投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    


Re: フレンドサンダー

 投稿者:中山@群馬  投稿日:2017年12月14日(木)18時48分42秒
返信・引用
  > No.766[元記事へ]

松本行晴さんへのお返事です。

> チョットうれしかったのを覚えています。
当時はその連続でしたね。でも、悔しい事の方が多かったかな?
私も昔の写真を見て気付いたのですが、カラーではなかった!
で、お車は2サイクル3気筒のフロンテでしょうか?
話がそれてすみません。
 

フレンドサンダー

 投稿者:松本行晴  投稿日:2017年12月14日(木)11時11分9秒
返信・引用
  新品同様ピカピカになりましたね。黄色の機体は明るくきれいで視認性もよいので、いろいろ考えても結局「黄色」になってしまうことが多いですね。

また、私の40数年前のあまり飛ばなかった半自作機の続きで恐縮ですが、この機体があまり成功とは言えなかったので、その後、胴体を生かしてエンジンをENYA19Vにパワーアップし、更にエルロン主翼を作り、写真の機体に改造しました。この機体は、エルロンとラダーが連動で、エンコンとエレベーターも2番目の写真の当時の舘林さんのラジ技記事によるトリム・ダウン装置を組み込んだ連動になっています。
この装置のおかげで向かい風でエンコン中速でも前に進むのが楽になり、チョットうれしかったのを覚えています。
 

フレンドサンダー画像

 投稿者:kamito  投稿日:2017年12月13日(水)12時44分46秒
返信・引用
  寒いですね。やっとお外で写真を撮りました。以前の白い胴体(傷む前)とどちらが良いかな?これはこれでよいと思うけど、どの機体も同じようになってしまうなあ。  

Re: フレンドサンダー完成

 投稿者:kamito  投稿日:2017年12月12日(火)20時29分52秒
返信・引用
  > No.763[元記事へ]

松本行晴さんへのお返事です。

> 10~20回に1回ぐらいというのは少し甘いかもしれません。たまにまぐれで飛んだこともあったというのが正確なところです。一度は友達に飛ぶところを見せようと何回も手投げしたのですが、結局飛ばなくて呆れられたことがありましたから。

・・・そういうお話をもっと聞かせてください。とても興味深いです。松本様の飛ばされていたところは「標高が高い所」でしょうか?空気の密度でエンジンパワー、揚力などがかなり違いますね。
 

Re:フレンドサンダー完成

 投稿者:松本行晴  投稿日:2017年12月11日(月)23時01分21秒
返信・引用
  10~20回に1回ぐらいというのは少し甘いかもしれません。たまにまぐれで飛んだこともあったというのが正確なところです。一度は友達に飛ぶところを見せようと何回も手投げしたのですが、結局飛ばなくて呆れられたことがありましたから。  

Re: フレンドサンダー完成

 投稿者:kamito  投稿日:2017年12月11日(月)20時21分23秒
返信・引用 編集済
  > No.760[元記事へ]

松本行晴さんへのお返事です。

私が今から40数年前に作った半自作機です。翼はヤングサンダーと同じもの、胴体はやや細身にして重量を軽減したつもり、エンジンは非力で有名なフジの099両面排気です。

・・・ヤングサンダーといえば09~19クラスですね。主翼の大きさはファイタートライとほぼ同じですから09用のフレンドサンダーなどより一回り大きいのに「あのフジ099両面排気」写真で見てもエンジンが小さく見えますねえ.それで1000グラム割ったのは立派ですが・・・

主脚を取り外して、少し高いところから手投げ発進して10~20回に1回ぐらいは上空まで行くことが出来たと記憶しています(笑)。

・・・やっぱり09クラス、1000グラム説はだいたい正しいようですね。友人の基準となったエンジンはエンヤ09のようです。ところでこの機体、なんとなく垂直尾翼が「ニューフレンド」風かな?3車輪でかっこいいですね。エンヤ09の好調なものなら何とか上がったかもしれませんね。
 

Re: フレンドサンダー完成

 投稿者:高取  投稿日:2017年12月11日(月)20時08分52秒
返信・引用
  > No.760[元記事へ]

松本行晴さんへのお返事です。

> やはり、飛ぶだけでもむつかしい時代だったようですね。まさにラジコン技術ですね。飛んで当たり前の現代がしょぼく見えます。写真の機体、全体の雰囲気もさることながら、ノーマフラー、むき出しのタンクが当時を感じさせます。
 

Re:フレンドサンダー完成

 投稿者:松本行晴  投稿日:2017年12月11日(月)18時55分37秒
返信・引用
  <---09クラスで1000グラム近く----->
私が今から40数年前に作った半自作機です。翼はヤングサンダーと同じもの、胴体はやや細身にして重量を軽減したつもり、エンジンは非力で有名なフジの099両面排気です。メカは日の出のシングルプロポですが、エンコンを省略しました。重量は1000キロをどのくらいだか忘れましたが若干下回っていました。それで結果は、主脚を取り外して、少し高いところから手投げ発進して10~20回に1回ぐらいは上空まで行くことが出来たと記憶しています(笑)。
 

