投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    


Re: 抜けました

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 3月20日(火)01時30分30秒
返信・引用
  > No.879[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

固着の度合いで温度を上げていきますが、全体にまんべんなくが間違いがありません。お湯で煮てダメなら、サラダ油で煮たり、大概の固着ならこれでほどけますよ。

・・・水の沸点は100℃でやってみたけどだめでした。サラダオイルの沸点は今調べてみたらだいたい300℃ぐらいと書かれていました。相当な高温ですね。これならできたかもしれません。
 

Re: 抜けました

 投稿者:高取  投稿日:2018年 3月19日(月)23時55分36秒
返信・引用
  > No.878[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> スロットルドラム抜けました。
>
>こんばんは。とりあえず固着がほどけてよかったですね。固着の度合いで温度を上げていきますが、全体にまんべんなくが間違いがありません。お湯で煮てダメなら、サラダ油で煮たり、大概の固着ならこれでほどけますよ。
 

抜けました

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 3月19日(月)19時48分20秒
返信・引用 編集済
  スロットルドラム抜けました。入浴後、サウナに入ってもらいました。今まではヒートガンで加熱しましたが、今度はオーブントースターです。熱くなったところを取り出して例の木片に差込んで万力で固定し、回したら、あっけなく抜けました。めでたしめでたしです。ただここまで加熱すると固着原因のオイル分などが焦げてこびりつきますのでただいま台所用つけ置き強力洗剤に漬け込んでいます。

ちなみに私は「緩めるための加熱」で失敗したことがあります。ガスレンジに直接かざしてあぶったところフジ099SRのフロントハウジングを「溶かして」しまったことがあります。温度が高すぎたんですね。それからはヒートガンでやっていますが、今回は「アルミホイルが溶けないのだから大丈夫だろう」ということでやってみたところうまくいきました。ただ、私はよくわかりませんがアルミにも色々あって溶けるやつもあるかもしれませんのでやるなら自己責任でお願いします。
 

Re: 固着

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 3月19日(月)18時32分9秒
返信・引用
  > No.876[元記事へ]

水戸の杉さんへのお返事です。

加熱して外せるネジ類を全部外し、石油風呂→シンナー風呂①②→アセトン風呂に入っていただいて、反対側より、ネジ(ニードル取付のネジ山に合う物)で押出
>
> うる覚えですが、上記の手順だった気がします。
> また、キャブの取付パッキンは、日曜大工店の水道コーナーで購入しました。

・・ありがとうございます。ただいま入浴中でございます。こいつにてこずる理由のひとつとしてスロットルドラムが太いのに回すところが細いということがあります。回すときに力が入らないんですね。エンヤの小型エンジン用のTVはドラムも細いし、アームをネジでがっちり固定できるから回しやすいんです。こいつはヒノデの40スピットファイヤについていたエンジンです。
 

Re: 固着

 投稿者:水戸の杉  投稿日:2018年 3月19日(月)07時07分13秒
返信・引用
  > No.875[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

>  友人に貸してあったOS40FSRが戻ってきました。がっちり固着していましたので、ヒートガンで暖め、シャフトにプロペラをつけてぎゅっと回したところ何とか回りだしました。そこでメタノールを注入しクランクを繰り返したら軽く回るようになりましたのでラッキーでした。以前使っていた燃料がひまし油系だったのでボールベアリングが無事だったようです。ブラック化していたヘッドだけははずして洗浄し本体はOKです。
>  問題は・・・スロットルなんです。ローターががっちり固まっていて回りません。あたためて「ぎゅっと」回したいのですが、レバーがエンヤのようにネジ止めではないので力が入らないのです。ただの鉄の丸棒なので困ったものです。仕方なく固い木材にぴったりの穴を開け、ここに差込み、周りから万力で締め付けて回しましたが・・・・ダメーーー。ただいまCRCをかけて放置しております。良い方法はありませんか?

加熱して外せるネジ類を全部外し、石油風呂→シンナー風呂①②→アセトン風呂に入っていただいて、反対側より、ネジ(ニードル取付のネジ山に合う物)で押出

うる覚えですが、上記の手順だった気がします。
また、キャブの取付パッキンは、日曜大工店の水道コーナーで購入しました。
 

固着

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 3月18日(日)20時15分5秒
返信・引用
   友人に貸してあったOS40FSRが戻ってきました。がっちり固着していましたので、ヒートガンで暖め、シャフトにプロペラをつけてぎゅっと回したところ何とか回りだしました。そこでメタノールを注入しクランクを繰り返したら軽く回るようになりましたのでラッキーでした。以前使っていた燃料がひまし油系だったのでボールベアリングが無事だったようです。ブラック化していたヘッドだけははずして洗浄し本体はOKです。
 問題は・・・スロットルなんです。ローターががっちり固まっていて回りません。あたためて「ぎゅっと」回したいのですが、レバーがエンヤのようにネジ止めではないので力が入らないのです。ただの鉄の丸棒なので困ったものです。仕方なく固い木材にぴったりの穴を開け、ここに差込み、周りから万力で締め付けて回しましたが・・・・ダメーーー。ただいまCRCをかけて放置しております。良い方法はありませんか?
 

