は普通に買える低ニトロ燃料は15%くらいの合成潤滑油系だと思います。

みなさんはエンジンの慣らしにどんな燃料を使っていますか?

・・・実は私もひまし油系にこだわってボート用の燃料を使ったことがありましたが、うまくなかったです。ひまし油がというより飛行機にむかないのですね。で結局クロッツ15%に落ち着きました。ただ、15%ニトロだとウレタンかけないと溶けますよね。なので個人的には10%未満のものが欲しいところです。クロッツにはニトロ無しのストレート燃料があるので、半々で混ぜると7.5%になるわけでやってみたいのですが、18リットルでないと手に入らないのかなあ?わたしゃ小型エンジン専門だから使い切れないです。



 

シングルプロポの謎

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 2月13日(火)21時19分19秒
返信・引用
  シングルプロポのエンコンは、左のボタンを押すことで操舵用のパルスを切って(変調が消える)動作していたと思います。エンコンボタンを押すと一瞬変調音が途切れてエンコンサーボが回転しました。デコーダ専用ICの無かった当時では、簡単な回路で製作することができたのだと思います。

・・・なるほど、つまり基本はプロポーショナル1ch分の回路でできていて、その信号をON-OFFすることでエンジンコントロールをやるわけなんですね。うーん老獪な奴だなあ。それなら2ch分の回路より確かに簡単ですね。巧妙なアイデアに感心しました。ただ、ということはエンコン操作をしているときラダーは操作できませんよね。もっと言うと当時のプロポーショナルサーボって無信号だと「振り切れ」ませんでしたっけ?どうなんでしょう。
 

Re: 用語の変遷

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年 2月13日(火)20時53分40秒
返信・引用
  > No.839[元記事へ]

Ktoさんたちへのお返事です。

> デジタルのクロックを通すには、アナログの3倍のクロックが必要なので、当時としては、技術的に無理でアナログから始めたようですね!

 中山会長の説明そのままで正解なのですが・・・・・

 つまり、「デジタルプロポーショナルシステム」って、特に初期(1970年代)のやつに対し、私は「商品名」と考えています。
 「プロポーショナルコントロールシステム」とは「比例制御装置」ですね。「デジタル」は、道路の白線(信号が「ある」か「無い」かだけのデーター表示方式)ですので、例えばスティックの角度が1度までは、そこから発生する白線は1単位で、2度動くと2単位って考えれば良いと思います。本来のプロポーショナルシステムは、スティックの動きに応じて電波の振幅か周波数を変更して、スティックの動きに比例した滑らかな(連続した)動きをアクチュエーター(サーボモーター等)に伝えます。従って、本来の「デジタル動作」とは、アクチュエーターに入る白線の長さか数(パルス信号)ですので、その分だけづつしか動きません。つまり、動作はぎこち無くなりますね。
 問題は、「一体、どこがデジタル!?」って事ですが、FMであれAMであれ、この手の周波数変調方式を使用している限り、電波は完全なアナログです。デジタル信号をアナログ電波に載せ、受信機側でデジタル信号に直し、アクチュエーターに伝えます。だから、本来のデジタル通信は、最近の2.4Ghzの伝送形式でしか実現できません。PCMでも、同じ「アナログ伝送方式」です。
 真面目に考えると、「送信機=プロポ」は間違いですし、「FMとかPCMの高級送信機=デジタル伝送方式」も間違いです。「ある部分」のみの表現でしかありません。でも、大きな問題が無ければ構わないと思います。趣味ですからね。出来れば理屈を理解した上で(知った上で)「本当は間違いだけど、送信機はプロポって呼ぶぞ。懐かしいからな」とか、「PCM方式の送信機は、一部だけどデジタル送信機だ!これでも、当時の先端技術だったんだ!!」って表現した方が良いと思います。
 

Re: 用語の変遷

 投稿者:ぱぷ朗  投稿日:2018年 2月13日(火)20時45分23秒
返信・引用
  > No.831[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

資料でてきました。
AP-4のテスト中のスナップ(1965/3ラジ技)、広告(1966/10ラジ技裏表紙)。
 

Re: シングル送信機

 投稿者:中山@群馬  投稿日:2018年 2月13日(火)19時43分32秒
返信・引用
  > No.832[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