Re: フレンドサンダー完成

 投稿者:kamito  投稿日:2017年12月10日(日)23時51分50秒
返信・引用 編集済
  > No.758[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

当時のシングル機においては、メカの重量もさることながら、電池が、受信機、とサーボ(シングル)で別電源でしたので、相当重かったんだと思います。当時私も経験ありますが、手投げの後そのまま着地、今思えばおもかったんでしょうね。

・・・当時、飛ばしていた方の話によると09クラスで1000グラム近くあったらしいです。それでその方が言うには1000グラムを超えるともう普通の燃料では発進できず、低空を手投げの高度のまま飛んで・・そのまま着地だったそうです。それでミサイルミストとかイサムスーパーとかいう「強い燃料」にするか、エンジンを大きくするなどして対処したそうです。そういえば当時12クラスというエンジンがありましたが、そんなときの助っ人だったのかもしれませんね。ちなみに低空を這い回っているときに限って、前方に竹ざおなどが立っていたりしたそうです。

私が入門した頃はもうプロポの時代でしたが、これもいまから比べれば重く、19クラスで1600~1800グラムぐらいあったように思います。友人のパイロットのプラスチック完成機「オリンピア」はフタバ3サーボ(S5、6あたりです)にエンヤ19Ⅴをつけて2000グラムありました。やはりバルサ製より重いです。それで発進は「全力で投げても、いったん沈んでから徐々に高度をとる」という実機感のあふれるものでしたが、いったん飛び上がるとそれなりに良く飛びました。思い出しましたがプラスチック(ABS)製の胴体は強く持つとへこむし、燃料がつくとめちゃくちゃ滑りやすくなって大変困りました。そこで持つところにサンドペーパーを張りつけたら多少安心して投げられるようになりました。
 

Re: フレンドサンダー完成

 投稿者:高取  投稿日:2017年12月10日(日)21時19分32秒
返信・引用
  > No.757[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> 完成、いつ聞いてもいい響きです。おめでとうございます。ちなみに餅まきはいつでしょうか。(笑
よく雑誌等のデーターですが、たまに信用性にはてな‥のことがありますね。なので、あんまりあてにしない方がいいのかもしれませんよ。ただ当時のシングル機においては、メカの重量もさることながら、電池が、受信機、とサーボ(シングル)で別電源でしたので、相当重かったんだと思います。当時私も経験ありますが、手投げの後そのまま着地、今思えばおもかったんでしょうね。
 

フレンドサンダー完成

 投稿者:kamito  投稿日:2017年12月10日(日)20時41分0秒
返信・引用
   飛ばせる状態まで完成しました。写真はまた後でのせますが、先ほど重さを測ってみました。いつもの台はかりで800グラムをわずかに切るというところでした。
 この機体は以前「模型人」に発表したときのデータが残っていたので調べたところ790グラムとなっていました。胴体のみフィルムをはがして、下塗り→絹張り→上塗りと行った割にはほとんど変わっていないので良かったです。
 ついでに書いておくと当時のカタログデータでは850~950グラムでした。私のフレンドサンダーのメカはサンワの普通の受信機、標準サーボ×2、ミニサーボ×1で、特に軽量化したわけではありませんが当時よりかなり軽いです。翼に張ったオラライトとか補強を簡略化した胴体構造などもありますが、やはり当時のメカがシングルといえどもそれほど軽くはなかったのだろうなあと思います。
 

Re: フレンドサンダー8

 投稿者:kamito  投稿日:2017年12月 5日(火)22時42分5秒
返信・引用
  > No.755[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

塗装、もしくは、印刷紙でしょうか?印刷紙でしたら、どこで手にはいるのでしょうか。

・・・大昔の東京理工の翼用和紙のチェッカーです。
 

Re: フレンドサンダー8

 投稿者:高取  投稿日:2017年12月 4日(月)23時29分40秒
返信・引用
  > No.754[元記事へ]

kamitoさんへのお返事です。

> 写真はこれです。
>
>仕上がりましたね。ボンネットのチェック柄が気になります。塗装、もしくは、印刷紙でしょうか?印刷紙でしたら、どこで手にはいるのでしょうか。
 

フレンドサンダー8

 投稿者:kamito  投稿日:2017年12月 4日(月)23時04分8秒
返信・引用
  写真はこれです。  

フレンドサンダー8

 投稿者:kamito  投稿日:2017年12月 4日(月)23時02分43秒
返信・引用
  一応仕上がりました。特に高度なテクを用いなくとも手抜き下地のおかげ?か絹目も木目も刷毛目(ウレタン刷毛塗りですから)も残り、どう見ても「フィルム仕上げには見えない」ので良しといたします。その上に適当にシールなどを貼りました。

アセトンがありました。まぜまぜして吹いてみると・・・・渋い半艶に・・・・
意外といけるかもしれません。

・・・まさしく、裏技です。すごい。

松本様に
・・・なるほど、ありそうな話ですねえ。
 

Re: 同感です

 投稿者:水戸の杉  投稿日:2017年12月 4日(月)09時01分52秒
返信・引用
  > No.750[元記事へ]

