投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    


そういえば

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 4月11日(水)21時16分52秒
返信・引用
   以前のお題の「賞品」としてお渡しした「ピエロの図面」を活用してくださったY様に感謝いたします。上反角14度の低翼ラダー機の「飛び」はどうだったのでしょう?「良く飛びますよ」って話されていましたね。それを聞いて何か私もハッピーな気持ちになれました。

 ビータ号のZ様、いつも飛ばさせていただきありがとうございます。超綺麗な芸術品なので指が震えてしまうのですが、安定感あるマイルドな操縦性は圧巻でした。きっとリード無線機でもすばらしく良く飛んだのでしょう。(私はリードで飛ばしたことは無いのですがこのくらい滑らかな効きでないと綺麗に飛ばなかったのでしょうね)

 「美子(よしこ)ちゃん号」のY様。本当に作っちゃったんですね。前回、私が無責任なアドバイスをしたのがいけなかったかな?ここでちょっと解説するとこの機体は昔東京理工から出ていた09クラスのUコン練習機をそのまま拡大したものなのです。今までもUコン→ラジコンはいくつかありましたが、これはUコン機の中でもちょっと異色です。エルロンやエレベーターなどに「ドレスのフリルを模したような」装飾があるんです。その辺、カラーリングも含めて話題性充分でしたね。飛ばしてみたいです。

 アトラスクーペのK様。懐かしかったです。当時の私のはエンヤ19をつけていたので良く飛びましたが規定どおりの15エンジンではどうだったのでしょうね?私は1/4パイロン機が好きで何機かやりましたが、ノーマルクロスフロー15ではスタートがなかなか大変でした。O社のミスRJ(薄い完全対称翼)にOS-MAXⅢ15RCをのせた奴なんかは上昇してスピードに乗るまでまったく気が抜けませんでした。そこにいくとフラットボトムのデボネアチータは楽でした。アトラスクーペで思い出すのは主翼中央のカンザシがプラスチック成型品で、たしか「セメダインCで付けるように・・・」と指定されていたように覚えています。スパーに後退角が付いている関係でこうなったのですが、ちょっと心配でした。あと、ゴムロックというのもアイデアでしたね。こいつのおかげで破損をまのがれたことは何回もありました。

 
 

Re: 今日の京都

 投稿者:kto  投稿日:2018年 4月10日(火)20時27分22秒
返信・引用 編集済
  > No.940[元記事へ]

> 1枚目大昔のエンヤの塩谷良郎氏設計をベースの機体、

懐かしいです。当時、小学生でした。
そのころは、朝霞の駐屯地で良く飛行会が行われていて、自転車で見に行きました。
 

初参加を振り返って

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 4月10日(火)16時25分1秒
返信・引用
  ファンミーティングに初参加して2週間経ち頭が冷えてきたところで振り返るとただ見学したのとは違うものがありました。皆さんのマナーの良さや古いものの使いこなし。ちょっとした所の技術力などです。どこのクラブでも嫌な奴がいるものですが、今回そんな人はいなかったみたいです。
けっこうしつこく質問したりしましたがとてもよく教えてくれました。
自分の飛行を振り返ると低騒音化の対策をした自分の飛行機は同時飛行ではまったく音が聞こえず慣らしが途中の19の飛行機ではエンストがわかりませんでした。
秋までにはエンジンが仕上がっていると思います。
自分が当面の課題としているからというだけではないのですがお題を静かな飛行機にしたらどうでしょうか。エンジンの排気音だけでなく機体の共鳴音、プロペラの音、風切り音など研究課題はいっぱいあります。騒音問題(自分のクラブではない)がきっかけで飛行場閉鎖に追い込まれた身としては切実な問題です。ラジコンの世界が縮小してきているのを実感している今日この頃です。ドープの件なども一連の流れの中でのできごとです。
バルサを手に入れることも難しくなっています。なんとか飛行機で遊べる世の中であってほしいものです。
 

Re: 今日の京都

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 4月 9日(月)13時59分46秒
返信・引用 編集済
  > No.942[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

>
> >
> >天候に恵まれて、よかったですね。風の具合はどんなでしたか。私は、クラブの総会とかち合い参加できませんでした。写真の機体のオーナーわかります、お元気で何よりです。5月に豊岡でBSA500さんはじめ、皆さんとお会いできたらと思います。