完成と途中

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 3月10日(土)14時55分47秒
返信・引用 編集済
  ダイナミック号はほぼ完成(後はウレタンとエンジン搭載)です。前回から「脚関係」を付けただけですが、ピアノ線の脚にバルサ板のフィレットをつけるのは結構面倒でした。オリジナルは「糸で縫いつける」ようですが、私は強力接着剤を使いました。どちらにしてもハードな着陸では取れそうです。

もう一枚の写真は前記の製作中の胴体です。サワイから出ていた「オールアメリカン・ジュナー」というUコン機です。当時こいつでスタントを練習した思い出の機体ですが、当時作ったのは縮小図面から適当に自作したものだったので性能的に?でした。今度はキット付属の原寸図から作っていますので。本来の性能が出るのではと思っています。Uコン機の製作では厚い主翼が入る「穴」を抜いた「脆弱な側板」に苦労しましたので、今回は印だけつけて「後で抜く」ことにしました。これで上面プランクが安心してできます。さらに、この機体はバルサを平面的に張ってから(3面張り)丸く削る方式なので製作はスムースです。元設計ハロルドデボルト、再設計(ほとんど新設計)竹林悟、短テールモーメントが特徴の小型スタント機です。
 

胴体製作中

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 3月 8日(木)22時49分43秒
返信・引用 編集済
  Uコン機の胴体を作ってます。どうせ、コンプレッサーとガンを用意するなら、何機かまとめてウレタンを吹いたほうが良かろうということで作り始めました。(なんか本末転倒のような気がしますが・・)
私の場合日曜大工店などで入手したバルサを使うことが多いので色々苦労があります。胴体側板は左右が同質なバルサで組みたいところですが、まあ天然ものなのでうまくいきません。それでも重さ、弾性などできるだけ似た奴を使いますが、今回もバルサ板の弾性が少し違ったのでエンジンマウントに側板を接着し機尾を絞ったところ左右対称になりませんでした。専用製作台などは持っていないため、アルミ角材を利用して修正し、胴体下面だけ張ってしまいます。大体これで「許せるぐらい」まではごまかせます。(完全に押さえ込むならここで上面も張りたいところですが難しいです。ゆがみが大きい場合下面修正だけでは胴体がねじれる場合もあります)
 

Re: ピアノ線ベンダー

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 3月 7日(水)18時39分52秒
返信・引用
  > No.869[元記事へ]

水戸の杉さんへのお返事です。

そんな訳で作りました、写真のピアノ線は3mmです、コイル巻きもできます。

・・・3φをコイル巻きできるのはすばらしいです。小型機ならおつりがきます。
 

ピアノ線ベンダー

 投稿者:水戸の杉  投稿日:2018年 3月 7日(水)11時03分49秒
返信・引用
  連投すいません。m(__)m
機体のフィルムを貼りながら、あっ!脚どうするべ?適当に作ったベンダーは壊れて捨てたのを忘れてた(´・ω・`)
みんなはどうやって脚を作ってるのか?と思いつつ
ベンダーを作るべぇ~ 安く、頑丈な物を予算500円以内で、何故なら、おやつは500円以内 バナナは含まない お約束!
鉄板 209円
ボルト類 M6 M8 200円
そんな訳で作りました、写真のピアノ線は3mmです、コイル巻きもできます。
 

Re: 塗料がぁ・・・・

 投稿者:水戸の杉  投稿日:2018年 3月 7日(水)09時08分54秒
返信・引用
  > No.867[元記事へ]

高田さんへのお返事です。

> 水戸の杉さんへのお返事です。
>
> 東邦化研工業さまからの回答は下記の通りでした。
>
> もし、目的の商品がどうしても手に入らないようであれば
> 代替品となるかはわかりませんが、主に釣具店にて販売されたおります
> (株)ナガシマが取り扱う商品が当社と割と近いラインナップをしているかと
> (セルロースクリヤースペシャル、ネオウレタンクリヤー)
>
>
ありがとうございます。早速調べてみます。
 

Re: 塗料がぁ・・・・

 投稿者:高田  投稿日:2018年 3月 6日(火)16時26分0秒
返信・引用
  > No.850[元記事へ]

水戸の杉さんへのお返事です。

東邦化研工業さまからの回答は下記の通りでした。

もし、目的の商品がどうしても手に入らないようであれば
代替品となるかはわかりませんが、主に釣具店にて販売されたおります
(株)ナガシマが取り扱う商品が当社と割と近いラインナップをしているかと
(セルロースクリヤースペシャル、ネオウレタンクリヤー)