> ミーティングでの使用はどうなのでしょうか。
> モジュールは規格品で検定を受けたものです。シールはもちろん貼ってあります。

日本国内は総務省の技適認証が、また尾島の飛行場ではラジコン安全協会の認定シールが必要です。
また、多数の集まる飛行会等では安全第一を旨として頂き、送受信機とも無改造で現行の認定品をお勧めいたします。
ちなみに私も地元の飛行場でシングルボタン打ち(2.4Gモジュール)で数回飛ばしましたが、一度は場外着陸でした。また人数の少ないときに全員に飛行を確認して頂きながらの飛行に限っていました。
 

Re: 用語の変遷

 投稿者:Kto  投稿日:2018年 2月13日(火)19時34分11秒
返信・引用
  > No.837[元記事へ]

中山@群馬さんへのお返事です。

> Ktoさんへのお返事です。
>
> > > アナログなので、正弦波の信号が出ていて、
> > ↑↑↑これ、正しいかな?自信無し
> >
> あるシングルプロポは、ある周波数の信号(正弦波ですな)が出ている時間と出ていない時間の比率を利用して(ギャロッピングゴースト方式と同じ)サーボの位置を送っていました。

間違ってなかったようですね!、デジタルは、矩形波でモニターで拾うと断続的な信号音ですね。
厳密にいえば、矩形波も正弦波になってしまうのでしょうが・・・
デジタルのクロックを通すには、アナログの3倍のクロックが必要なので、当時としては、技術的に無理でアナログから始めたようですね!
 

Re: シングル送信機

 投稿者:高取  投稿日:2018年 2月13日(火)19時12分36秒
返信・引用
  > No.832[元記事へ]

根岸さんへのお返事です。

> 大会、飛行会において、自作の送信機の使用は、万一の場合のため何らかの対策をされたうえで、主催者の了解を受けたうえでの使用がいいのではないでしょうか。私も、根岸様同様に、シングル送信機を持っていますが、大会においては、単体での使用は、地上でのみ、飛行時はトレーナーコードでメーカー送信機につないで対策をしております。実際の飛行においては主催者のご判断でやらせていただいてます。
 

Re: 用語の変遷

 投稿者:中山@群馬  投稿日:2018年 2月13日(火)18時57分48秒
返信・引用
  > No.835[元記事へ]

Ktoさんへのお返事です。

> > アナログなので、正弦波の信号が出ていて、
> ↑↑↑これ、正しいかな?自信無し
>
あるシングルプロポは、ある周波数の信号(正弦波ですな)が出ている時間と出ていない時間の比率を利用して(ギャロッピングゴースト方式と同じ)サーボの位置を送っていました。
アナログプロポは信号が出ている時間を1チャンネル目、出ていない時間を2チャンネル目として送り、
ある周波数を2つ使って2チャンネル×2つの周波数=4チャンネルだったように記憶します。
アナログプロポは黎明期ですので他にも複数の方式があったとも聞いていました。
デジタルプロポは、道路のセンターラインで例えると白線の長さで舵の位置を決め1本目が1チャンネル・2本目が2チャンネルと続き、必要なチャンネル数が終わったら白線がなくなり、
しばらく白線がなくて、次の白線が始まったらまた1チャンネル目と認識します。
この白線の長さがそのままサーボへの信号となり、信号そのものはアナログ量ですが、各チャンネルに振り分ける回路が、デジタル回路を応用しているので、デジタルプロポと称しているようです。
PCM方式が出てからはデジタル信号の2進数を受信機内でサーボパルスの幅に変換してサーボに送っていますね。
 

ヒマシ油系燃料は

 投稿者:ぱぷ朗  投稿日:2018年 2月13日(火)17時57分49秒
返信・引用
  エンジン板に無線関係の書き込みばかりして申し訳ありません。反省がてらエンジン関係のお知恵をお借りしたく。

せっかく入手した45Ⅱなので、じっくり仕上げようと思っています。40年ちょっと前、45BBを「リング入りだから慣らしは少なくて済むだろう」と勝手に決めつけ、日の丸スペシャルで数タンク甘めで廻して即飛ばしたところ、ヤケるエンジンになって(停止後にいやーな臭いが立ちのぼる)しまいました。
#5のプラグでもヤケるので、#6をつけてなんとか使っていました。

BBの徹は踏むまいと、今度は慎重に仕上げるつもりです。

ところがラジコンのブランクが長すぎるため、どんな燃料が市販されているのか良くわかりません。去年求めたものは、店頭で一番の低ニトロと言うものの15%くらいの合成潤滑油系でした。ヒマシ油系はあったのか、無かったのかわかりません。

みなさんはエンジンの慣らしにどんな燃料を使っていますか?