ウレタンの艶ですか?
渋くしたい?
ある日 塗装準備中にシンナーが足りない・・・・(´・ω・`)
ふと目にすると、万能君のアセトンがありました。
いけるんじゃねぇ?まぜまぜして吹いてみると・・・・渋い半艶に・・・・
塗料が定着し伸びる前に、アセトンが蒸発し定着した失敗でした。
愚かな行為だったので、再実証してませんが、意外といけるかもしれません。
 

同感です

 投稿者:松本行晴  投稿日:2017年12月 2日(土)14時47分50秒
返信・引用
  >畑をやらないで他人に貸しているとは・・
「貸している」といっても土地の賃貸契約を交わしそれ相当の金額を払っているのではなく、単に好意的に使わしてもらっていることへの心ばかりのお礼の気持ちとして年間数万~10万円程度を差し上げているに過ぎずない場合がほとんどだと思います。そんなのでも役所が文句を言うとは驚きですね!まわりの他の農家の人が畑を使わしてくれている人をチクった(たとえ数万円の礼金でもねたんでとか、飛行機の音がうるさいと感じてとか)のかもしれません。
 

同感です

 投稿者:kamito  投稿日:2017年12月 2日(土)00時49分14秒
返信・引用
  ウレタンのツヤはこの時代の機体には似合わないと。少しツヤが引けた感じが似合うんでないかと。私のスカイビームも完成後テカリすぎていたので、つやを落としました。スタント機のほうもあえてみがきもかけていません。絹目が見えて、ドープのツヤの引けた感じが、再現できたらと思いますが、いかがでしょうか。

・・・まったく同感です。友人もそう言っておりました。当時のドープの上品なつやが忘れられません。しかし、燃料のことを考えるとウレタンを吹かなくてはならずジレンマです。もっとも今はドープ自体が入手困難ですけれど・・・。

このような趣味は、ボケを防いで、結果、医療費の削減に役立っていると思います、厚生省や国を挙げて応援して頂きたいものだと思います。
ktoさんのクラブ飛行場の再開を祈ります。

・・・まったく同感です。
私などはもうずっとエンジン機を安心して飛ばすところもなく飛行はイベントのときだけとなっております。後はパークプレーン(もちろん電動)を人のいない公園とか畑の上でちょっとだけ飛ばしています。少し前からストレス発散の足しのために公園の池で電動ボートも走らせています。
 

Re: 飛ばせない時は作る!

 投稿者:高取  投稿日:2017年12月 1日(金)22時14分13秒
返信・引用
  > No.748[元記事へ]

Ktoさんへのお返事です。

> 高取さんへのお返事です。
>
> > Ktoさんへのお返事です。
>
>
>  ご心配かけました、完全撤退です。
> 飛行場を追われるのはもう、5回目です。
> 私感ですが、このような趣味は、ボケを防いで、結果、医療費の削減に役立っていると思います、厚生省や国を挙げて応援して頂きたいものだと思います。
>
>
>大変残念なことですね。今までの飛行場の運営をどのようにされていたのかわかりかねますが、何かしらの手立てはなかったのでしょうか。近年ラジコンを取り巻く環境は日に日に狭められ、排他的になりつつあります。自分たちだけで遊ぶだけでなく、農業関係者の理解を得るための地域貢献も必要かと思います。ちなみに私のクラブですが、営農組合が主催の清掃活動などに参加、数年前には、地域行事の折に、教育委員会を巻き込んで、子供模型飛行機教室など行って、外部からみたら、(あいつらか、仕方ないな~)な感じでとりあえず溶け込んでいます。ただいつまで飛行場が使用できるのかはわかりませんが。とりあえず役所から飛行場使用許可書はいただいている状態です。ktoさんのクラブ飛行場の再開を祈ります。


 

Re: 飛ばせない時は作る!

 投稿者:Kto  投稿日:2017年12月 1日(金)20時44分38秒
返信・引用
  > No.744[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

> Ktoさんへのお返事です。
>
> > 今月半ばで、飛行場が閉鎖になってしまいました。
> >
> > 閉鎖・・・季節的なものなのでしょうか・?心配ですね

 ご心配かけました、完全撤退です。
飛行場を追われるのはもう、5回目です。
こちらでは、悲しいかなよくあることです。
一面麦畑の中の休耕地を借りていたのですが、畑をやらないで他人に貸しているとは何事か畑にしなさいと農業委員会(つまり役所)からとがめられての結果です。
畑ができないから、休耕地になっているのに、畑をやりなさいと理不尽です。
しかも、何十年と歴史があるのに、突然です。
この周辺の飛行場6か所ほど同じ目にあっています。
すごい良い環境でしたから残念です。

私感ですが、このような趣味は、ボケを防いで、結果、医療費の削減に役立っていると思います、厚生省や国を挙げて応援して頂きたいものだと思います。
 

/38