風が強風で飛行機がホバーリングや後ずさりして凧状態、でも墜落大破なしでした、豊岡は・・・遠い
 

Re: 今日の京都

 投稿者:高取  投稿日:2018年 4月 8日(日)23時26分3秒
返信・引用
  > No.940[元記事へ]

BSA500さんへのお返事です。

>
>天候に恵まれて、よかったですね。風の具合はどんなでしたか。私は、クラブの総会とかち合い参加できませんでした。写真の機体のオーナーわかります、お元気で何よりです。5月に豊岡でBSA500さんはじめ、皆さんとお会いできたらと思います。
 

速報に感謝

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 4月 8日(日)21時17分0秒
返信・引用
  今回いけなかった私です。
・エンヤ4発機・・ついにこれが出ましたか!!どんな飛びでしたか?当時は確か08か10を4つつけていましたね。

・次の機体はなんという名前なんでしょうね。しかし、この装飾はすごいなあ!!これって一応「補強」という名目なんですよね。
 

今日の京都

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 4月 8日(日)20時19分21秒
返信・引用
  尾島から1週間の今日は京都KMAでのゴールデンエイジに行ってきました、尾島参加メンバーで来たのは、ラジ技の取材兼参加の佐藤さんと大阪の中村さんに私の3人、マッタリムードのノンビリフライト、こことエンヤのイベントの違いはエンジンか機体の違い、KMAは機体重視なのでARF機はなし、自作か古いキットのコピー機でエンジンかモーターはなんでも可です。1枚目大昔のエンヤの塩谷良郎氏設計をベースの機体、2枚目凝るとここまで?伝統工芸的補強リブ組、3枚目1週間ぶりの再会の大阪の中村さん。  

安藤さんお返事ありがとうございます。

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 4月 6日(金)10時36分5秒
返信・引用
  日本でもやっている人がいたんですね。早速ググってみました。掃気の方向が自分の想定とは逆ですが、低回転で大トルクという性質は予想どうりです。自分はヘッドからの掃気を想定していたので1次圧縮が下がるかなと思っていました。下から掃気なら普通の2ストとあまり変わらないですね。
この形式ではヘッドが熱くなるのは当然だと思います。
下から掃気だと、例えばSS15の様なシリンダーに掃気路が切ってあるエンジンだとヘッドの交換とバックプレートの所にカムを仕込めばとりあえず、形になるような気がします。シリンダーの排気口側にも掃気路を切ればよいわけです。
自分に工作技術があればやってみたいですね。これからはラジコンの生き残りのために静かなエンジンが必要だと思うので。
自分が言うのもおこがましいですがさすが古崎ですね。
 

Re: 2ストユニフローのエンジン

 投稿者:安藤@花巻  投稿日:2018年 4月 6日(金)07時57分26秒
返信・引用
  根岸さんへのお返事です。

> ヘッド周りの冷却で思い出したのですが船舶用ヂーゼルの様な2ストユニフローの模型エンジンはなぜ無いのでしょうか。排気が通らないので冷却面からは有利のはずです。

⇒古崎さんが以前、ユニフローエンジンを作っていましたね。
 クランクケースで1次圧縮し掃気するのでヘッドには排気バルブだけになります。
 実際、オーバーヒートするらしく逆に不利になるようです。

 数年前、ユンカースタイプの対向ピストンエンジンを開発中という記事を読んだことがあります。
 熱効率が良いとのことでしたが、クランクシャフト2本で重くなるので、模型化は難しいでしょうね。

 日産UDも最初はユニフローディーゼルの略でしたが、途中から違う単語に置き換えてます。

 昔、戦車のエンジンが2ストロークのディーゼルと聞いて模型やオートバイのような
 2ストロークエンジンだと思っていました。
 
 