ラジコン復活第2期の90年代初頭にOSのABCエンジンを勧められた模型屋のオヤジに、「ABCなんて慣らしが大変じゃん!」と言ったら笑われました。私の認識はその程度です。



 

Re: 用語の変遷

 投稿者:Kto  投稿日:2018年 2月13日(火)16時55分45秒
返信・引用
  > No.834[元記事へ]

> アナログなので、正弦波の信号が出ていて、
↑↑↑これ、正しいかな?自信無し


 

Re: 用語の変遷

 投稿者:Kto  投稿日:2018年 2月13日(火)16時45分11秒
返信・引用
  > No.831[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

>アナログ式のプロポというとどんな製品があったのでしょうか。日本製品でもあったのですか?やはりニュートラルなどは甘かったのでしょうか?

ヒノデから初期に発売された「トリプロ」と「シングルプロポ」がアナログでした。
「トリプロ」は、オープンのシングルスティックでエンコンにリード式のトリマブルを使っていました。
「シングルプロポ」は、その後発売され、形はそのままでエンコンだけボタン式になりました。
アナログなので、正弦波の信号が出ていて、モニターで拾うとピーと鳴っていました。
やたら、アンテナが長かったような記憶しています。
ニュートラルは、デジタルに比べれば甘かったのでしょうが、当時はそこまでは、あまり追及されなかったのではと思います。


 

Re: 用語の変遷

 投稿者:ぱぷ朗  投稿日:2018年 2月13日(火)15時53分24秒
返信・引用
  > No.831[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。


> ・アナログ式のプロポというとどんな製品があったのでしょうか。日本製品でもあったのですか?やはりニュートラルなどは甘かったのでしょうか?

確証は無いのですが、1965年のOSミニトロンAP-4(1スティック)がアナログだったような気がします。
他の日本のメーカー各社もアナログで試作を続けていたようですが、オービットのデジタル2スティック(モード1)発表以後は日本もデジタルが主流になったようです。

KOとチミトロンが1966年にデジタルを出しています。チミトロンは2スティックのほかに、リードマルチのキー配列そのままのプロポを出して、リードに馴染んだ人たちの取り込みをしています。

外国製アナログを使った人の体験談では、ニュートラルが甘かったり、他のチャンネルの動作が違うチャンネルの動作に影響したりすることがあったそうです。

> ・シングルプロポというの奴ですが、これは比例制御1chにボタン打ちシングルを付け加えたもので、普通ラダーを比例制御、エンジンコントロールに順序式シングルを使用していたのではないかと理解しています。理屈はわかりますが2つの方式を合体させるより、比例制御2chにしてしまった方が回路的にもすっきりしませんか?(私は電気はからっきしなのでわかりませんが)普通の2chより多少お安かったようにも思うのでコストダウンできたのかなあ?この変なハイブリッドにずっと疑問を抱いておりました。

シングルプロポのエンコンは、左のボタンを押すことで操舵用のパルスを切って(変調が消える)動作していたと思います。日の出のデジプロ・ミニしか変調音を聞いたことがありませんが、左右の操舵をすると、1CHだけの単調なパルス変調音(多チャンネルでは重畳してきこえるのに対して)の音程が高低するのみに聞こえ、エンコンボタンを押すと一瞬変調音が途切れてエンコンサーボが回転しました。デコーダ専用ICの無かった当時では、簡単な回路で製作することができたのだと思います。


 

シングル送信機

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 2月13日(火)14時46分52秒
返信・引用
  去年、メカニズムを自作されている方から基盤をわけてもらって、ボタン打ち兼プロポ送信機を作ったのですがミーティングでの使用はどうなのでしょうか。
モジュールは規格品で検定を受けたものです。シールはもちろん貼ってあります。
実際に使うには腕の問題がありますがルールとしてはどうでしょうか。
エンコンがうまく打てなくて飛行場のすぐそばまで来ますが場内に降りたことがありません。
******舵を打つとゆうのもシングル時代のなごりですね。いまだにいっていますが。
 

Re: 用語の変遷

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 2月13日(火)12時37分52秒
返信・引用
  > No.828[元記事へ]

皆様へのお返事です。

私が始めたころは、シングルとマルチ、エスケープとサーボ
> シングルプロポやアナログプロポが出てきてからシングルボタン打ち・リードマルチ・プロポの3種類
> デジタルプロポが出てアナログプロポやリードマルチが消えてからは、シングルボタン打ちとプロポ。

なるほどこういう流れになっていたんですね。皆様にお聞きしたいのですが・・・

・アナログ式のプロポというとどんな製品があったのでしょうか。日本製品でもあったのですか?やはりニュートラルなどは甘かったのでしょうか?