 

塗料の事

 投稿者:水戸の杉  投稿日:2018年 3月 6日(火)09時42分38秒
返信・引用
  人柱 水戸の杉です。
ドープの事ですが、酢酸セルロース塗料を販売していたのは、東邦と株式会社トウペしか見つけられませんでした。
トウペはアメリカンフラワーの材料ですが、希釈すれば使えそうな気がします。
今後の最有力候補でしょうか?
残るはシンナーの問題ですが、色々実験した結果
和信ペイント株式会社の難燃性ラッカーうすめ液が相性が良いみたいです、但し、速乾性が無いので、絹張り時には苦労しそうです。万能シンナーみたいに、即乾燥という訳にはいきません。
やはりアセトンの出番でしょうか?私自身がアセトンに非常に弱い体質なので、(´・ω・`)です。
ウレタン塗料ですが、メーカーによっては、溶けるみたいです、イザムに問い合わせた所、実績あるみたいです、F3Aの完成機体を製作販売していたメーカーが使用していたそうです。
 

Re: 塗料問題

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 3月 5日(月)20時02分36秒
返信・引用
  > No.864[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> 九州からのこの御老体の機体は、kamitoさんも京都で見てるはずですよネ??
> ・・・エスケープとサーボのハイブリットのかな。あれはエンジンは飾りで動力は電動だよ。
>
> 違う機体ですネ
 

塗料問題

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 3月 5日(月)01時18分4秒
返信・引用
  九州からのこの御老体の機体は、kamitoさんも京都で見てるはずですよネ??
・・・エスケープとサーボのハイブリットのかな。あれはエンジンは飾りで動力は電動だよ。

 

Re: 塗料がぁ・・・・

 投稿者:高取  投稿日:2018年 3月 5日(月)00時13分29秒
返信・引用
  > No.862[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。

>
> 私は、以前より実車用の塗料を使用しています。今のところ、燃料で溶けたことはありません。実車用のウレタン塗料には、4対1,10対1のものがありさらに、おのおの専用の硬化剤、シンナーがありますので注意が必要です。硬化剤の割合も、重量比ですので、はかりでされたら間違いがないと思います。塗料屋さんによっては、小分けしてくれるとこもあるのと、また調色もしてくれるので、おすすめですよ。
 

Re: 塗料がぁ・・・・

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 3月 4日(日)21時29分26秒
返信・引用 編集済
  > No.860[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。

> > ・・・私の友人が以前、実車用のウレタンでコーティングしたところ、ディーゼル燃料でモロに溶けました。
>
ト〇▽車用を塗っている塗料会社の開発部門にコネ?があるので聞いてみます、以前ここから頂いたウレタンでラジコンボートを塗ったが問題無しでした、ただ2ストのガソリン艇でしたが。
 

塗料の話

 投稿者:水戸の杉  投稿日:2018年 3月 4日(日)15時10分0秒
返信・引用
  皆様、人柱である水戸の杉です。
ドープの正体は、アセチルセルロース(酢酸セルロース)であることを東邦より教えてもらいました。
ニトロセルロース(硝酸セルロース)では無い事が分かりました、世の中には、確かに2種類のドープが存在したみたいです、ニトロはグロー燃料で溶けるみたいです。ドープサイザーは、エチルフタリルエチルグリコレート溶液(軟化剤)だそうです。
代替塗料は、現在検証実験中です。
 

Re: 塗料がぁ・・・・

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 3月 4日(日)13時16分42秒
返信・引用
  > No.859[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。
>
> ・・・私の友人が以前、実車用のウレタンでコーティングしたところ、ディーゼル燃料でモロに溶けました。

ガビ~ン ウレタンならなんでも解けないと思ってました、失礼しました。
九州からのこの御老体の機体は、kamitoさんも京都で見てるはずですよネ??
 

Re: 塗料がぁ・・・・

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 3月 3日(土)22時48分2秒
返信・引用
  > No.858[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。

その絹張はラッカーで張り、車用(実車)用のクリヤーウレタンで塗装しているそうで、ドープや模型用ウレタンは使用してないと教えて頂きました。

・・・私の友人が以前、実車用のウレタンでコーティングしたところ、ディーゼル燃料でモロに溶けました。車用でも色々種類があるようですね。どれが溶けないのかわかったら教えてください。
それから、イサムのスプレー缶ウレタンはどうでしょう?私はうまくいったり、そうでなかったりいまひとつわかりません。乏しい経験からはエッジの部分がどうしても薄膜になりやすくここから溶けていきます。充分に厚く塗れば大丈夫なのかなあ。

・・・あとは10%未満の低ニトロ燃料を使う。これならエンビで何とかなると思うのだけど・・・。
 

/46