冷却について

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 4月 5日(木)22時28分17秒
返信・引用
  なるほど。やはり一番発熱するヘッド部分をまず冷やすことが肝心なわけですね。そうするとPETⅠ~Ⅲ099とかエンヤ08~10初期タイプなんかにはシンクヘッドをつけてやることによってヒートが防げるわけだね。ただとてもかっこ悪いかもね。似たような構造でもFUJI099(メナスコ、Jr)なんかはヒートしませんね。思いのほか回るエンジンなんだけど全面排気なので冷えがいいのかな?
そういえば本物の回転星型エンジン(確かルローンかな)のカットモデルを見たことがあるけどとても薄いシリンダー壁に浅いフィン(一体鉄製)でいかにもオーバーヒートしそうなものでした。だからシリンダーをぶん回して風を当ててやらなければ冷えなかったのでしょう。しかし、電源とかオイルとか燃料の供給はどうなっていたんでしょうね?大変そうだなあ。
 

テトラ製ロッドアジャスター

 投稿者:QRP 千葉  投稿日:2018年 4月 5日(木)16時00分54秒
返信・引用
  先日、尾島にお邪魔しました際、在庫していたキャノピーやリンケージ関連パーツをお使いいただける方にお持ち帰りいただきましたが、本日「テトラ製ロッドアジャスター」を自作機のリンケージに使用しましたところ先端樹脂部分に強度不足(経年劣化?)のものがあることがわかりました。10セット程度あったかと思いますが、破損の恐れもございますので御使用をお控えいただきたく、ご連絡申し上げる次第です。かえってご迷惑をおかけすることになり誠に申しございませんが、宜しくお願い申し上げます。  

2ストユニフローのエンジン

 投稿者:根岸  投稿日:2018年 4月 4日(水)15時37分45秒
返信・引用
  ヘッド周りの冷却で思い出したのですが船舶用ヂーゼルの様な2ストユニフローの模型エンジンはなぜ無いのでしょうか。排気が通らないので冷却面からは有利のはずです。OHV でバルブは1~2個でOKで排気は全面排気で行けるはずです。
シニューレより掃気効率は良さそうでストロークを目いっぱい使える。YSの4ストの2倍爆発するのでパワー、トルクも大きいはずです。
自作のエンジンはあるようですが大量生産の物は知りません。
4ストと同じようなコストでできるような気がするのですがなにか難しいことがあるのでしょうか。


 

Re: 水冷エンジンについて

 投稿者:佐藤 哲司  投稿日:2018年 4月 4日(水)06時16分27秒
返信・引用
  > No.933[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> 模型エンジンってどこを冷やせばいいんでしょうね?

 熱伝導を考慮しないと言う前提ならば、理論的には発熱源を冷却するのがもっとも有効ですね。極端な例がRCボート用エンジンで行われている「プラグ冷却」でしょうか。これは、プラグのフィラメントが無くなると点火しませんので、その対策なのですが、そんな状況は異常に近いので、ここでは「極端な例」ですね。
 模型エンジンの場合、ある程度の発熱がないと燃料は有効な気化をしませんし、各パーツのクリアランスや潤滑の点で、保温は必要です。しかしこの範囲を超えると、それらのバランスが崩れますので、様々問題が発生しますよね。
 4ストロークサイクルエンジンの場合は、発熱源のヘッド周りにロッカーアームを始め、様々なパーツが乗っていますので、水冷は困難です。クランクケースの冷却フィン周りにジャケットを設けるのは、「仕方なし」なんです。
 「仕方なし」である「クランクケースの冷却フィン周りにジャケットを設ける」と言う加工は、実は結構な手間でして。だからコストがかかるんです。専用クランクケースになってしまい、何かのときに「飛行機用エンジンの修理・交換用パーツ」にならないし。
 では、過去のスーパータイガーなどのレーシングエンジンに見られた「冷却フィン無しヘッド」はと言うと、逆に「プラグ周りの冷却し過ぎを防止するため」って聞いていました。でも、単なる軽量化とコストダウンみたいな気もしますね。最近のレーシングエンジンって、そんな感じのヘッド形状だし。
 

水冷エンジンについて

 投稿者:kamito  投稿日:2018年 4月 3日(火)19時57分19秒
返信・引用 編集済
  今回「お題」で苦労人賞となったのはなんと「水冷仕様の4ストエンジン」だったのですが実際に水冷で冷やしているわけではなく、普通に空冷として使われていました。そこで前から疑問に思っていたことですが・・・・模型エンジンってどこを冷やせばいいんでしょうね?