・シングルプロポというの奴ですが、これは比例制御1chにボタン打ちシングルを付け加えたもので、普通ラダーを比例制御、エンジンコントロールに順序式シングルを使用していたのではないかと理解しています。理屈はわかりますが2つの方式を合体させるより、比例制御2chにしてしまった方が回路的にもすっきりしませんか?(私は電気はからっきしなのでわかりませんが)普通の2chより多少お安かったようにも思うのでコストダウンできたのかなあ?この変なハイブリッドにずっと疑問を抱いておりました。


 

Re: 用語の変遷

 投稿者:ぱぷ朗  投稿日:2018年 2月13日(火)10時12分2秒
返信・引用
  > No.827[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> ・・・私の場合、「プロポ」という呼び方は使わず、「送信機」「受信機」という呼び名をいまだに使っています。入門はフタバのプロポーショナルでしたが、当時のカタログにはまだシングルの送受信機などが載っていましたので自分なりに区別していたようです。そうそう、シングルプロポなんて奴もありましたしね。

やはり、送信機・受信機といった呼び方が一番しっくりきますね。
私の入門時代には既にラジ技の記事はシングルプロポ以上が標準になっていまして、兄のお下がりのシングルメカしか無かった私は60年代のラジ技を教科書に、ピッチング飛行ばかりでも楽しんでおりました。


> そういえば送信機のことを「ラジオ」といっていた方もいましたっけ。仲間内では「弁当」なんてスラングもありました。

古いラジ技(60年代前半)「ラジオ」の記述が見られますね。初期のラジコンマニアに無線家上がりがいたせいでしょうか?
 

Re: 用語の変遷

 投稿者:ぱぷ朗  投稿日:2018年 2月13日(火)09時50分28秒
返信・引用
  > No.825[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

> いつ頃からはわかりませんが、送信機のことをプロポとよぶようになったのでしょう、かっこいいですしね。

私の勝手な想像ですが、1980年代後半、テレビ東京の「タミヤRCカーグランプリ」で小倉 智昭アナウンサーが「プロポプロポ」と叫んでいたのが呼び水では?と思っています。
 

Re: 用語の変遷

 投稿者:中山@群馬  投稿日:2018年 2月13日(火)08時38分11秒
返信・引用
  > No.827[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> ぱぷ朗さんへのお返事です。
>
>  いずれにせよ、リード式の送信機を「プロポ」と呼ぶのは、やはりヘンだと思います。
>
私が始めたころは、シングルとマルチ、エスケープとサーボ
シングルプロポやアナログプロポが出てきてからシングルボタン打ち・リードマルチ・プロポの3種類
デジタルプロポが出てアナログプロポやリードマルチが消えてからは、シングルボタン打ちとプロポ。
現在はラジコン送信機はすべてプロポと呼ばれているようですね。
私のシングル送信機は周りからボタン打ちプロポと呼ばれているようです。(なんか変)
ま、初期のデジタルプロポも変な言い方ではありますがね。
 

Re: 用語の変遷

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 2月12日(月)22時55分56秒
返信・引用
  > No.824[元記事へ]

ぱぷ朗さんへのお返事です。

いずれにせよ、リード式の送信機を「プロポ」と呼ぶのは、やはりヘンだと思います。

・・・私の場合、「プロポ」という呼び方は使わず、「送信機」「受信機」という呼び名をいまだに使っています。入門はフタバのプロポーショナルでしたが、当時のカタログにはまだシングルの送受信機などが載っていましたので自分なりに区別していたようです。そうそう、シングルプロポなんて奴もありましたしね。
そういえば送信機のことを「ラジオ」といっていた方もいましたっけ。仲間内では「弁当」なんてスラングもありました。
 

/46