新着順:17/585 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: フジエンジン

 投稿者:kamito  投稿日:2017年 8月11日(金)20時16分0秒
  通報 返信・引用 編集済
  > No.599[元記事へ]

高取さんへのお返事です。

私の15には、スロー絞りなどなくスロー調整の穴とネジがついてるだけです。スロー絞り付きのものは見たことありません、

・・・すいません。私の勘違いでした。こちらのタイプについています。スロットルドラムの吸気口に仕切りがついておりスプレーバーと対向する軸がネジで深さを調節できるようになっております。写真の単品は15用ですが、下は099Sに装着されたものです。これはもともと破損していたのの余分なパーツを取り除き吸気口を狭めて実用しました。こうすると普通に使えます。

私がよくやるのは、とりあえず、お湯で煮ます。これで大概の、固着はほどけます、そのあとクランクシャフト、排気口から、洗剤を入れて内部の汚れを溶かしてやり、もう一度煮ます。こんな感じです、あとはテストベンチで甘目で回してなじませて終わりです。不具合なければ無理に分解などしません。ベアリングタイプのエンジンでベアリングがダメなものはばらしますが。みなさんはどうしておられますか。

私の場合、軽い固着ならヒートガンで暖めメタノールとオイルを入れて「ぎゅっと」やります。重症だとやはり「煮物」ですね。状況にもよりますけど基本的には分解洗浄し組みなおします。ガスケットはできるだけ再利用しますが、切れた場合には作り直します。ちなみに洗浄はキッチン用のつけ置きクリーナー(換気扇などの油をとる液体クリーナーで、お湯で薄めて使用するもの)を使っています。数十年前のブラックヘッドも結構綺麗になります。歯ブラシでこすってやるとさらに良いですね。ただしつけ置き時間が長すぎるとアルミの生地をいためるようです。

別件 ハリケーンの塗装膜は何とか硬化いたしました。天気が回復したら上塗りに入ります。
 
》記事一覧表示

新着順:17/585 《前のページ | 次のページ》
/585