・ボートなどでもともと空冷だったエンジンを水冷化する場合
 ・水冷ヘッドに交換する
 ・シリンダーの外側に水冷リングを取り付ける(加工する)
 ・さらにバックプレートまで冷却水を回す(OSなど) いろいろありますが、ベストはどれなんでしょうね?私がボートで使ったST19は水冷ヘッドに交換しただけですけど問題はなかったようです。

・空冷の場合全体に風が当たりますが、オーバーヒートしやすいエンジンの共通点としては
 ・ヘッドのフィンが無いか浅い・・ PETⅡ099、エンヤ08旧タイプなど
 ・シリンダーとフィンが一体になっている・・ 上2つの他にMAX15Ⅲなどもあります。
エンヤ08、10に関してはシリンダーフィンを深くし、ヘッドに溝を入れて表面積を増やした「改」バージョンがあり、こちらはヒートしないそうです。MAX15もⅣ型になるとアルミのクランクケースに鉄製シリンダーを落とし込む一般的な構造になり、やはりヒートしなくなったようです。

そういえば、車やヘリではヒートシンク、シンクヘッドが多用されていたようで、なんとなくまずヘッドを冷やせばいいのかな?とも思われます。確かに一番熱が溜まりそうなところではありますが結局どこを冷やせばいいのでしょうね。
 

エンヤ15-3型オーバーホール

 投稿者:らんぱぱ  投稿日:2018年 4月 3日(火)13時03分42秒
返信・引用
  気が早いのですが・・・秋のお題は 15-25クロス掃気・・・とのことなので、Uコン機に搭載したまま20年間放置のエンヤ15-3型をオーバーホールしました。
状態は悪く無いようですが、昔外したはずのRC用スロットルバルブが見つからない・・・ということで、家から自転車で5分のエンヤさんへ GO ~~~ !
現在の15用キャブはニードルバルブが斜め後方に位置するタイプなのですが、15-3型のイメージが出ないので、以前の形状のスプレーバーで組んでもらいました! d(^-^*)
で、機体はなににするか・・・思案中・・・ハイパーキャット26-4C なら エンヤ19Ⅵ型積めばそのまま飛行できるんですけど、マフラーが手に入らないのですよ・・・(^^;)
 

ファンミーティング

 投稿者:中村俊幸  投稿日:2018年 4月 2日(月)23時40分55秒
返信・引用 編集済
  中山さん、佐藤さん、毎回大変な準備と企画を設けていただきましてありがとうございます。また、機会ありましたら宜しくお願いします。  

おつかれさまでした。

 投稿者:水戸の杉  投稿日:2018年 4月 2日(月)09時13分54秒
返信・引用
  みなさまお疲れさまでした。
良い天気で、気が付かなかったですが結構日焼けしていたんですね。
家に着いたら、逆パンダ状態(*´∀`*)
 

Re: お疲れさまでした

 投稿者:安藤@花巻  投稿日:2018年 4月 1日(日)19時48分11秒
返信・引用
  > No.917[元記事へ]

中山@群馬さんへのお返事です。

中山さん、佐藤さん、準備、運営をなさった方々 本当にありがとうございました。
おかげさまで、一日楽しくすごすことができました。

ミーティング終了後、いつも通り温泉に入り、お土産のやまと芋を購入しました。
産直のお姉さまにも顔を覚えていただき、「遠くから来てる方ですよね。」と声をかけられました。

帰りは一般道で仮眠をとりながら、朝方帰宅しました。(500km、約12時間でした。)

お題もきまったようなので秋に向けてエンジンと機体を考えないといけませんね
また秋にお会いしましょう!!
 

Re: 今日の出来事

 投稿者:BSA500  投稿日:2018年 4月 1日(日)19時36分58秒
返信・引用
  高取さんへのお返事です。

> BSA500さんへのお返事です。
>
> > ご無沙汰しております。お元気そうでなによりです。

今度の日曜で天気良ければ、京都KMAゴールデンエイジでお会いしましょうネ。
 

いいなぁ~!

 投稿者:松本行晴  投稿日:2018年 4月 1日(日)18時55分46秒
返信・引用
  昨日は穏やかで温かくて言うことない天気でしたね。参加された方々は十分楽しまれたと思います。当方なかなか飛行機を飛ばしに行けなくてうらやましい限りです。この掲示板はいつもおもしろく拝見させていただいています。  

/46